Mr.エレクトの独り言 2005年11月03日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織暴力幼稚園

先日、興味深いバンドに出会った。

園長先生率いる、組織暴力幼稚園。音楽的には、大雑把に言うならば、初期の“筋肉少女帯”や“あぶらだこ”、“ばちかぶり”等を思わせる、シュールさの入り混じったハード・パンクで、私くらいの年齢にもなると、さすがに大絶賛とは言わないが、実に明快なそのサウンドは、彼らが明確なコンセプトを持ち得ている事を表している。

そして、特に、リーダーでありヴォーカリストでもある、園長先生のMCにあった「何かを伝えたいためにやっているのでは無く、ただ自分の憂さ晴らしのためにやっている(記憶が曖昧なので、正確では無いが、その様な事を言っていた)・・・」と言う台詞からも、実に正直な人間性が伺い知れ、観客から「園長!!」と、気軽に呼びつけにされ、もみくちゃにされる姿を見ていると、バカ社長ことクレイジーSKBの様に、この園長先生とやらは、意外と人望を集めるかも知れないぞとも感ぢた。

更に、フライヤーの文章が、また良い。この世界、自分が自分がと、己が人気に執着する輩が多いと言うのに、おそらく彼自身がそうであった様に、こころのもやもやを発表する場が無い人達にも、出来るだけチャンスを与えようとの方針が、そこには記されていた。

表現の内容が解りやすく明快である事には、二通りの理由がある。一つには、その人間が単純である場合。もう一つは、伝えたい事がハッキリとしている事。もちろん、彼らは間違い無く後者である。

本来の私の好みからすれば、苦悩や葛藤をとことんさらけ出すか、あるいはその逆に、それらを無理に抑え付ける様な“やせがまん”的な表現が好きなので、意図的に道化を演ぢる彼らを手放しで誉めはしないが、ただ一点、その言動や誠実な態度には嘘が無いと言う事は、最大限の評価に値するだろう。

何故、嘘が無いと言い切れるのか?

それを説明するのは非常に難しい事だが、この私がそう感ぢたのだから仕方無い・・・と言う言い方では不足だろうか?

何にせよ、今後が楽しみなバンドである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。