Mr.エレクトの独り言 2006年09月11日
fc2ブログ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

人の“振られ方”見て、我が振り直せ

振られた貴方は、こう言った。

「あの人は、どうして、私の“良さ”が解らないのかしら!?」

・・・と。

良さ?・・・貴方の“良さ”って、万人にとっての“良さ”なの?

そもそも、貴方が“良し”とするもの、その価値観を共有出来ない人に対し、その“良さ”を理解せよと言う方が無理な話。

仮に、貴方の考える“良さ”が、大多数の人間にとっての“良さ”であったとしても・・・。

その人は、それを“良さ”と思わないかも知れないし、その“良さ”を上回る“好きでない面”を、貴方に見たのかも知れない。

貴方に“好み”がある様に、他人にも“好み”があるのだ。

よって、他人に好かれるためには、その人の“好み”に、徹底的に自分を合わせるか、その人の“好み”を変える必要がある。

あるいは、“好み”すなわち、価値観の異なる人間とつき合おうと言うのが、そもそもの間違いなのかも知れない。

そう考えると、偽らざる自分を好きになってくれる、価値観の合う人間を探す方が、前向きであろう。

ただし、人に好かれるために、努力すると言う事は、一概に悪い事ではない気もする。

それが、群集を管理するために植え付けられた下らない価値観でなければ・・・。

何にせよ、自分とは価値観の異なる者に執着する事の愚かさ。

自分本意なストーカー。

無駄な時間を費やすのはやめにして、別の人、もっと自分に合う人を探そうよ。

それとも、貴方の“恋”って奴は、相手を洗脳し、支配し、征服し、隷従させる事が目的なのかい?

ああ、でも、それも良いかもね。

それが貴方の価値観だもの・・・。
スポンサーサイト



尾も白い

人間って、面白い。

目の良く見える人は、何でも見える気になっているが、彼らには、目の良く見えない人の視界に、どんな世界が拡がっているのかと言う事が、まるで見えていないのである。

通常、レベルが高くなれば、色んな事が解る様になるはずなのだが、良く見えると言う事は、必ずしも、色んな物が見える様になる訳では無いのだ。

人は、つくづく、自分の立場、位置、地位、能力、境遇でしか、物を見る事が出来ない生き物なのだと言う事である・・・。

特に、“こころの形状”。これに関しては、如何に洞察力のある人間も、対象物の見かけほどには、知る由が無い。

とは言え、もしも人間が、こころの形状をすべて表に現していたならば、それはそれで、人々の姿は、地獄の住人の如き有様であろう。

否。人は環境に適応するために、変化に慣れ、進化していくもの。

笑わぬヒトが行き交う、この地上の楽園を、地獄と思えぬのもやむなし。

ああ、しかし、それにつけても、この胸の痛み、こころに宿る苦しみよ・・・。

なんちゃって!!(^^)/