Mr.エレクトの独り言 2011年03月

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

増税するぞ!!

今度から、色んな分野で、いっぱい税金を徴収するもんね!!

<例>

隠蔽税

嘘吐き税

無能税

無責任税

怠慢税

誤魔化し税

居座り税

既得権益税

天下り税

無駄飯喰らい税

税金泥棒税

公衆道徳押し付け税(=AC税)

老害税

計画停電実施区域から何故かいつも外れる税

花見ぐらいしたっていいじゃないか税

・・・等々。

デヴィッドとジェイ(2011年7月6日追記アリ)

最近の調査(・・・と言うか徹夜仕事の合間に調べた)によると、ロスとロックの対立と言うよりは、ロック家において、デヴィッドからジェイに権力の座が明け渡される、その過渡期における対立構造がある様だ。

オザ~氏も、デヴィッド派からジェイ派に鞍替えした模様。

・・・トナルト、場合によっては、NESARAが実行される事にもなるのかしら?・・・なんて、それは妄想に過ぎないのだろうか・・・。

(完全な独り言メモゆえ、意味不明でゴメンナサイ。)

<以下は2011年7月6日追記>

NESARAは爬虫類型宇宙人やアセンション同様、誤誘導するためのデマ。

ロスとロック対立説も同様で、ロックはロスの手下でしかない。

ロックは世界統一政府樹立のために、アメリカ/ドルと共に没落するスケープ・ゴート役。

元凶はロス家、英国王室を中心とした欧州貴族、バチカン教会(イエズス会)にある。

根本にあるのは、白人エリート至上主義思想。

宗教とマスコミは人々を洗脳及び扇動するためのツール。

よって、おそらく・・・であるが、その時が来ればバチカン教会も解体されるはず。

国民総背番号制導入、及び不穏分子排除は、それ以前に行なわれる予定?

新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)とは、人口削減の後に訪れる、世界の完全ファシズム化である。

権威主義と利権主義

正しい事=権威ある人の発言

正しい事=得する人が行う政策

正しい事=認知されている意見

正しい事=大本営発表

正しい事=進歩を妨げる組織

正しい事=血流を止めた科学

正しい事=儲かる人の理屈

正しい事=偉い人からの命令

正しい事=騙される方が悪い

正しい事=事故責任より自己責任

正しい事・・・。

ワルシャワの幻聴

ウフフフ・・・。

富める者は、美酒に酔い。

貧しき者は、美談に酔う。

・・・てのはどう!?


(まるで作家が書いたかの様な、巧緻な美談全般に捧ぐ。)


美しい薔薇には・・・。

TOGETHER RUIN

「呪文」(追記アリ)

昨日、自宅に戻った時に、久々に民放TVを観た・・・が。

へ~!!企業CMって、少ししかやってないんだ~!!

殆ど、例のエ~シ~。(震災後はこればっかだったんでしょ?)

ラストの「エ~シ~」はもう聴けなかったけど。

なんか・・・。

社会主義(独裁政権)国家のTV放送みたい。

・・・DA・YO・NE。

いい子になあれ。

いい子になあれ。

従順な・・・。

羊になあれ。

永~死~!!

「DO THE 自転車発電」

ライヴハウスもあれだな。

客席に自転車置いて、観客がライヴ観ながら自転車漕いで発電するか。

権力者や既得権益者は、民衆の自立・・・すなわち自給自足が成り立つ事を最も恐れてるからね。

・・・とは言え・・・。

自転車操業は、もううんざりダヨ・・・。(:;)

心理戦

なるほどね~!!

しかし・・・いや~、よく考え込まれてるわ。

ある意見を封殺するために、その意見を発してる人間を貶めるだけでなく・・・。

あらかじめ貶められるための人間を用意し、その意見を発信させる。

すると・・・あ~ら不思議、その傀儡もろとも、その意見が地に落ちる・・・と。

一見、誰を信じて誰を疑えば良いのか解らなくなるけど・・・。

そもそも、“誰か”を100パーセント信用する事が間違いなんだよね。

この人のこの意見、あの人のあの意見、その人のその意見。

・・・と、あくまでもどの意見が真実に近いのかを、たくさんの情報の中から見出さなければ・・・。

「歴史は繰り返す」と言う言葉もある様に、少なくとも過去の歴史に学ぶ所は大きいよね。

いや~!!実に面白い!!


・・・なんて言いつつ、知れば知るほど、道理の腐敗とこの世の地獄に、気が滅入っちゃうYO!!(TT)

「欲しがりマセン勝つまでは」(追記及び注釈アリ)

マスコミによる伊達直人ブーム

インターネットを利用した大学受験カンニング事件

大震災

民間による被災者救援活動(=伊達直人)

計画停電(=戒厳令)

ガソリン不足→物資不足

買占めに対する警告

「欲しがりマセン勝つまでは」

みずほ銀行に障害(=予行演習)

政府=無能

自衛隊=英雄

デマに注意

コンピュータ監視法案(=インターネット規制)

★有事法制★

「欲しがりマセン勝つまでは」


<追記(注釈)>
日中戦争以後に、戦争に協力しない者、協力が不十分な者、果ては生活に不満を漏らす者などに使用され、不満を抑圧するための各種標語が唱えられた(「贅沢は敵だ」「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」「欲しがりません勝つまでは」)。戦時体制に順わない者や具体的に戦争に反対する者は近隣住民から「非国民」呼ばわりされ、迫害されることもあった。

「イヤなら喰うな!!」(緊急追記アリ!!)

・・・と、子供の頃、父に怒鳴られた事がありマシタな。

何せ、偏食大魔王の私の事デスから。(^^;)

諸外国が、日本の食材を輸入しないと言い出してるそうで・・・。

いいんじゃない?

我が国の食糧事情を考えたら、輸出しないで国内で全部消費しちゃった方が良いよ!!

ブツクサ言う奴らには、もう2度と輸出してやんないかんね!!

お前らに食わせるタンメ・・・じゃなくて、食材はネエ!!(@@)/

<緊急追記!!>
だけど、マジで汚染された食材や水を食べたり飲んだりはしないでね~!!(TT)/

「悪魔の詩」

「悪魔」は、99の真実を語り、残りの1に毒を盛る。

人々の感動を呼ぶ「美談」は、99の善人面の裏に、1のナイフを隠し持つ。

100パーセントの信用は、あなたを思考停止へと導き、手放しの感動は、あなたを地獄へと誘い込む。

利己的な考え方が出来る人間にしか、利己的な人間の考えている事は解らない。

試しに一度、利己的な人間になったつもりで考えてみよう・・・。

そうすれば初めて、天使の仮面を付けた悪魔の所在が、善人面した地獄の門番の所在が、明らかとなるであろう。

「悪魔」とは、その時がやって来るまで、自分自身を欺く事さえ可能な生き物なのだ。

反・計画停電

東電の社員が,社長を筆頭に・・・。

みんなで自転車漕いで発電すれば良い!!

もちろん、原子力保安院もネ!!

謝るより・・・。

祈るより・・・。

一般家庭の主婦も、節電とダイエットを兼ねて、自転車漕いで自家発電しよう!!

DO IT YOURSELF!!

「戦時中」③

伊達直人も良いが・・・。

今こそ、鼠小僧次郎吉の登場が待たれる。

不必要なまでに資産を蓄えてる人間から分捕り、今日の食事にも困る人達に配る。

あっ!!でも、決して犯罪を推奨してる訳ではありマセンよ。

そう言う仕組みを、合法的に作らなきゃ駄目だ!!・・・って事デス。

ちなみに、歴史上の人物である鼠小僧は、ただ単に大きな屋敷の方が盗みに入りやすかったからそうしてただけだとか?

「戦時中」②(追記アリ)

ついに、ミネラル・ウォーターとトイレット・ペーパーをヤフオクで買う時代が来たか・・・。

小さなお子様の居るご家庭は、もちろん避難するのが一番なんだろうけど、誰もがそうする訳にも行かないだろうし・・・。

トナルト、今こそネットで知り合った西日本の方と連携して、ミネラル・ウォーターなんかを買って送ってもらう等するのが良いかもネ。

後は、なるべく原発や火山の無い地域を、今のうちから農業に適した土地に変える努力を始めるとか・・・。

まあ、日本人は頭が良く勤勉だから、必ずやこの困難を克服出来るアイデアをひねり出すものと、今は信じたい所デス。

<追記>
そんな矢先、「東京都、24万本のペットボトル水配布へ」・・・とのニュースが!!

ロスとロック

まだまだ勉強中ゆえ、良く解っていない事も多いが・・・。

ロスとロック、双方に上下関係がなく、対立している訳でもなく、最終目的も同じだとするならば・・・。

これは、二人による、地球を舞台にした対戦ゲームである・・・とでも呼べるだろうか。

実際、その様なカード・ゲームがあるらしい。

そう考えると、ロックから虐められているオザ~イチロ~氏を総理に・・・と考える人達の気持ちも解ってくる。

・・・が、その後は?

「ロスとロック、仲良くケンカする」・・・って事?

「戦時中」①

いつか死ぬのは仕方無いとして・・・。

殺されるのはいやだよな~・・・。(@@;)

最新の仮説では、人工地震の原因は地中に埋めた小型水爆だとか?

HAARPは、その効き目を良くするため、あるいはもっと別の目的のために使用しているのかな?

これでインター・ネットまで規制されたら、日本もアウトかもね。

ブレインウォッシュTV

マスコミの・・・と言うか、TVや映画がもたらす効果はすごいね。

その人の経歴や本質よりも、上辺だけの対外的イメージが優先されるんだから。

言うなれば、ワルが捨て犬の頭をなでてる姿・・・みたいな?

「ウンコをします」

地震や原発に対する不安は全く拭いされない状態デスが、ちょっと一服・・・。

ここ数日はいつも、携帯やパソコンでテレビのニュースを流しているのだが・・・。

女性アナウンサーが、「ウンコをします」「ウンコをします」と何度も連発するもんで、思わず笑っちゃいマシタよ。(^。^)

時には、「通常の80パーセント程度の本数でウンコをします」・・・って一体!?(@@)/

いつもどんだけするの~!?

・・・みたいな。(^^;)

「ウンコをします」

「ウンコをします」

「ウンコをします」

「運行します」

不謹慎でゴメンナサイ!!m(_)m

計画募金

日々の生活どころか、地震や津波の被害に遭って、今日一日の食事さえままならない人達が居るってのに・・・。

自主的に募金をするのは、その殆どがそれほど生活が楽ではない、「明日は我が身」と感じ、被災者に共感・同情を覚える者達ばかり。

よって、本来は有る所・・・否、余っている所から取れば良し。

今こそ、貯蓄なり財産なり収入の多い者から、そのほんの0,000数パーセントずつでも良いから、“計画募金”をさせるべき。

その際、プライバシーの問題もあるから、名前はもちろんすべて“伊達直人”でね。

売名・・・もとい、名前を出す場合は匿名募金者の2倍支払うって方法もアリかな。

また、電車の運行本数が減ったら多くの人が困るけど、テレビなんてしばらく一つや二つチャンネル減っても困らないし、そもそもテレビの客はスポンサーたる大企業なんだから、こんな時まであれ買えこれ買えと強制するコマーシャルなんぞ、本来は逆効果でしかないはず。

どこまで行っても負の連鎖。

強い者はいつでも安泰。

地獄の沙汰も金次第。

選挙の勝利も金次第。

政党内での力関係も金次第。

正義の定義も金次第。

尊敬や羨望を集めるのも金次第。

信じる者が居なくなれば紙屑でしかない金次第。

怒りの日々

国のお偉いサン曰く、「買占めはおやめ下サイ」・・・との事。

これまでさんざん、財産(紙切れや物質)を独占・蓄積する事によって、その権力や地位を高めて来た輩の子分風情が、今更何をか言わんや。

ましてや、家畜である私達にもその考えを植え付け洗脳し、私達に財産(紙切れや物質)の奪い合いをさせる事で、更に利益を得ている輩が・・・である。

まずは、手前らがその蓄財を手放し、被災者を一人でも救うために私財を投げ打つのであればともかく。

しかるに、その様な行為を為した者は財産こそ失うが、日本の何処に行っても・・・否、世界の何処に行っても、最大限の誠意を以ってもてなされる事であろうから、財産(紙切れや物質)の所有量に頼らぬ、真の尊敬を得る事が出来る事だろう。

人の上に立つ者は、全体への奉仕者であるべきであり、略奪者などであるべきでは絶対にない。

トイレット・ペーパーを買い占めるババアは、既得権益者に更に利益をもたらすために流布された利己的な価値観が蔓延する世の中の犠牲者に過ぎず、彼女はただ、家計(貧乏国家)を支えて家族(国民)を守るため、生きるために必死なだけなのである。

よって、真に断罪すべきなのは・・・。

HAARPの調べ(追記の追記アリ)

「ホワイト~マンの仕業だよ~」

・・・と、突然段ボールの「ホワイトマン」を口ずさみながら。

ニュージーランドも、日本も・・・

「TPPに参加しないと、ただじゃおかねえぞ!!」

・・・説に、怒りの一票。

<追記>
震源の深さは約10キロ!!

<追記の追記>
日本の次は、米国西南部にあるニューマドリード地震地帯・・・との事。

もしも、このシナリオ通りに現実が進行するならば、すべては以前から囁かれていた計画の一環なのだろうか・・・。

ゲーム狂時代

たまに・・・ふと思い出すのだが、実は十代の頃は音楽以外にTVゲームも大好きだった。

ただ、TVゲームと言っても、部屋の中でやるアレではなく、ゲーセンとか駄菓子屋の表にあるアーケード・ゲームってやつね。

何せ中学時代に、かのスペース・インベーダーの大ブームにまんまと嵌ってしまったため、高校時代は部活もしてなかったくせに日々ゲーセンに入り浸り、バイトで稼いだ金は殆どゲームか、もしくはレコードに消えていたのでありマシタ。

その後、上京した直後にも1~2ヶ月はゲーセンに通っていたが、当時最新の「ロードランナー」ってやつをプレイしてる最中に、「いかん!!このままじゃ金がいくらあっても足らん!!」と、ゲームからキッパリ足を洗うまでは、それこそかなりつぎ込んでたよね~。

「ニューヨーク・ニューヨーク」だとか、「ムーン・クレスタ」だとか、「ラリーX」だとか、「ドンキー・コング」だとか・・・数々の懐かしいゲームの画面をネットで検索して見てると、時間を忘れるよ。

・・・それで今回は、いきなりアーケード・ゲームではないのだが、当時流行ったコンパクトな家庭用電子ゲームを、先日の自宅捜索中に発見したので、ここに紹介してみたいと思う。

パックリ1

これこれ!!BANDAI「FL PACKRI MONSTER」ね!!ナムコのパックマンのパクリだから、パックリ・モンスター?・・・みたいな。

音楽とゲーム中毒の私は、高2の時の修学旅行に行くに当たり、バイトで稼いだ金をはたいて、このゲームとコンパクトなラジカセを購入したのでありマシタ。

しかも、見て見て!!授業中にもプレイ出来る様にするために、音声をオフにするスイッチと、更にはイヤホン・ジャックまで、自分で改造して取り付けちゃったりもしたんだよね~!!

まったく、どんだけ好きやねん!!・・・みたいな。(^^;)

パックリ3

・・・とは言え、やっぱ授業中は寝るのに忙しくて、ゲームやる暇なんてなかったけどね。

だけど、最近調べたら、同メーカーのパックリ以降の機種には、イヤホン・ジャックこそ無いものの、音声オフ・スイッチが元から設置されてる様で、やっぱ授業中にもプレイしたいって要望が多かったのかな?(←妄想?)

しかし、’80年前後のアーケード・ゲームの話をし出すとキリが無いから、今日はこの辺で~!!(^^;)/

ガラクタロボット(追記アリ)

Y。u Tubeでたまたま見たけど、あれはすごいわ~!!(@@;)

やっぱオタクも、ただ「消費」するだけでなく、社会に何らかの「還元」をしないとね。

「深イイ話」と「ガラクタロボット」で検索して、「検索オプション」の「アップロード日」をクリックすると見つかるよ!!

消されないうちに見てね!!

<追記>
↓のギャラリー・ページで作品を見る事が出来マスよ!!(アドレスの冒頭にhを付けて)
ttp://datn.silver-storm.jp/shimo/

思い返してみると、自分も子供の頃(・・・特に交通事故で入院してた時)に紙製の部品を繋ぎ合わせてオリジナルの怪獣とかロボットみたいなものを作るのが好きで、だけど根気もなけりゃ手先の器用さもないからすぐに飽きちゃったんだけど、この人はそれを自分の代わりに実現してくれた人・・・みたいな感じで、余計に感動しちゃったのかな~?・・・なんて自己分析してみたりなんかして。(^^;)

マリア観音/木幡東介「アーカイブ/1997年」特別編

え~・・・先日、マリア観音のアーカイブ作業に対し1万円のカンパを下さった方とは、実は1997年春に東北ツアーを企画・主催して下さった方でもありマシテ、同ツアーは、4月26日@青森県/弘前スペース・デネガ、4月27日@秋田県/秋田サプライ、4月28日@宮城県/仙台マカナの3箇所を廻るものでありマシタ。

そして今回、その彼が同ツアー初日、弘前スペース・デネガにおける映像を資料提供して下さったのでありマス!!

思えば、メンバーの変動が激しいこの時期・・・1996年5月にベースの宮脇が自殺~ヘルプでフェダインの不破大輔氏参加~11月に河崎が加入するものの、翌’97年1月、広島~姫路~大阪~京都~名古屋を廻る西日本ツアーに出かける前日に小森が失踪~3月にはドラムの平野が脱退~元サバート・ブレイズの岡野太氏が加入・・・。そんな状況ではありながらも、しかし既に各会場をレンタル済だったため、同編成にて都内数回所でのライヴを終えた後、バンドはツアーに出かけたのでありマシタ・・・。

しかも、主催者の彼はライヴ企画初心者ゆえ、この無謀なツアーのせいで、彼自身もかなりの借金を抱えた様でありマス。(^^;)

それでは、同ツアー初日、弘前スペース・デネガにおける演奏のハイライト・シーンのみを、ちょこっとだけお観せイタシマスので、どうぞご覧下サイませ~!!(^^)/


★しかし、ここで観られる岡野氏のドラムはまるで、指定した場所へ正確無比に爆弾を落とす高性能爆撃機みたいデスな~!!(@@;)/

■1997年4月26日@青森県弘前スペース・デネガ

<演奏曲目>
犬死に
蠍にもらった拳
絶滅

<メンバー>
木幡東介(Vo,EG,Tp)
河崎純(Cb)
岡野太(Dr)

★固定カメラ撮影

・・・ところで、同会場はフリー・スペースだが主催者がPAと共に照明設備も一式でレンタルしてくれたため、視覚的にも非常に見栄えが良く、この映像もいずれは作品化して発表したい所なのデスが、残念な事に、プロ意識の低い田舎のPAバイト君達が演奏と演奏の合間にひそひそ話をしてて、その声がビデオにもしっかり収録されちゃってるから、まあ今の所は未定って事で・・・。(TT)

なお、この映像は本ブログ(及びmixi内コミュにて近日掲載予定)のみの限定公開とさせて頂くつもりデスので、ヨロシクどうぞ!!

●エレクトレコードでは、マリア観音の映像、音源、写真、その他の資料を広く求めておりマス!!皆様、是非ともご協力の程、何卒ヨロシクお願いイタシマス~!!m(_)m

・・・あっ!!もちろん、カンパ(現金)も大歓迎デスYO!!(^^)b

「MASTURBATION」(後編)

★気力に体力が伴わず掲載がちょっとばかし飛び飛びになってしまったため、主旨を伝えきれなかった部分があった様デスので、今回はいよいよ、分析・検証を兼ねた本題をば・・・。

「MASTURBATION」(前編)
http://erect.blog5.fc2.com/blog-entry-1982.html
「MASTURBATION」(中編)
http://erect.blog5.fc2.com/blog-entry-1983.html
上記のつづき・・・

さてそれでは、マスベの音楽活動における表現形態の変遷を時期によって区切るとするならば、大雑把に分ければ二期、更に細かく分ければ三期に分類される訳であるが・・・。

それは、オリジナル・メンバー編成による初期(V・A「OUTSIDER BOOTLEG」~1stEP)、卑龍氏が単身上京しメンバー編成が流動的な時期~タツシ氏と達也氏が加入した当初を中期、同メンバー編成が定着し活動が安定した時期を後期(2ndソノシート~ミニ・アルバム「被害妄想」)、とする事が出来よう。

そして、それぞれの時期毎に分けて、その魅力を解析するならば・・・。

初期は、イギリスやアメリカからの舶来モノでは無い、どこか浮世離れした、言うなれば日本的なピカレスク・ムードを漂わせたやさぐれ感を身に纏った佇まいに、その源泉を見る事が出来ようし、それゆえに、マスベの楽曲のテンポはそんなに速くないにも関わらず、ハードコア・パンク好きな人達からも多くの支持を得られたのではなかろうか。

そして中期は、長く住んだ郷里を離れ単身上京したため卑龍氏の実生活も安定しておらず、なおかつメンバー編成も不安定であったと言う事もあるのだろうが、まるで「明日など要らない」とでも言わんばかりの刹那的かつ自暴自棄的な荒々しさに、その本質が集約されているものと思われる。

そして後期は、前回にも述べたが、厭世的かつペシミスティック(悲観的)な精神状態から生み出された、自らのこころの内へ内へと向かう、ある種“ヒキコモリの独り言”とも呼べるそのベクトル(志向性)と、そこから得られるカタルシス(浄化作用)にあると言う事は間違いないだろう。

よって、先頃発売されたライヴ・アルバム「目撃者」には主に中期の演奏が収録されており、この時期の荒々しくも禍々しい演奏振りを堪能する事が出来るのだが、本CDで初めてマスベを聴くパンク好きな十代二十代の人達が、同バンドを単なる激しく乱暴な演奏をするパンク・バンドの一つとしてしか認識せず、同バンドが持つ他のバンドには無い稀有な魅力に触れる機会を逸するのではないか?・・・との危惧を私は抱いた次第なのである。

(もっとも、後期の演奏も2~3曲収録されてはいるが、あまりに音質が悪過ぎるため、これではその時期の魅力が正確に伝わるとは思えない・・・)、

ただしもちろん、この時期のライヴを実際に観る事が出来なかった私にとっては、本ライヴ・アルバムのリリースは非常にありがたい出来事であったと言う事も、偽らざる事実であるのだが・・・。

ゆえに、既に廃盤でプレミアが付いてしまってはいるが、私としてはやはり「被害妄想」も収録されている、OKレコードからリリースされたコンピレーション盤を先に入手する事をお薦めしたい・・・

★・・・と、そうやって事前に頭の中で文章の構成を練っていたのだが、ブログを書くのがあまりにも遅れ過ぎたため・・・★

何と、「被害妄想」をメインに据えて再編集されたコンピレーション盤が、近日リリースされるとのニュースが!!(^^;)
被害妄想

要は、この世にパンク・バンドは星の数程あれど、後期のマスベが持つ、言うなれば早川義夫の「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」や森田童子なんかにも共通する魅力を持った内向的なバンドやアーティストって、あんまり居ないって事なんだよね~。

思えば、同じADKレコード出身でありメンバーが被っていると言う事もあって同類として並び評される事の多い奇形児にせよ、極論するなら、同バンドのヤス氏が発するメッセージが「俺に振り向いてくれ!!」であるとするならば、マスベの卑龍氏は「俺に構わないでくれ!!」・・・なのではないかと。

そう考えると、マスベの活動初期~中期に行われていたライヴ中に自らの肉体をカミソリで切る卑龍氏のパフォーマンスも、そこに世間をあっと言わせてやろうと言う自己顕示欲や若気の至りが一切無かったとは言わないが、それは、「危ない奴」を自らが演じる事によって自分に近づこうとする人間を遠ざけようとするための、言わば自衛本能に基づくものだったのではないだろうか・・・との推測も為されるのである。

何にせよ私としては、もう一度マスベのライヴを観る事が出来るならば、やはり後期のメンバー編成、・・・まるで金属の棒をバキバキ叩き折っているかの様なぶっとい音を出すタツシ氏のベースと、ダイナミックでありながらも昂ぶる気持ちのみならず繊細な感情をも損なう事なく表現出来る達也氏のドラム、そして牢獄の壁を生爪で引っ掻き続けるかの如き卑龍氏のヒステリックなギターとエキセントリックなヴォーカル・・・でお願いしたい所。

だって当時は、「被害妄想」聴いてからマスベの事を大好きになって、これからライヴにもそれまで以上に熱心に通おうと思った矢先、1985年3月2日@吉祥寺バウスシアターのライヴを最後に、同バンドは告知も無く急に活動休止しちゃったんだもん・・・。(TT)

感謝のご報告!!

この度、マリア観音のアーカイブを進めるに当たり、ファンを名乗る有志の方から、金1万円のカンパを頂きマシタ!!

本当に、本当にありがとうゴザイマス!!(TT)/

実は、8ミリ・ビデオはトラッキング調整が困難なため、現在1995年度の映像しかデジタル変換出来ておりマセンでしたが、お陰様で他の年代の映像変換にも取り掛かれそうデス。

ちなみに、先日も1995年のライヴ映像から1曲ピック・アップしてみたのデスが、音量が小さすぎたため、次回再度チャレンジする予定となっておりマス。

それでは引き続き、今後のアーカイブにも、ご期待下サイませ。m(_)m

エレクトレコード代表/Mr.エレクト

人殺しの椅子

先日、ついに椅子が壊れた!!

・・・そして、まるで乾燥した虫の死骸の如き有様となった椅子の残骸を見ると、何と金属部分がねじ切れているではないか!!(画像1)
椅子1

そこで早速、来客用に使ってた簡単なパイプ椅子(画像2)を取り出したのだが、座面(座る所)が高すぎる上に非常に硬く、身体のサイズや動きに合わせて変形してくれないため、まるで寝返りを打つかの様に自分自身が心地良い体勢を取るために身体をくねらせねばならず、しかも、何だか腰の辺りがズキズキ痛く、このままではただ座ってるだけで疲れてしょうがない!!
椅子2

しかるに、考えてみれば、これまでは椅子の方が身体の動きに合わせ変形してくれる事で、身体にかかる不自然な負荷を吸収してくれていた訳で・・・。(その結果が画像1)

おそらくこのままでは、自分自身の身体・・・その骨や神経が、あの椅子の様に粉々になってしまう事は明白!!

・・・と言う事で、当店と目と鼻の先にあるオフィス用品のリサイクル・ショップに飛び込んだのだが、何せ予算が無い!!

よって、まずは最も安そうな丸椅子・・・の、足が太くて頑丈そうなものを試してみた。

ううむ・・・座面のクッション部分がやや硬いが、中古だけに汚れもあるし、まあどっかで別売りのクッションでも買って乗せれば良いか。

しかし、店員の薦めもあり、一応普通の会社とかで使用されているオフィス椅子の、(当店における使用場所がスペース的に狭いため)肘掛部分がついておらず、最も安いものに座ってみた。

・・・すると、ああ何と!!生まれてこの方、この様な優しさと安らぎに触れた事があろうか!!・・・とでも言わんばかりの心地良さに、私は思わず場所も忘れうっとりとさせられてしまったのだ!!

ああ、こんな椅子に座る事が出来たら、これから先の人生、どんなに素晴らしい日々を送る事が出来るのだろうか!!・・・とも。

だが、その椅子は中古品とは言えど数千円するため、結局は資金不足で前述の丸椅子525円也を買う私・・・。(:;)

そして更に、座面の汚れを隠すために100円ショップで買った激安(激薄?)クッションを乗せ、現在その椅子に座っているのだが・・・。(画像3)
椅子3

ぐえぇ~ん!!やっぱ全然駄目だ~!!(TT)/

・・・結局、自分が椅子を斜めにして爪先立ちで座ってみたり、身体をぐねぐね捻じ曲げてみたり・・・と、前と大して変わんね~!!

このままじゃ絶対死ぬ~・・・とまでは行かなくとも、確実に寿命は縮むし、絶対腰を悪くするよ!!

それじゃ「犬死に」ならぬ、座して死を待つ「椅子死に」じゃ~!!(@@)/

しゃあねえ、ちゃんと金貯めて、まともな椅子を買い直そう・・・。

以上、やっぱ椅子代はケチっちゃ駄目・・・ってお話デシタ。(^^;)

おしまい

死神氏単独公演支援告知

死神20110327
★以下、死神氏のブログより転載★

3月27日(日)昼、
私死神は2度目の単独公演を行います。

客演、対バン一切なし、
作詞、作曲、編曲、構成、演奏、すべて私一人による、
完全単「独」公演です。
BGM、座席の配置までこだわります。

演目も昨年の単独公演と半分入れ替え、
新曲を中心に、
2部構成でお送りします。

現時点での自らの限界を知りたくなくなり、
本公演を企画しました。

唄って、弾いて、叩いて、踊ります。

個体(ソロ)表現の限界、
私という一人の人間の限界に挑みます。

今回の単独公演は、
初見の人々にも気軽に足を運んでもらえるよう、
前売券を「無料」とし、
カンパ(投げ銭)制を採用しました。

金銭、物いずれも可です。
あなたの生活が苦しくならない範囲でお願いします。
小銭で結構、家にある物で結構です。

1円、10円、100円、カントリーマーム、
饅頭、キットカット、電池、古本、ボールペン、
なんだかよく分からないもの、
面白そうなものなどなんでも結構です。

(誰がいくら払った、
何を持ってきたなど、
それを進んで記さない限りは、
こちらには一切分からないようになっています。
隣の人の目を気にせず、
どうぞあなたの思う分だけのカンパをお願いします。)

当日券2000円という設定は、
前売予約を促進するという目的と、
前売券の人々に対してこれ以上のカンパは不要
という目安も兼ねて設定しました。

なお、当日券でご入場の方はカンパ不要です。

座席は全席自由、前売・当日問わず先着順です。
満席の際には立ち見となります。
あらかじめご了承ください。

(昨年は満席、立ち見が数名出ました。
今回は席数を少し増やす予定ですが、
座席をご希望の方はお早めご来場ください。)

夕方から予定があって不安という方、
きちっと14時15分定刻通り終演させます。
ご安心ください。

「行けるか分からない。」
それでも構いません。

「その日の気分次第で決める。」
大いに結構です。

お気軽にご予約ください。
僅かにでも興味がある方、
迷っている方、
是非生の公演に触れてみてください。

「全身全霊」の一人舞台をお魅せします。

皆様のご来場、
両手を合わせてお待ちしております。

合掌。


詳細

2011年
3月27日(日)昼
池袋手刀

死神
第2回単独公演
「あばら」

12時開場
12時30分開演
14時15分終演予定

全席自由

前売券
入場無料+飲物代500円
観賞後カンパ求む
(金銭、物、いずれも可)

予約なしでもチラシ持参で前売り扱い

当日券
2000円+飲物代500円
(当日券の方はカンパ不要)
出演

死神

独舞、エレキ弾き語り
太鼓叩き語りによる
完全「独」演。

~あばら骨、しゃぶってください。
流れる血、啜ってください。~

単独公演用カラーチラシ配布中。
池袋手刀、新宿ジャム、
東高円寺二万電圧、
新宿ウルガなどで入手可。

************************************************

御予約を御希望の方は、
下記公演予約フォームよりお願い致します。

「公演予約フォーム」
http://form1.fc2.com/form/?id=509639

************************************************

死神ホームページ
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kmsgl