Mr.エレクトの独り言 2009年10月17日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

木幡東介~第2回個展現在開催中!!(無事終了!!)

現在開催中!!

■Web Gallert ST■(ギャラリー代々木と報美社の合同サイト)
http://gallery-st.net/satou/

ところで、会場で「ギャラリー代々木通信」ってのが配布されているのデスが、いやこれを読んでおりマスと、ジャンルこそ違えど、現在の音楽業界やライヴ・ハウス・シーンにも共通する様な問題点がいくつも指摘されていて、非常に興味深いデス。

木幡東介~第2回個展開催のお知らせ(終了イタシマシタ!!)

■木幡東介作品展「切り絵図鑑」
2009年10月12日(月)~17日(土)
11:00~19:00(最終日は18:00まで)
会場:ギャラリー代々木
151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷4-30-1
TEL:03-3408-6630
※JR代々木駅西口、大江戸線出口より徒歩2分。

■入場はもちろん無料となっておりマスので、皆様、奮ってご来場の程、ヨロシクお願いイタシマス。m(_)m

個展2-1
個展2-2
■地図画像が見えにくくて申し訳ありマセンが、交番と富士そばのある道に沿ってJR高架下をくぐって行った場所に位置しておりマス。

■Web Gallert ST■(ギャラリー代々木と報美社の合同サイト)
http://gallery-st.net/satou/

「パソコン故障~データ復旧への長い道」プロローグ

先日、パソコンが壊れてしまった。

おそらくは約2ヶ月前、使用中に誤ってコンセントを抜いてしまってからと言うもの、ずっと調子が悪かったのだが、ついには電源を入れてもWINDOWSが起動せず、エラー画面(通称:青画面)が出てしまい、それ以上何も読み込まない状態となったのだ。

しかも、危険を察知していながらも忙しさにかまけてデータのバック・アップを取っておらず、唯一、各種パスワードを記録していたデータのみホット・メールで外部に送信しておいたため、生活するに最低限困らない程度の情報しかキープしていないと言う体たらく。

このままでは仕事に超差し支える。ヤフオクでのお客サンとのやり取りはメールではなくネット画面を通して行うため、ネット喫茶に日参し何とかこなしたが、出品作業が出来ないと言うのが痛い。

何せ、毎日毎日コツコツコツコツ出品し続ける事で何とかやりくりしている様な経営状況である。このままでは月末の支払いをこなす事など、とてもままならないであろう。

そこで、近所の中古パソコン・ショップに飛び込み、一番安いパソコンを物色すると、XPを搭載した2万5千円のノート・パソコンが何台か販売されていたので、とりあえず一安心。

しかし結局、モニターは問題ない事から、中古のデスク・トップの本体部分のみ2万円也を購入し、何とか仕事に復帰。

だが、壊れたパソコン内に保存しており取り出せなくなった数々のデータをあきらめきれない私。

作りかけの出品データは潔くあきらめ、泣く泣くデータを作り直したが、時間をかけて作った商品コメント等を再利用するために保存していた過去の出品データや、個人的な研究資料や文献が失われてしまうのは、あまりにも悲しすぎる・・・。

それゆえ私は、中古でパソコンを購入し直す前は携帯もしくはネット喫茶で、パソコン購入後はパソコンにて、データ復旧(壊れたハード・ディスクからデータを引き出す事)を請け負う会社をネットで調べまくった。

その前に・・・実は先の中古パソコン・ショップで聞くと、メール・データと画像データのみくらいなら3千円~5千円で出来ると言うので持ち込んでみたのだが、そこでは既成のソフトを使って出来る程度の作業のみしか出来ないため、「やはり無理」との事。

かと言って、ネットで調べたデータ復旧会社の殆どは、とにかく料金が高額で、故障した私のパソコンの症状から見るに、少なくとも7万円以上はかかりそうな雰囲気である。

もうあきらめるか・・・いやいやそれでも・・・と、未練がましくぐずぐず悩む私は、一縷の望みを託し、あちこちのデータ復旧会社に電話をかけまくる。

ところが、電話の対応をする受付の女性の妙に高飛車な態度や、少しはパソコンの知識がありそうな男性と会話をしていても、なんだか腑に落ちない点が多過ぎる。

どこも、とにかくまずはブツを送れの一点張り。そしたら無料診断後、見積もりをお知らせする。・・・と。

だけど、そんな事言われても、そもそも最低価格の7万円でさえ支払う余裕など、今現在はもちろん、今後も難しい状況なのだ。

・・・にも関わらず、大事なデータの入ったハード・ディスクを、ほいほいと送る気にはなれない。だって、急がなきゃ消えちゃうって訳でもないし、未出品だった商品データも作り直した今、すぐに必要って訳でもないしね。

・・・と言いつつもぐずぐずあきらめ切れず、暇さえあればネットで検索をかけてると、データ復旧業界における悪徳業者の存在が色々と明らかになって来た。

中には、こちらに金がなさそうと見るや、後で送ると言ってたFAXすら送ってこない会社も実際あったし・・・。(すぐにネットで調べたら、案の定、データ復旧以外にも明らかに怪しげな商売ばっかやってる会社だった。)

・・・となると、料金は別として、信用出来る会社を頼ろうとするのが人情ってもの。

しかるに、都内の一等地にビルを構え、個人情報の保護に関してもかなりしっかりしてる会社に尋ねるも、確かにこちらの話もきちんと聞いてはくれるものの、こちらの症状を詳細に説明したにも関わらず、予想見積もり額の上下幅が20万もあると言う!!(例:3万~23万)

更に、この会社もやはり、当社を信用して頂けるのであれば、診断と見積もりは無料だから、「今日にでも送れ」とでも言わんばかりの勢い。

・・・そんな、幅が3メートルあるのか23メートルあるのか解らない地割れを目隠しされたまま飛び越そうなんて気、誰が起きるものか・・・。

これは後で解った事だが、この業界、近所のパソコン・ショップもしくはちょっとした知識のある素人でも可能なデータ復旧作業に対し何十万円も吹っかける業者や、そもそも自社の技術ではデータ復旧出来ないレベルのものは最初から扱う気などなく、軽度の故障なら簡単に復旧出来る事を知らないカモのみ相手にしてる業者や、自分の所で出来ないものが他社で出来たら信用を失ってしまうためディスクを破壊して送り返す業者すらいるらしい。

そうなると更に、検査や料金見積もりに明確な裏づけや透明性がないと、とても信用して大事なデータを預けられないって訳で・・・。

それにしても、客の足元を見ると言うか、再び作成する事の出来ないデータ(例えば何年か前に撮影した子供の写真等)や、あきらめきれないデータを取り戻したい人の弱みに付け込み、しかも誰もが初めて遭遇する事故ゆえ無知である事にかこつけた、ぼったくり業者野放しの現状にはあきれるばかりであった。

その怒りの度合いがどのくらいのものかと言えば、もしも私がもっと若ければ、自分が技術を身に付けて真っ当なデータ復旧会社を立ち上げ、インチキな業者をすべて叩き潰したいとさえ思った程なのである。

・・・とは言えもちろん、故障が予想されていたにも関わらずデータのバック・アップを取らなかった自分が一番悪い。いくら、データ復旧がこんなに困難で高額である事を知らなかったとは言え・・・。

だから・・・「皆様、バック・アップは定期的に行いましょう!!」

でも、ただ一言、ちょっと逆ギレ気味に言わせてもらうならば、「パソコン、特にハード・ディスクは消耗品だからいつか必ず壊れる」って言うのなら、そんなしちめんどくさいバック・アップを持ち主の任意かつ手動で行えと言う前に、飛行機のブラック・ボックスみたいに、例え使用しているハード・ディスクが壊れてたとしても、何処かに自動的にデータを保存する機能を付けたらどうだろうか?実際、1万円プラスくらいでそれは可能らしいので、バック・アップの手間や高額なデータ復旧の事を考えれば全然安上がりではないか。(実際、大企業ではそれに似たようなシステムを、もっと大掛かりに構築しているらしい。)

もうあきらめるか・・・。そう思いつつも、長年かけて作り上げたデータをあきらめきれない私ではあったが、今はとにかく目先の支払いのために仕事をしなければ・・・。

(つづく)

★データ復旧に関しての調査及び情報収集は現在進行形で行っており、実は既に有力な情報も得ておりマスので、あくまでも当方の経済状況により、ちょっとばかし時間がかかるかも知れマセンが、必ず追って結果をご報告させて頂きマスね。

皆様、決してあきらめず、高額な支払いを要求する業者には屈せず、情報の氾濫するネット上から真実を探し出しましょう!!