Mr.エレクトの独り言 2009年01月10日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

REVOLISIST RECORDS作品各種入荷!!

REVOLISIST RECORDSとは、ライヴハウスでもありKAMEIDO HARDCORE RECORDSを主宰されている、亀戸ハードコア様による新レーベルです。

★LOUDS(西村茂樹/伊藤秀孝/ヤマジカズヒデ/サワサキヨシロウ/須藤俊明)
■「PUNK ROCK LIBERATION-LIVE AT KAMEIDO HARDCORE 2008」(CD)¥2500~初回限定紙ジャケット仕様/全13曲収録
形骸化したパンク・ロックが蔓延る昨今、彼らのハイ・テンションなライヴを収録した本作は、西村氏曰く「大人による大人気ない本気のPUNK」との宣伝文句に偽りなしの内容である。また、ただうるさいだけになってしまいがちのラウドな音塊でありながらも、LOODSやLOUD MACHINE時代から変わらぬ西村氏の独特の声質やその直立不動な発声方法が、このバンドに明快かつ明確な個性を備えさせていると言う点は非常に興味深い。閉塞しきった世の中に向けて真っ直ぐなメッセージを発するLOUDSは、決して懐古的にではなく、今現在この時代にこそ耳を傾けるべきバンドなのだと言えよう。
●初回購入特典:缶バッヂ1点及び、THE LOODSの未発表スタジオ・デモ「Mighty Leaders」を含むメンバー5人各々のソロや在籍グループの未発表音源を集めたオムニバスCD-R。
P1010004LOUDS.jpg
P1010005LOUDS2.jpg

★WATCH OUT
■「WILD BORE」(CD)¥2000~全10曲収録
元MARILYN&THE RED ARMYSが改名。どこか下町の香りを漂わせる、ワイルドかつアッパーなパンク・バンド。荒っぽい中にも人情味が見え隠れする、日本人による日本語のパンク・ロックです。
●先着購入特典:ツアーTシャツ(数に限りがありマス)。
P1010003WATCH OUT
P1010002WATCH OUT2
(特典のTシャツはバックにツアー・スケジュールのプリントもありマス!!)

★上記は当店にて取り扱い中!!通販も可能!!

実録「レコード・コレクター地獄変」②「炊き出し(後編)」

私はジョニー氏に、こう問うた。

私「へ~!!炊き込みご飯って、どんな具が入ってるんデスか?」

すると、ジョニー氏曰く・・・。

ジョニー「人参とか色々・・・。」

それを聞き、具材はそんなに豪華ではないだろうと判断した私(←極度の肉嫌い)。

私「へ~!!ボクも食べさせてもらって良いんデスかね~!?」

ジョニー「良いんぢゃないデスか。」

だが、炊き出しが行われている場所は客席となっている階段を下りた公園の更に奥の方ゆえ、そこまで歩いて移動するのも何だかメンドクサイな~!!・・・と思い直し、私は人生初の炊き出し体験レポートのチャンスをみすみす断念する事に・・・。

そしてふと、ジョニー氏が小さな紙コップを手にしてる事に気づいた。

私「あれ~!!ジョニーさん、何飲んでんスか!?」

ジョニー「あっ、これ酒デスよ。」

私「え~!!自分だけズルイ!!ボクにももらって来て下さいよ~!!」

・・・と、立ってるものは親でも使えとばかり、すぐそこで配ってる酒を持ってこさせる私。

ところが・・・。この寒いのに、それは冷たい日本酒だった。

ひえ~!!てっきり暖かい甘酒とかかと思った~!!

・・・てな具合に、年末年始のハードな仕事で疲れた私は、ちょっと動くのもだるい状態で、観劇を続けていた訳でありマスが・・・。

私「ところでジョニーさん、次の炊き出しの予定は明日とか明後日なんデスか?」

ジョニー氏は、徒歩での移動オンリーにも関わらず、新宿のみならず渋谷や池袋で週に1~2回程度行われる炊き出しにも顔を出しているのだ。

ジョニー「今日は、ここ(新宿)で昼と夕方の2回、あるんデスよ。」

私「へ~!!ぢゃあ、今日は演劇終わってからもこの辺でしばらくうろうろして時間潰して、2食目にありつけるんデスね~!!」

ジョニー「いや、夕方は渋谷の炊き出しに行きマス。」

私「え~!?1人が1日2回配給してもらうのは駄目なんデスか~?」

何と、私のその問いに対してのジョニー氏の回答は、驚くべきものであった・・・。

ジョニー「あっち(渋谷)で出るメニューの方が好きなんデスよ。」

私「ええっ~!!そのためにわざわざ渋谷まで歩いて~!?ゆうに一時間はかかるでしょうに~!!ここにいれば体力も消費せず次の飯にありつけるのに、わざわざ移動するなんて考えられな~い・・・。」

ちなみに、本日の渋谷での炊き出しのメニューはモツ煮込みご飯だとの事・・・。

いやはやしかし、これは何とも、落ちぶれてもグルメ・・・と言うか、欲望の赴くままにレコードを買い捲くり身を持ち崩してしまったジョニー氏に相応しい、あきれたエピソードではなかろうか・・・。

何せ、こんなセミ・ホームレスの状態になってまで己が欲望を最優先するのだから、彼はまさしく浪費癖による破滅型人間の典型と言えよう・・・。

しかしジョニー氏に、他のホームレスの人達や急に派遣を切られて失業した人達のような切迫した様子が無い事には、隠されたある明確な理由があったのだ。

(つづく)