Mr.エレクトの独り言 2005年04月09日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人もどき

“大人みたい”な事を言う人がいる。

彼らは、口々に、こう生きるのが正しい、こう生きるのが幸せだ、と言う。

しかし、それはあくまで、平均点の子供に当てはまる事柄、それも、無難な道、安全パイの人生を指し示すものであり、特異な能力がある人間や、その逆に、欠陥のある人間には、当てはまらない。

確かに、苦渋をなめる事無く、人生を無難に、安全に、平和に、安定して、やっていけるかも知れない。

でも、もっと自分の能力を、可能性を試したい人間も居るだろうし、逆に、それさえもまっとう出来ず、いつも自分に劣等感を抱いてしまう人間も居るはずだ。

もっと、バリエーションは無いのか?これだけ多くのサンプルが、この世には存在すると言うのに。

親なら、まあ、本当に子供の事を思いやっての事かも知れない。しかし、本当の幸せ、幸福感と言うものは、あくまでも、本人のこころが満たされているかどうかであり、他人から見てどう思われているか?と言う事では無い。

一見、幸せに見える、社会的に成功している人間も、こころの中には苦悩と葛藤と疑念と後悔でいっぱいかも知れない。

とは言え、幸せに見えない人間は、やはり幸せでは無さそうではある。

しかし、最近、こう思うようになった。「不幸な人間は、自ら、不幸を求める様な生き方をしている」・・・と。そんな馬鹿な、と思うだろう。だが、これは矛盾する様だが、不幸だからと言って、幸せでは無いかと言うと、意外とそうでも無く、幸福の度合いとは、本人の抱く目標、目的が達成されているかどうかと言う事もひとつの目安ではあるが、それよりは、むしろ、本人の能力や努力に見合った成果が得られているかどうかと言う点こそが、最も重要なのだ

つまり、幸せになるために、失敗を恐れず積極的に行動する者も居れば、幸せに成るために努力をしたり、何かをするよりは、今のママで充分、否、こうしてぢっとしている方が幸せ・・・と考える人間も居ると言う事だ。

人は、それぞれ、各々に見合う報酬を得るべきであり、それが当然。だから、それはそれで良いのだ。

そもそも、“本当の大人”なのであれば、人それぞれに、的確なアドバイスをするべきであり、それが出来て、初めて、他人を説得出来るのでは無いか?

自分の人生が失敗だったからって、未来ある若者に、保険をかける様な生き方を説くのは、あまり感心しない。また、子供は、“大人みたい”な人の言う事なんて、聞かなくて良い。

否、別に説いたって構わないし、聞いたって構わない。

人それぞれ、自由。

ただ、私はこう思う・・・と言うだけの話だ。

私の考える“本当の大人”、否、“素敵な大人”とは、いかなる社会、集団に属そうとも、自分の基準、価値観を持ちうる、自立した存在、すなわち、“確立した自己”を持つ人間の事を指す。

他人の言う事を真に受けて、自分で考える事をしない人間は、いくら身体が成長しようが、いくら長く生きていようが、いくら物事を知っていようが、いくらシワを増やそうが、とても“大人”とは言い難い。

それは、ただの、“老いた人”である。
スポンサーサイト

嫌いなだけやん!!

正義・・・は、あるかも知れないが、全人類に共通する正義、すなわち、真理など無い。

セクハラと一緒やで。

素敵な人に誘われれば、悪い気はしないけど、嫌いな奴に誘われればセクハラ。

同ぢ悩みを抱えている人間でも、それが友達なら励ますが、嫌いな奴なら、とことんけなす、批判する、馬鹿にする、追いつめる、排除する。

「好き嫌い」と言うのは、あくまでも自分本意なものだが、自分に基準を置くと言う意味では良しとしよう。しかし、「嫌いな奴だから」と言う本音には蓋をして、時に矛盾する基準を振りかざすのは如何なものだろう?

自分の嫌いな奴でも、時には正しいし、自分の好きな人間でも、時には間違ってる。

否、言い換えよう。正しいとか間違ってると言うよりは、自分の嫌いな奴でも、時には自分の考えと一致し、自分の好きな人間でも、時には自分の考えとは異なる。

「好き嫌い」を基準にする事自体、それは悪くない。だが、「好き嫌い」で決めているのだと言う自覚が必要だ。

そうでなければ、あんたの基準なんて、あって無いに等しい。

集団ヒステリー。

人が集まれば、差が生まれる。人と比べれば、違いが顕在する。

「もしや、私って、幸せぢゃないのかも・・・?」

自分の中に基準を持たない限り、誰も、一生、幸せにはなれんわな。

タバコ

外へ出れば、どこも、タバコの煙と花粉でいっぱい。

しかし、最近、火のついたママのタバコを棄てるのが流行ってんのかね?

昨日、二人も居たよ。

見る日は、何故か2人以上見るんだよね。

しかも、廻りの人間が気づかないとでも思って、ハンカチ落すみたいに、何気にふわっと落すのね。

まだ、「えい!こんちくしょう!!」と、投げ棄てる方が、「何か、いやな事でもあったのかしらん?」と想像して、同情も出来るけど・・・。

つまり、良く無い事だと、知ってはいるのね。

今度、見かけたら、拾って投げつけてやる!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。