Mr.エレクトの独り言 2005年09月14日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

金が無いから暇が無い(さっきの続き)

恥をかいた場所へ、もう一度行かなければならないと言うのは、非常に照れくさく、気まずく、必要以上に気を使う。

それはまるで、屠殺場にひきずられて行く牛や豚の様だ。

否、死刑場かも知れない。それも、何度も何度も死ぬための・・・。

死にたいと言う事は、イコール死にたくないと言う事。

あっ!!そうか!!何も自分が死ぬ事は無い。相手を殺せば良いのだ。

・・・と思えたら、どんなにか楽だろう。

しかし、面白い。

生まれなければ死なないのだから、想いや願いも、こころに抱かなければ良いのだ。

ただあるがママに生きるのだ。

動物の様に。あるいは、生ける屍の様に。

ああ、つらい・・・。

行きたくない・・・。

でも、行きたい。

でも、生きたい。

・・・なんちゃって!!(^^)/

冗談ッス!!

あ~ん(泣)!!

・・・この繰り返しを、こころの葛藤と呼ぶのだろうか。

金は無いが暇も無い

怒りが頂点に達し、キレたとしても、多少こころが晴れ、一瞬ヒロイックな気分に浸れるのみで、言われた相手は、ただその勢いにビビッて、こちらの意見を受入れているだけで、結局、こころの底からは納得、共感などしていない。

では、その逆に、これこれはこうなんだよ・・・と、やさしく丁寧に説いた所で、今度は、この人は怒らない・・・と、なめてかかり、人の言う事なんてまともに聞きゃあしない。

なんで、自分が正しいだとか相手が間違ってるだとかばかりを重要視し、真摯な態度で真理を追い求めようとするための論争が出来ないのか・・・。

話変って、ここの所のバカヅキがすべて無に帰せしめられるかの出来事に、超凹む・・・。

「死にたい・・・」とか思ったりして。どうせ死にぁあしないのに。

しかし、なんだね。ショックな出来事があっても、以前ほど傷つかないでいられるのは、精神が逞しくなったのか、あるいは単にずうずうしくなったのか。

“死”以上に、死に値する事など無いと言う事か。

死ぬほどの事でも無い。どうせ死にゃあしないんだし。死んでどうなる訳でも無し。

下らない・・・。実に・・・。

何だかんだ言っても、結局は他人の言動や行為に左右され、喜んだり悲しんだりしているだけで、自分が何かを失った訳でもなければ、自分が別の生き物になった訳でも無いのに。

生きている事は、恥を重ねる事だと割り切る事が肝要か。

死ねば美化してくれるかな・・・。

・・・なんちゃって!!(^^)/

ちょっとペシミってみマシタ・・・みたいな。

あ~ん(泣)!!

どっちやねん!!