Mr.エレクトの独り言 2008年05月09日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲鳴(ヒメイ)のカセット・テープ緊急入荷!!

★悲鳴(ヒメイ)「トラウマ」(カセット・テープ)¥200
P1010004HIMEI73.jpg
①「トラウマ」②「・・・。」③「トウメイニンゲン」

悲鳴(ヒメイ)とは、絶叫型(過多)女性ヴォーカリストを擁する茨城直産の無添加ハードコア・パンク・バンド(←都内で活動中の“悲鳴”とは同名異バンド)。本作は、約1年前に発売されたCD-Rにも収録されていた彼らの代表曲とも言える「トウメイニンゲン」の新録ヴァージョン含む、全3曲を収録した限定ナンバリング入りカセット・テープ。

男性の叫び声が自らの力を誇示するためのものであるならば、女性の叫び声は“生理的な嫌悪や本能的な拒絶反応”を表現するためにあるものなのであろうか・・・。彼女の歌声を聴いていると、つい、そんな事を考えてしまう。また、演奏面においては、随所に仕掛けられたフェイント的なリズムの転換が、’80年代初期ハードコア・パンクの真骨頂であるストレートなサウンドが持つ爽快さを更に際立たせる事に成功しており、特筆すべき程に速いと言う訳では無いにも関わらず、彼らの楽曲は非常に性急かつ緊張感みなぎるものとなっている。そんな彼らの魅力を端的に述べるならば、無垢な精神が現実に立ち向かう際に引き起こされる“摩擦熱”であり、言い換えるならば、それすなわち“反骨精神”とでも呼ぶべきものあろうか。爆音による激しさに頼らず、あくまでも肉声や生身の人間の力にこだわるとでも言わんばかりの、その潔い姿勢は感動的でさえある。

■上記作品は当店にて販売中!!通販も可能!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。