Mr.エレクトの独り言 2005年04月07日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

「レコード珍宝館」その1「美輪明宏/白呪(びゃくじゅ)」

<解説>今回より、私が昔、配布していたフリー・ペーパー、「トゥーマッチ通信」紙上にての、「レコード珍宝館」と言う企画ページを、順次、ここに再掲載イタシマス。句読点や漢字変換以外、文章には殆ど手を加えず、記述にある情報等、現在と異なる場合は、<追記>として、最後に記載してありマス。今回は、創刊号(1996年10月25日発行)より・・・。

「レコード珍宝館」その1「美輪明宏/白呪(びゃくじゅ)」

エレックレコード ELEC-5007 ’75.2月発売作品
A-1/祖国と女達(従軍慰安婦の唄)、2/悪魔、3/ボタ山の星、4/よいとまけの唄、5/亡霊達の行進、B-1/陽はまた昇る、2/別れの子守唄、3/妾(わたし)のジゴロ、4/私はドヂな女、5/さいはての海に唄う。

「美輪(旧・丸山)の唄は面白いよ」。そう、ある人に教わった私は、中古レコード屋で、まず「華麗な世界」と言うLPを入手した。既に洋楽のサルマネ的日本のロックに飽き飽きし、歌謡曲に走っていた私ではあったが、耳慣れぬシャンソンの日本語カヴァー等、いかにもゴージャスなアレンジの、このアルバムは、生々しい音、詩、唄の好きな私には、今ひとつピンと来なかった。だが、エレックレコード(URCと並び、’70年代初期の日本のインディーズのハシリ)の倒産寸前に出され、人目につかずひっそりと消えて行った本アルバムこそは、私を美輪の唄、更には、思想に傾倒させるに至らせた重要な作品である。内容的には、戦争亡者の人間こそ悪魔であると、悪魔が叫ぶA-2やA-1、5等、ポーズで無い実体験に基づく戦争批判の詩。土方の母を題材に、外見や肩書き、地位や名誉等に惑わされぬ生き物の尊さ、肉親の愛を弱者の立場から謳ったA-3や4。男に尽しては裏切られる、コミカルかつユーモラスな女を唄ったB-3、4。そして極めつけは、愛する人の死、別れ、そして自分の生と死、うちひしがれた人間を、その場しのぎでない永遠不変の愛で激しく包み込むかの様なB-1、2、5等。一見(聴)、凄絶で血なまぐさいA-1、2にせよ、もちろん、その他の曲すべて(B-4こそカヴァーであるが)を美輪本人が作詩作曲したこのアルバムには、美輪の思想と、性別、人種、地位、貧富の差・・・そんなちっぽけなものを超越した、“人間愛”と言うものが謳われている。楽曲において、特に斬新さや優れた所がある訳で無く、むしろシンプル。小谷充のアレンジも派手さこそは無いが、何と言っても、やはりその歌唱力、表現力に負う所が大きいのだろう。唄う資格の無いプロ歌手、下手だろうが上手かろうが、その前に歌うべき言葉(思想・主張)を持たぬ、自称ロッカーやアーチストがはびこる中、本アルバム、そして美輪明宏の存在は、正しいがゆえ意義深い。この様な優れたアルバムのCD化、再発を望む・・・等と私は言わない。その時期さえ来れば必ず、私自身の手で再発させて頂くつもりだ(数曲、ベストCDには収録されてマス)。

<追記>結局、5年くらい前に、このアルバムはCD化再発されマシタが、やたらとエコーをかけまくった様な音色にされてしまっており、失望させられたものだ。そんなに聴きざわりが重要なのか?一体、どこを見て、何を聴いてるんだ。

<追記の追記>追記にて言及されているのは1回目の再発CDに関してで、2回目の再発CDは聴いておりマセン。あしからず。

(つづく)