Mr.エレクトの独り言 2008年02月08日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁未来小説「ドラへもん」その66「逆恨みの地獄」の巻

誰も居ない自宅に戻ったボクは、すぐに自分の部屋へ閉ぢこもった。

ところで、ママが出て行ってからと言うもの、パパが仕事から戻るのは、いつも夜遅い。だから、ボクの夕食はと言えば、テーブルの上に用意されているお金でコンビニ弁当を買ってくるか、せいぜいインスタント・ラーメンでも作って、独り寂しく食べるのが常だった。

だけど今日は、ご飯を食べる気にさえならないよ・・・。

ボクは、恥ずかしさと自己嫌悪で気が狂いそうだった。

くそ~!!やっぱ声なんてかけるんぢゃ・・・甘い夢なんて見るんぢゃなかった・・・。

ああ・・・。ボクはもう死にたい・・・。うんにゃ!!死にたくなんかない!!ボクはただただ、今日の出来事を頭の中から消し去ってしまいたいだけなんだ!!

それにしても・・・。ちくしょ~!!シズコの野郎!!

なんだいなんだい!!まるでボクに気でもある素振りみせやがって!!そんなのフツウに勘違いするっちゅうの!!

男心をもて遊び、人のこころを踏み躙りやがって!!

・・・ボクは、自分を責める事と、シズコちゃんを憎む事によって、揺れ動く自分の気持ちを何とか落ち着けようと四苦八苦していた。

ああ~!!だけどだけど、やっぱボクが悪かったんだ~!!ボクなんかを、シズコちゃんが本気で相手してくれる訳ないぢゃないか~!!

うゎぁ~ん!!もう学校に行きたくないよ~!!・・・て言うか、シズコちゃんに逢うのが恥ずかしくて、もう学校になんて行けないよ~!!

ボクはベッドから転がり落ち、床の上で手足をばたばたしながら、泣き声ともつかぬ声を出し続けていた・・・。

いや違う!!あいつのせいだ!!みんなあいつが悪いんだ!!そう!!ボクは悪くない!!ボクは全然悪くない!!ボクはちっとも悪くない!!

ああ、でも、シズコちゃんを憎むのは間違いだ。悪いのは、最初に勘違いしたボクなんだから・・・。

ボクは・・・。

ボクは・・・。

ふぎゃ~!!もう耐えられないよ!!

ボクは、破滅願望と逆恨みの地獄との狭間で、頭の中が混乱しきっていた。

ボクは・・・。

ボクは・・・。

ボクは・・・。

ボクは・・・。

そう・・・。もはやボクは、自分を壊すか、誰かを傷つける事でしか、この苦しみから解放される事はないのだ・・・との確信を抱くに至っていた。

うううううううう・・・。やっぱり許せない!!・・・うんにゃ!!絶対に、ユ・ル・サ・ナ・イ!!

くぅ・・・くっくっくっくっくっ・・・。シズコの奴め~!!今に・・・、今に見てろよ~!!

(つづく)

★逆恨みの地獄の中で荒れ狂う、のひ太。ああ、シズコちゃんの運命や如何に!?・・・果たして、のひ太に、幸せな日々など訪れるのであろうか・・・!?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。