Mr.エレクトの独り言 2008年12月11日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間“け”だもの

思うに、先住民や原住民を殺してさんざん土地や財産を奪ってきた国が、自国が戦争に負けなかったのを良い事に、ある時から武力による侵略(及び仇討ち)を禁止し、虐げられてきた者達の反逆を“テロ”と定義するのが現代。

ヒトラーの所業は当然許されるべきではないが、断罪されぬままのうのうと自国の華やかな覇権の歴史を誇らしげに掲げる恥知らずさに比べれば・・・。

要するに、勝ち逃げって所か。

ともあれ、日本の戦国時代がそうである様に、どんな大量殺戮にも時効があるのだろう。

実質的な被害を受けた世代が死に絶えてしまえば、後は勝利者が勝手に捏造したストーリーが歴史書に書き記されるのみ。

官僚、公務員に限らず、誰も責任を取らないのが日本。

ヒトラーのみに罪を押し付けて、それで良しとする風潮に疑問を抱いたがゆえの独り言。

少なくとも戦後に生まれた敗戦国の子供が、他国に対して罪の呵責に苦しむ必要が本当にあるのだろうか。

我が国の先祖が断罪される理由とは、“戦争に負けた事”に尽きる。

負けは罪。負けは悪。

勝つ事こそ正義。力こそ正義。

それが人類の限界。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。