Mr.エレクトの独り言 2011年04月

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識欲

知識欲とは?

仮に病気で死ぬとして・・・。

その病気が何であるのか?

そして原因は何であったのか?

それを知りたいってだけの話デス。
スポンサーサイト

無知と無関心

無知と無関心こそが、人を堕落させ、国を滅ぼす。

不安を解消する方法

不安を解消するには、まずは自分自身の本心と向き合い、自分が「不安である」と言う事や「何かに怯えている」と言う事を認めてやる必要がある。

それを、恐怖のあまり目を逸らして誤魔化したり、無理矢理閉じ込めて強がっているうちは、本当に不安を消し去る事など出来ないだろう。

実は、自分もそうだった。

しかし、一部の人は知っているが、例の大地震の1週間後、自分はパニック起して恥も外聞もなく逃げ、都内を離れ埼玉辺りに三日間潜伏しており、その際、自分が先の大地震から受けた恐怖を明確に自覚する事が出来たのだ。

すると、おかしなもので、そりゃまあ相変わらず地震は怖いが、臆病と言うか超ビビリと言うか、今では正直にそれを「怖い」と言えるので、以前に比べ失うものや折れるものが少ないのである。

しかるに、自分が「不安である」事を認めないでいると、単に身体的な安心や安全だけでなく、精神的なダメージを受ける事に対しても、いつまでも怖がり続ける事になるのだ。

怖いものは怖いし、不安であるのは誰でも同じ。

問題を解決するには、その発生理由や元凶を正確に知る必要が絶対にある。

よって、目に見えない予測出来ない不安にいつまでも怯えているよりも、むしろそれをあえて真正面から見つめ認める事によって、「不安=原因不明な恐怖」を、「既知の恐怖」に変える事の方が望ましいのだ。

・・・それすなわち、「覚悟を決める」とでも言い換えられようか。

その点、自分はさんざん怖がって、しかもその様子を多くの人に知られ、既にさんざん恥もかいたので、精神的な意味においては今更失うものもそんなに無いって訳。

もちろん、今でも地震は怖いけどね。

そう、地震を怖がるのは恥ずかしい事でも何でもないよ。

「強がり」は折れる。

地震の恐怖に立ち向かえる人間なんて居ない。

自分自身が「不安である」事を見つめ、それを認めてあげなよ。

自身の臆病さをまざまざと見せ付けられた自分には、それがとても良く解るのだ。


<追伸>
これは、梶原一騎原作「愛と誠」において、蔵王与平に囚われの身となり最大の恐怖体験を味わった砂土谷峻が、取引が成立して解放された後、大人しくなるのではなく、逆に反撃に出た気分に似てるかな?(一部の人にしか通じない引用にて、ごめんなさい・・・。)

ちょっと反省

最近、他人への気遣いが足りなかったな・・・と思う事しばし。

これじゃ、例の(お騒がせの)彼と一緒だよね・・・。

性根の腐った奴に怒られるならともかく、こころのきれいな人や純粋な人から怒られると、正直つらいよ。

だけど、例え全否定されたとしても、やっぱ言い返したりしたら駄目。

自分を振り返ってみても、TVで「心霊特集」が始まったらスウィッチを切るかチャンネルをひねるし、誰かが「心霊話」をしようとしたら、「やめろ~!!」って怒るもんね。

「怒る」=「聞きたくもないし見たくもない」って事だから。

もちろん、こっちから無理強いした訳じゃないけどさ。

・・・今はそんな気分。

「学問の意義」

「学問の意義」とはなんぞや?

本に書いてある事、すなわち既に知られた事実を覚える事か?

もちろん、基礎訓練としては、それも大事であろう。

何故なら、まずは材料を仕入れない事には始まらないのだから、「受動的」に情報を収集する必要は、絶対にあるのだ。

また、情報とは知識であり、何も本に書いてある事に限らず、親や他人の発言やしぐさ等からも得られるもの。

ただし、そこで大切なのは、その収集した情報なり蓄えた知識を、どう生かすか?・・・と言う点だ。

学生時代は別として、それは決してペーパー・テストの解答欄を埋めるためのものではあり得ない。

本当に重要なのは、その情報や知識を駆使し、自分の頭を使って「能動的」に思考する事ではないだろうか。

例えば、「宇宙誕生の謎」・・・。

もしくは、「人類の存在理由」・・・。

そんな事は、人間になど知り得るものではないかも知れない。

更に言えば、そんな事を知った所で、何の役にも立たないかも知れない。

しかるに、そう言った「能動的」な思考方法の経過なり結果が、人の人生に新たな喜びを与えたり、快適な暮らしをもたらしたり、病気や災害から人々を救ってきた事も事実。

もっとも、それが悪用されて、多くの人を苦しめる軍事兵器等を作り出して来た事も現実ではあろう。

だかしかし、そのノウハウや技術の使い道も含め、何が正しくて何が間違っているのか、そして、地球人類は如何にあるべきなのか、と言う事を考えるのも、やはりそう言った「能動的」な思考によるものなのではないだろうか。

よって、「学問の意義」・・・。

それは、より良く、正しい、「成長」なり「発展」を目指すためにあるのだ。

人間は、未だ「進化の過程」にある。

ゆえに、「停滞」=「死」。

・・・とは言え、ここでも、ひとつだけ言える事がある。

悲しい運命を甘んじて受け入れる事も、それはその人自身が選んだ、もしくはその人自身に根付いた価値観であり生き方であろうから、私はそれを否定するつもりはさらさらない。

ただ私自身が、傲慢かつ愚かにも、そう言った軋轢なり圧力に対し無抵抗で屈服する事なく、何とか少しでもそれらを乗り越えたいと考えているだけの話なのだ。


それを私は、学校教育によって覚えた。

本来あるべき「学問の意義」を見失わせるための、「反面教師」として・・・。

ともだち文化

万人を喜ばせる事など出来ない。

しかし、なおかつまた、“ともだち”だけを喜ばせるためにやるべきではない。

やるなら、“あたらしいともだち”を見つけるために行うべきである。

独りになって、考える。

自分の頭で、考える。

同調圧力、くそくらえ。

真実探究、悪い癖。

信用落とす、悪い癖。

“ともだち”なくす、悪い癖。

コピペですが・・・

・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。
・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで。

・電話の使用は極力避けてください! 
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 
安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 
またはツイッターなどのネットの利用でお願いします。

・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。
送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。
通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。

・ガスの元栓をしめてください。
ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。

・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
飲料水の確保もお忘れなく。
ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
絶対に見物などには行かないようにしてください。

・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。


・室内に居る時も、履物の確保をしてください。
ガラスの破片で足を怪我すると、
命取りです。

・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも
簡易ヘルメットになります。
おなじように足に巻けば、履物になります。

木幡東介次回ライヴにて進呈するCD-R!!

■木幡東介単独公演~「脱権力の地図」其の六
2011年4月10日(日)
阿佐ヶ谷Yellow Vision

★上記ライヴにて今回進呈するCD-Rは、アコースティック・ギターをメインにした多重録音作品で、何と、全8曲収録となってマス!!
20110410進呈CD-R

●それでは、皆様のご来場、こころよりお待ちしておりマス。m(_)m

木幡東介/次回単独公演開催のお知らせ

■木幡東介単独公演~「脱権力の地図」其の六

2011年4月10日(日)
阿佐ヶ谷Yellow Vision(03-6794-8814)
http://www5.ocn.ne.jp/~yvision/newpage2.html
杉並区阿佐ヶ谷北2-2-2阿佐ヶ谷北2丁目ビルB1
(JR中央線阿佐ヶ谷駅北口を左、徒歩1分。レンタルビデオ店ピープルの隣のビルB1)
出演:木幡東介(マリア観音)
開場:19時30分/開演:20時00分
当日券のみ2000円+ドリンク代

★ご来場者の方すべてに、最新デモ音源収録のCD-Rを進呈!!

●皆様のご来場、こころよりお待ちしておりマス。m(_)m

謝罪の日々

ここ最近、謝罪してばっかや~!!(TT)

先日も、震災の1週間後にパニック起しちゃって、何十人かの友人知人にご心配及びご迷惑おかけしたばっかなのに・・・。(その件については、世の中がもう少し落ち着いてから書きマスね。)

いずれにせよ、「そう簡単に殺されてたまるか!!」・・・ってな気分で頑張りマス!!

皆サンそれぞれ、何かと苦しい時期だと思われマスが、こうして命を授かったからには、何とか生きのびましょう!!(^^)/

申し訳ありマセンです!!(追記アリ)

どうも、当方(エレクトレコード)及びマリア観音の、大昔にちょっと関係した人物が、あちこちに迷惑電話をかけまくってる様子!!

ご迷惑をおかけした方々には、(連絡先を調べた後、)私の方から直接、お詫びを入れさせて頂きマス!!

なお、迷惑電話の主は病いを患っておりマスので、もう決して電話には出ないで下サイ!!

また、場合によっては着信拒否をされた方がよろしいかと思いマス。

本当に・・・本当に、申し訳ありマセンです!!m(_)m

(2011年4月7日、午前5時11分現在)

<追記>

昨日、某老舗自主レーベルの社長様と、某有名ドラマー様に電話をかけて謝罪イタシマシタ!!

厳密に言えば、私自身に、うちのスタッフでもない迷惑電話の主の尻拭いをする必要はないのデスが、彼の数少ない友人の一人として、彼の暴走を止められなかった事に関して、いくらかの責任を感じておりマス。

ちなみに、某社長様はとてもやさしく対応して下さり、某ドラマー様はこちらの心配までして下さいました。

これは言い訳にしかなりマセンが、迷惑電話の主は統合失調症であり、幼少期に酷い虐待を受けて育ったため、「思いやり」と言う感情を知りマセン。実は私もその前日、彼のあまりにしつこい電話に切れて、「もう電話には出ねえ!!」とガチャ切りしてしまったため、それで前述の方々に、彼の目が向いたのだと思いマス。よって、この点に関しては、私自身の余裕の無さを悔いておりマス。

また、先の方々以外に対しても、あちこちにCDのリリースやイベント開催の話を持ちかけてるとの噂もありマシタが、おそらくそれは別人だと思われマス。

ゆえに、もしも当方の名前を出して、迷惑な電話をする輩がおりマシタら、以下の連絡先へ、ご一報下サイませ。
erectrecord★joy.ocn.ne.jp(←★を@に変えて)

この度は、世間をお騒がせしてしまい、誠に申し訳ありマセンでした。m(_)m

(2011年4月8日、午前4時43分現在)

エレクトレコード/Mr.エレクト

「学校教育のススメ」

そもそも、学校教育が良くない。

何故かと言えば、過去に起きた事実(もしくは過去に起きたとされる事実の一部)や、現時点で知られている事柄(もしくは現時点で知らされている事柄のみ)をただただ覚えさせられ、その記憶力なり情報の量を比べ、その点のみで優劣を競うからである。

考えてみて欲しい。調べれば解る事・・・すなわち辞書を引くなり知識のある人に聞くなりすれば事足りる、いわばコンピューターに記憶させておき、後で取り出せば済む様な情報を誰も彼もが、しかも広く浅く覚えるなんて、効率が悪過ぎなのだ。

・・・とは言えもちろん、思考の手順や応用力の基礎となるべき、最低限の学問は必要であろうが。

よって、本当に必要な知識・・・否、知恵とは何であるかと問われれば・・・。

それは、未来を切り拓くための科学の進歩であり、より良い結果をもたらすための技術の開発であり、生活を真の意味で豊かにする生き方を発明する事・・・等ではなかろうか。

しかるに、特に原発推進もしくは原発停止論者の、双方においても垣間見られる事であるが・・・。

あまりにも現時点で認知されている科学、技術、知識に拘り・・・否、囚われ過ぎではないのか?・・・と。

要するに、仮に現時点では原発に頼らなければ電力の需要に応え切れないとしても、事故が起きた際のリスクが大きい、ましてやそれ以前に廃棄物の処理問題さえ解決されていない原発にこれから先も依存しなければいけないかと言えば必ずしもそうではなく、必要があるならそれを変えて行く、すなわち新しい発電方法を開発する事を真っ先に考えるべきではないか?

またその逆に、原発が危険であるならば、それを出来る限り安全に運転出来る様に技術を進歩させて行くと言う発想も必要なのではなかろうか?

それを・・・。

現時点で危険だから、廃止。

現時点で他に有効な発電方法が無いから、これから先も原発に依存。

現時点で需要を満たす電気が作れないから、計画停電。

現時点で避難している被災者は日々の生活もままならない状態なのだから、花見は自粛。

・・・と、現時点での情報や状況に隷従し過ぎではないのか?・・・と。

確かに、出来ない事は仕方ないし、どうあがいても不可能な事もあるだろう。

・・・がしかし、本来あるべき学問の意義とは、現実を理想に近づけるために能力や知識を駆使する事であり、明日の地球のために最大限の叡智を以って問題に対処する事にこそあるのではないだろうか。

もっとも、現在行われている学校教育の本分とは、未来を切り拓くための開拓精神や、個人個人が自立するための独立精神を養う事ではなく、ただただ順応性や適応能力を高め、服従心を植えつけるためにあるのだから、それを望む事自体が無理な注文なのではあるが・・・。

それぞれ立派な大学を出ているくせに、ろくな解決策も打ち出せないどころか、まともに責任を取ろうとする態度さえ見受けられない、政府、東電、原子力保安員、テレビに出てくる御用学者達を見ればそれは明らかであろう。

彼らには、人の上に立つ者の覚悟と言うものが、まったく無い。

それもこれも、学校教育に武士道が取り入れられてないからである。

ゆえに日本人は、原発も、計画停電も、増税も、TPPも・・・。

甘んじて受け入れ・・・。

我慢して耐え忍び・・・。

何度でも乗り越え・・・させられる事だろう。

何度でも・・・そう、何度でも。

そしてその原因は、日本人に学習能力が無い・・・と言うよりは、与えられた知識をより多く覚える従順さこそが優秀だとされる現在の学校教育の有り方にあると言う事に、疑問を差し挟む余地は無い。

こんなもの教育などではなく、飼育の間違いではないのか!?

だがしかし・・・。

春になれば全身の毛を刈られる羊の様に・・・。

生後半年で出荷される豚の様に・・・。

乳が出なくなれば屠られる牛の様に・・・。

ヒトを人間に育てるのではなく、ヒトを家畜に育てるための学校教育は、今日も明日も繰り返されるのである・・・。

滅びの国

以下は、ネット上で見つけた、ヘンリー・キッシンジャーの言葉。
「食料をコントロールする者が人々を支配し、
エネルギーをコントロールする者が国家を支配し、
マネーを支配する者が世界を支配する。」

上記を踏まえ・・・。

今後、政府が東電を管理下に置くって言うけど、遅すぎ!!

・・・て言うか、モラルなき商売を規制するべき政府が買収されて、東電自身によるずさんな管理業務を放ったらかしにしてたんだから、信用なんて出来やしない!!

しかも、マスコミも超大口スポンサーの東電には頭が上がらず、まともな報道する所か隠蔽工作に協力してるんだから、ジャーナリズム精神もへったくれもあったもんじゃねえ!!

やはり、食料やエネルギーに関する事、そして銀行業務(政府が通貨発行券を取り戻す事と信用創造詐欺の停止措置)に関しては、政府が指導監督すると共に、情報を開示して常に国民の厳しい目にもさらしておかなければいけないのではなかろうか。

また、地方議員や国会議員の人数と報酬、更には政党政治も見直さなければならない。

議員数は減らすと特定の企業や団体に買収されやすくなるので、むしろ増やし、一人当たりの給与をとことん下げる。

そして、議会を行う曜日や時間も変動させ、専業議員のみならず、近所の八百屋や会社員、風俗嬢にホスト、スポーツ選手から長距離トラック運転手まで、ありとあらゆる職種、階層、立場の人達が気軽に参加出来るようにするのだ。

もっとも、人数が多いと、確かに議論がまとまらないかも知れない。

・・・がしかし、どうせ最後は多数決で決めるんだし、ましてや政党政治の場合は議論以前に多数決を取る前から結果はほぼ決まってるんだから、それに比べりゃ末端の有権者の一票が手続きの段階を経る度に殺される事なく生かされる訳だから、むしろこちらの方がベストなのだ。

それにしても、金をくすねる事に関しては超有能な人間が権力を握ると、ろくな事にならない。

ましてや、人の上に立つ資質のない人間ほど権力を欲しがりやがる!!

本当に有能な人間とは、奉仕の精神を以って、その上で仕事を完璧に遂行出来る人間ではないのか!?

特に、たまにテレビなど見ていると、日本には三流大学しかないのだな・・・としか私には思えないのである。

・・・とは言え、学校は信頼の置けるリーダーを育てる所ではなく、従順な奴隷や手先の器用なロボットを社会に送り出すための矯正機関なのだから、これは仕方の無い事か・・・。

よって、これからの学校教育には、表面的な日本史や文法研究的な古文ではなく、武士道の精神を教える授業を取り入れなければいけないのではなかろうか。

この先、地図上・・・ではなく、真の意味において、日本が消滅しないためにも・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。