Mr.エレクトの独り言 2006年06月04日
FC2ブログ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

今から徹夜・・・出来るかな?

今日も、結局、家には帰らず、仕事。

だるいな~もう!!

何時間持つかな?

横になりたい・・・。

ここ数日、色々な事があり過ぎたが、タイミングを逸しなければ、ここに書く事となるでしょう。

只今、訳あって、「幻の湖」のサントラを聴いておりマス。
スポンサーサイト



超洗脳小説「勝手に世直し ヘ~カくん」⑤「不思議な転校生」の巻

地球にやって来て間もないのに、なんで箸の使い方を知っているのか?俺は、その疑問を、ヘ~カくんにストレートにぶつけてみた。すると・・・。

ヘ~カくん「箸の使い方は、パパ上に教わったでござる。ママ上からは、ナイフとフォークの使い方も教わってマス。天王星に居た時は、地球に比べて、料理の種類も少なかったデスが、食事のマナーに関しては、厳しく躾をされマシタでござる。」

キチロー「ええ!?お前の星には、箸だけぢゃなく、ナイフやフォークまであるのか?まるで地球そっくりぢゃねえか!?」

ヘ~カくん「ハイ!!厳密に言うなれば、ボクの両親は、元々地球に住んでいた人なのでござる。」

キチロー「はぁ~!?ドユコト?ソレ?」

俺は訳が解らなくなって、頭の中が混乱してしまった。ヘ~カくんの両親は地球人?地球人が天王星に住んでるなんて話、いっぺんも聞いた事ねえよ!!

しかし、ヘ~カくんは、「その先は絶対に言えない」「いつかお話しする日が来るのを待っていて欲しい」と、それ以上の質問には、頑として答えようとはしなかった。

まったく、意外と頑固な奴だぜ。一体、何をたくらんでやがるのか・・・?だが、俺は、この、謎多き宇宙人、ヘ~カくんに対する興味が膨らんでいく自分に対し、とまどいを感ぢつつも、これから起こり得るであろう刺激的な日々を思うと、興奮を隠しきれなかった。

フフフ・・・。俺も、小学生の分際で、地球には飽き飽きして退屈してた所だ。こりゃ、面白い事になりそうだぜ。

(つづく)