Mr.エレクトの独り言 2006年06月14日
fc2ブログ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

贅沢とは?

贅沢とは何ぞや?

・・・と、問われれば、私は、こう答えるであろう。

「それは、他人の自由を奪う事である」・・・と。

何故ならば、すべての人類が満足を得られるほど、この地球は広くもないし、資源も乏しいから、自分が何かを得ると言う事は、好むと好まざるに関わらず、必ず、誰かから何かしら奪っていると言うのが現実だからである。(あるいは、どこかの誰かが独り占めしているせいか?)

だから、私は、贅沢が嫌いなのだ。

・・・と言うか、そんなものを贅沢だとは思わないって事だ。

多くの人が欲しがってるものを、競争して手に入れると言う事は、確かに、血が騒ぐエキサイティングな行為ではあるが、そもそも、いくら他人が欲しがっていようが、自分にとって興味の無いものは、欲しくも何ともないのである。

それでは、私にとっての贅沢とは何ぞや?

・・・と、問われるならば、私は、こう答えるであろう。

「それは、自分が自由を満喫する事、すなわち、他人とは全く無関係に、ただただ、自分で決めて、自分でやると言う事である」・・・と。

しかし、この地球に居る限り、ただ住むだけでも家賃だなんだと、とにかく金が必要になってくる。

ゆえに、お金そのものが欲しい訳では無く、金を手に入れるために、望むと望まざるに関わらず、他人との競い合いを強いられる集金レースに参加せざるを得ないし、しかも、その収益はことごとく胴元に吸い上げられる・・・と言う、その、ふざけたからくりに対して、不満を抱いている訳なのである。

とは言え、音楽を好きぢゃなかったら、そんなに金もかからないゆえ、私はもっと、自分らしい自由な生き方をする事が出来たかも知れない。

・・・でも、それぢゃ、物足りないんだよね~!!

テコトは、やっぱ私も、単なる贅沢者、あるいは放蕩好きな極道者って事かしらん?

今から、ライヴ観に行って来マ~ス!!

(「音楽業界改革論」に続く)
スポンサーサイト



虚無感

途上でも良いのではないだろうか。

遅くとも良いのではないだろうか。

現在位置やペースで判断すべきではなく、人それぞれなのではないだろうか。

目的に向かって進んでいるなら良いのではないだろうか。

目的も無く、ただ生きているよりは・・・。

ただ生きるとは、ただ死に向かうと言う事である。

ゆえに、生きる事とは、死への行進に逆らうと言う事でもある。

よって、本来は、自分を“生かす”のではなく、自分を“活かす”と言う意味でも、“活きる”と言い換えた方が良いかも知れない。

生きるのは簡単だ。

命さえ繋げば良いのだから・・・。

結局、私は、身に沁みて解っているのだ。

人は皆、死ぬのだと言う現実を。

そして、もはや取り戻せやしないものを求め続け、その途上で死ぬのだと言う事を・・・。

おそらくは、それが、この虚無感の正体であろう。