Mr.エレクトの独り言 2005年07月28日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

お金持ちの文化

金を使うのが文化的なのか?

金を使えば使うほど、文化的になれるのか?

何の特徴も、特色も、特技も、特殊さも無い奴が、やたらと金だけかけて、何か特別な人間の様に振る舞ってるが、なんぢゃそりゃ!!

金かけりゃあな、どこの馬の骨だろうが、ちっとはマシに見えるに決ってる。

如何にお金をかけないで楽しむか、あるいは、例えお金を使ってようが、如何にお金をかけてない様に見せるか、そっちの方がよっぽど文化的な気がする。

お金をかけるって事は、結局、自分以外の誰かに何かをしてもらったり、作ってもらう部分が増えるって事だ。

使ったお金に見合う自分があるなら良し。そうでなけりゃあ、札束を繋ぎあわせた洋服を着ている様なもんだ。

ほんで、また、金の無い奴等に限って、札束の洋服を着ている様な金持ちに憧れやがる。

俺はお札なんて集めない。だって、あんなの番号が違うだけで、みんな同ぢ絵柄なんだもの。コレクションの対象としての魅力ゼロだよ。

廃盤レコードと一緒で、帯付(札束の事)なら話は別だけどさ・・・。

<注>廃盤レコードの世界では、貴重盤になればなるほど、帯のある無しで値段が天と地ほども違ってくるのだ。

だから、俺はお金持ちにはなれない宿命なんだろうな・・・。

みんなも、色んな絵柄のお札を集めようよ。

俺は千円札2枚持ってて、君は万札2枚持ってる。同ぢ絵柄の札を2枚持っててもしょうがないから、その万札、俺の千円札と交換しないか?

2種類の違う絵柄の札を持ってる方が楽しいよ。

でしょ!?