Mr.エレクトの独り言 2006年04月01日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我慢と服従

相変わらずの金欠ゆえ、本日も徹夜で出品作業をするでゴンス。

ところで、まさか勘違いしている人も居ないと思うが、私は別に、お金そのものが欲しい訳では無く、やりたい事をやるための“力”と“時間”が欲しいだけなのだ。ただそれが、この地球では、“お金”によって換算されていると言うだけの話なのである。

よって、何にもしないのに、金を貯めている人間が居るとするなら、それこそが罪である。今すぐ、何かをしたいと思っている人間に譲り渡しなさい。

さて、それでは本題。

貴方は信ぢては・・・否、信ぢさせられてはいないだろうか?

「いくらお金を持っていても幸せにはなれない」・・・と。

確かに、いくらお金を持っていても、幸せになれるとは限らない。しかし、お金をたくさん持っていれば、なれる幸せの種類、バリエーションが、一気に増える事は確かなのである。

何故なら・・・。

私達は、金が無い故に、選ばざるを得ず、

金が無い故に、あきらめざるを得ず、

金が無い故に、手放さざるを得ず、

金が無い故に、失う事を余儀なくさせられるのである。

また実際、金を持っている者、すなわち、自由に金を使える者は、よ~く知っているのだ。

金があるからこそ得られる喜び、

金があるからこそ味わえる悦楽、

金があるからこそ成就する願望、

金があるからこそ叶う夢・・・を。

ゆえに、誰よりもお金のありがたさを知っているのは、我々庶民では無く、実は金持ちの方なのである。

繰り返し言う、「いくら、お金を持っていても幸せになれない」と言うのは、金持ちの流した“風説”である。

何故ならば、金が無くても楽しむ方法はいくらでもあるが、この世には、金があれば出来る事(金が無ければ出来ない事)も数多くあるのだから・・・。

我慢すると言う事と、服従すると言う事とでは、意味が全く違うのだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。