Mr.エレクトの独り言 2006年06月23日
FC2ブログ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

禁未来小説「ドラへもん」その33「孤島の鬼」の巻

スネトのブログ、「蛇の穴」。それを読み進めていくうち、ボクの脳裏には、とてつもなく刺激的かつ、禁忌的な考えが芽ばえ始めた。

「何とか、スネトに復讐する事は出来ないだろうか?」

否。復讐では無い。これは、正義の名において下される審判であり、スネトは、今までしてきた悪事に対する、当然の報いを受けるだけなのさ。

きっかけは、ブログにあった、このセリフである。

スネト「あ~あ、もうボクは、死んでしまいたいよ・・・。」

死んでしまいたいだ~?フン!!死ぬ気なんかこれっぽっちも無いくせに。

そんなに死にたいんなら、誰にも何も言わずに、今すぐ死ねば良いんだ。

あっ!!そうか!!

フフ。フフフフフ。フフフフフフフ・・・。

ボクは、自分の頭の中が、一瞬にして黒い霧で覆われるのを実感した。

「そんなに死にたいのなら、死なせてやろうぢゃないか。」

もしも、自分の手を全く汚さず、この部屋から一歩も出ずして、スネトを死に追いやる事が出来たとしたら?こんな痛快な、爽快な話が、他にあろうか。

そう。ボクは、インター・ネットによるコミュニケーション・ツールを最大限に活用し、悲嘆に暮れるスネトのこころを操り、自殺に追い込むと言う、極めて知的なゲームを思いついたのだ。

まずは、「蛇の穴」ブログのコメント欄より、同ぢ悩みを持つ小学生として書き込みをし、お互いの境遇を哀れみあい、ぢっくりと時間をかけて友情をはぐくみ、明るい未来など無い事を思い知らせ・・・。

ボクは、生まれてこの方、最大の充実感を覚えていた。

人を欺き、無垢なこころをもて遊び、地獄に堕とす。

フフフ・・・。

これ以上の快楽が、どこにあろうか・・・。

(つづく)
スポンサーサイト



細菌の出来事

最近あった事など・・・。

某音楽雑誌の委託品精算のため、実数を計上せねばならず、それゆえ、元・高円寺店の在庫50箱と格闘。マスクもせず換気もせずやったため、喉を痛める。しかも2日くらい放っておいたら、熱が出そうになり、慌ててのど飴を大量摂取。今度は痰が大量発生す。

国分寺超山田堂の移転オープン日、雨の中、お邪魔する。店内広くて羨ましい。この商売、どうしても在庫が増えるゆえ、うちなんか狭くてしょうがない。トイレにも在庫入れてるし・・・。しかも、そのトイレを近日工事するトノコトで、その隣の倉庫部分のパイプも改修するため、トイレ&倉庫部分にぶちこんである品々を、いったんどっかに避難せねばならない。ああ憂鬱・・・。思い切って捨てていかなくては・・・。

お得意様兼友人が、お目当ての女性に完全に嫌われたと言う話を、えんえんしに来る。いったん外食し、店に戻るが、当人、自分可愛さで、他人の批判には聞く耳もたずゆえ、当方、ひたすら聞き役に徹するも、ついに6時間突破。ところが、私がふと、「実は、ここ(新宿店)の家賃滞納が、○○○万に達する寸前なんデスよ」と言うと、そやつ、ビックリしたかと思うと、急に明るい顔つきになり、「俺なんかまだ幸せぢゃん」と、実に嬉しそうに帰って行った。自分の不幸を他人の不幸と比べる事によって、立ち直るとは・・・。お役に立てて嬉しいス(泣)。

とにかく、忙しい。

他人を嫉む暇も無い。

ただし、本日は、池袋へ“いぬ屋敷”を観に行くでござる。

ニンニン。