Mr.エレクトの独り言 2012年03月

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

マスコミ教信者

ホントかウソかは知らないが、昔こんな話を聞いた事がある。

裁判官になるための司法試験は、すぐには合格させず、設問に対し何度も繰り返し答え続けていると、知らず知らずのうちに権力者(既得権益者)にとって都合の良い思想を持つ(受け入れる)様になる・・・と。

すなわち、ある方向性を持った思想に忠誠を誓う従順さを身に付けなければ裁判官にはなれない・・・と言うのだ。

・・・とまあ、それは与太話の類であると切り捨てるとしても、最近になって強く感じる事がある。

それは、先の話と同様に、マスコミの流すニュースを追っていると、知らず知らずのうちにある方向性を持った思想を抱く様に仕向けられる・・・と言う事だ。

例えば、それが特に顕著なのは、たかじん(ゴミ売)系のテレビ番組であるが、あれを観てると中国や北朝鮮を敵視させたい事、そして憲法9条を改正したいと言う事が良く解る。

印象操作・・・と言うのだろうか、憲法9条の良い点を述べる事なく、GHQに押し付けられた占領憲法であると言う事を繰り返し発言する事で、それをさも悪いものであると認識させる手法によって。

同様に、戦時中の大本営発表の如く真に受ける事などしていないと自分では考えていても、テレビ、新聞、雑誌、インター・ネット等で日々繰り返したれ流される(ある特定の方向性を隠し持った)マスコミの偏向報道ばかりを追っかけていると、知らず知らずのうちにその術中に嵌ってしまうのである。

要は、マスコミ報道(=大本営発表=権力者の思惑)ばかりを追っかけて、それらに対し真面目に一喜一憂すると言う事は、マスコミが考える事・・・否、考えて欲しい事ばかりを日々刷り込まれ続けると言う事なのであるからして・・・。

例えば、どこかの国の悪いニュースが報道されればその国の評判は下がり、何度かそれを繰り返されるうちにその国の事を嫌いになり敵対視する様になると言う具合に。

知らなければ済む情報、ましてや人工衛星をミサイルであると言い張り、極一部の存在でしかない反日運動をクローズ・アップして取り上げ、更には寝た子を起こすかの如く南京問題を蒸し返し・・・。

もっとも、そもそも報道機関が存在するその目的は戦争を起こさせるプロパガンダのためであると言うのだから、さもありなん。

かと言って、何も見ざる聞かざるのままでは、これまたマスコミ教信者が大多数を占めるこの国においては、時流に流されるか、多数決によって屈服させられるのが関の山。

ゆえに必要とされるのは、反対意見や少数意見にも目を向ける・・・と言う自発的な行為に他ならない。

そしてまた、マスコミ報道に対し受動的に反応させられ続けるのではなく、そもそもその報道自体が正しいのか、更にはそれが事実だとしても、そこに意図的な思想誘導が加えられていないか?と言う事に気をつける必要がある。

「腹が立つ」と感じた時には、「腹が立つと思わされているのではないか?」

「許せない」と感じた時には、「許せないと思わされているのではないか?」

「これこれこうすべきである」と感じた時には、「これこれこうすべきと思わされているのではないか?」

・・・と。

マスコミから投げかけられる問いかけに対し逐一反応し、知らず知らずのうちに権力者(既得権益者)にとって都合の良い思想を持つ(受け入れる)様になり、知らず知らずのうちにある特定の方向性を持った思想を抱く様に仕向けられる・・・と言う事が無い様に。

特に、自分の考えが正しいと感じた時、自分の意見が多数派であると感じた時には、そこで一旦立ち止まり、反対意見や少数意見にも目を向ける事が必要なのではなかろうか。

・・・それでもなお、反対意見や少数意見が存在が許されている状況にある、今のうちに。

マリア観音ライヴ評「2012年3月15日@新大久保アースダム」

先日のマリア観音のライヴに関しては、機材やアンプの性能によって増幅(水増し)された“実力”などではなく、その人間自身が本来持ち得る“迫力”なり“能力”なり“魅力”と言うものを伝える事が出来たのではないかと、手前味噌ながら私は実感しておりマス。

大音量の出るアンプの高性能さをアピールする事だけが、ミュージシャンや舞台表現者の仕事ではないはずデスので。

そしてまた、今回はTwitter上における掟ポルシェ氏による論評が非常に的を得ていると感じた次第ゆえ、ご本人の許可の下、以下に転載させて頂く事にイタシマシタ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

(掟ポルシェ氏談)

マリア観音@アースダム終了。最高だった。狂ってた。怖かった。近寄りがたかった。神々しくて禍々しくて研ぎ澄まされてて、アップデートまでされていた。万人の鼻っ面に金玉をグイグイ押し付けるが如き独善の極みは、今日も芸術の域であった。見といてよかった。

木幡さんのルックスがアースウィンド&ファイヤーと右翼が合体したような、絶対に話しかけちゃいけない身なり。体つきは黒豹の如く殺傷能力を感じさせていた。時計の針を人力でひん曲げたような時代無関係っぷりも見事であった。ちゃんと音楽で人を殺せる風体。

本気と全力しか知らない。手加減という概念がないステージング。バックの演奏も1ミリも気が抜けることなく、箔付けに次ぐ箔付け、間合いに次ぐ間合い。緊張だらけで弛緩なし。客も曲が終わって拍手していいかすらわからない恐い雰囲気。やっぱりこうでなきゃいかん。

(転載終了)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

掟氏も上記文中で「アップデートまでされていた」と発言している通り、楽曲のアレンジや構成等は、しっかりとバンド編成時代の再後期(アルバムで言えば「開き盲目」)からの進化形になっていたと言う事を、私も感じマシタ。

「時計の針を人力でひん曲げたような時代無関係っぷり」・・・これも、まさしくその通り。

ただし、今回は急なメンバー・チェンジによるリハ不足のため、演奏時間も1時間程度となってしまい、音楽的にもキーボード不在の編成であったため、いずれは万全を期す形でリベンジしたいとも考えておりマス。

いずれにせよ、「前例無き(=未だ世間に認知されていない)価値観の提示」を受け入れて下さるどころか喜んで下さった、「前例無き価値観の提示」を良しとする「勇気のある方々」が大勢居るのだと言う事実は、間違いなくバンドのメンバーにも力を与えてくれたものであると、私としても感謝しきりデス。

また今回、私が何故、掟ポルシェ氏の論評を取り上げたかと申しマスに、もちろんそれは最初に述べた通り、その指摘内容が的確であったと感じたからでありマスが、その信用の根拠となっているのは、彼自身による自らの立ち位置に対する実直な姿勢にあると私は考えマス。

要するに、掟ポルシェ氏は彼自身のその凡庸(=真っ当)さを直視し認識した上で、自分をむやみやたらと高く見せようともしない代わり殊更卑下する事もせず、その様に何ら特別な存在などではない自分自身を強烈に自覚しているがために自らの立ち位置(=座標軸)も常に安定しており、それゆえに彼が「何それがどこそこにある」と述べた場合、多くの人がその位置関係からその対象物が如何なる意味合いを持ったものであるのかを正確に把握する事も可能となる訳なのデス。

そしてなおかつ、そんなノーマルな自分自身を素直に受け入れているからこそ、斜に構えたものの見方をする事もなく、自身が考える「特別な存在」に対し、彼は素直に敬意を抱く事も出来るのでありましょう。

・・・もっとも、その立ち位置こそは凡庸であったとしても、彼自身が自ら好きであると認めた対象物に注ぐ愛情は人並以上・・・否、異常なまでに深いがゆえに、悪く言えば素人の延長線上にあるとも言えるその芸風にも関わらず、彼はプロフェッショナルな世界で飯を食べ続ける事が出来ているのであろうとも、私は考えマス。

「服は着ていなければ脱げない。」

おそらく、そんな当たり前な事を、彼は身をもって証明しようとしているのではないでしょうか?・・・多分。(^^;)

何にせよ、真っ当な人間、もしくは真っ当なものの見方の出来る人間であれば、好き嫌いの違いこそあれど、マリア観音の様な真っ当な表現者の在り方、そしてその良し悪しを素直に評価して頂けるのではないか・・・とも。

よって、もしも次の機会が実現出来マシタならば、是非とも「前例無き価値観の提示を良しとする勇気のある方々」のお越しを、当方、こころよりお待ちする次第でありマス。m(_)m

氷河期到来

現在、借金返済のため鬼合宿中。(TT)

一昨日、同業者サンと外でバッタリ会ったんだけど、何と「今からバイト行くんスよ」・・・トノ事。

「レコード・マップ」も、次に出るのが最終号になるって話だし・・・。

中古レコード業界にとっては厳しい時代となりマシタ。(:;)

死神 第3回単独公演(ワンマン) 「奇の膿みたる壷」支援告知

■私は、自己闘争を続ける“途上の人”を応援イタシマス。・・・と言う事で、以下転載させて頂きマシタ。

////////////////////////////////////////////////////////////

見ると死にます

3月25日(日・昼)
新宿ジャム

死神 第3回単独公演(ワンマン)
「奇の膿みたる壷」

開場12:00
開演12:30
(終演14:15予定)

前売券無料*1+飲物代500円
当日券 1500円+飲物代500円

ギター弾き語り、太鼓叩き語りの2部構成

~数奇、奇妙、怪奇、奇異、奇跡、
ありとある奇は不吉だ。
割り切れない怖さがある。
偶にはない冷たさがある。
何か嫌な空気が漂っている。~

ご予約はこちら

ご予約なしでもチラシ持参で前売券扱い可

全額返金保証あり*2

情報配信(メルマガ)登録特典あり*3)

////////////////////////////////////////////////////////////

*1 終演後ご納得頂いた方のみ
カンパ=投げ銭をお願いします。
金銭、物どちらも可です。  

*2 公演内容にご納得頂けなかった
場合には、前売券、当日券問わず
飲み物代を含めた全額をご返金致
します。

*3 情報配信(メルマガ)にご登録
頂いた方には、未発表曲音源1曲
を無料配信致します。

<追記アリ>マリア観音DVD「ライヴ1995」発売記念公演、無事に終了イタシマシタ!!

本日は疲れてヘトヘトなので、とりあえず簡単なご報告のみ・・・。

マリア観音DVD「ライヴ1995」発売記念公演、無事に終了イタシマシタ!!

昨夜の動員数は、(ご招待者含めず)72名様デシタ!!

ご来場頂いた皆様、そしてDVDやTシャツを購入して下さった方々、誠にありがとうゴザイマシタ!!

今回共演して下さった例のKのメンバー及びスタッフの方々、そして中でも特に、当日の準備であれこれ忙しく余裕がないであろう私を気遣い、会場で流すSE用の音源を選曲・用意してくれた同バンドの狩野氏に対しても、感謝の気持ちでいっぱいデス。

そして、当方からの面倒な要望をあれこれ受け入れて下さった新大久保アースダムのスタッフの皆様方、ありがとうゴザイマシタ!!&お疲れ様デシタ!!

また、DVD作成に関しては、(これまで作ったCDはたいてい誰かに制作してもらっていたため)すべてが初めての経験であるがゆえに解らない事だらけの私の無茶振りとも言える無理な要求にも根気良く対応して下さった、ジャケット制作担当の吉澤氏及び映像編集担当の久保氏に対しても、こころより御礼申し上げマス!!

Tシャツ製造に当たり、シルク・スクリーン印刷用の道具一式を貸してくれたM氏も、ありがとう!!

マリア観音のメンバーの皆様も、厳しいリハーサルを耐え抜いて無事にライヴを遂行させて頂き、本当にお疲れ様デシタ!!

その他、今回のライヴ開催に当たっての告知フライヤーの配布のお願いを快く引き受けて下さったライヴ・ハウス及びCDショップの皆様方、ご協力頂き誠にありがとうゴザイマシタ!!

更に更に、今回のライヴ開催及びDVD発売告知を、自主的にtwitter等でして頂いた方々も、ありがとうゴザイマシタ!!

無事にライヴを終了する事が出来たのは、本当に皆様のお陰デス。(TT)/

詳しいレポートや後日談は、またいずれ・・・。

m(_)m

2012年3月16日/エレクトレコード代表:Mr.エレクト

<追記>
当日、4カメにて映像撮影して下さった長尾氏、写真撮影にて参戦して下さった菊池氏も、本当にお疲れ様デシタ!!

仕事の都合、もしくは遠方ゆえにどうしてもお越しになれなかった方々も、そのお気持ち、誠にありがとうゴザイマシタ!!


<更に追記>
雨も降らないでいてくれて、お天道様、ありがとう!!(^^)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------

<ライヴ告知>

マリア観音の平野勇(Ds)が現在メインでやっているバンド~VLADIVOSTOK-POWDER-GENOCIDEや、DVDのネット予約販売を請け負って下さったいぬん堂氏及び同DVDの映像編集を担当して下さった久保偽札犯氏が在籍するビル、その他の出演するライヴが、明日行なわれマス!!

いぬ屋敷1年半ぶりに開催!
★3/17(土)新宿URGA「いぬ屋敷 ヒミツの間」
http://www.urga.net/
出演:ヒミツノコウドウ(香川)、犬彦、VIVIAN BOYS、ツージーズ、ビル、VLADIVOSTOK-POWDER-GENOCIDE

開場18:00/開演18:30 前売&当日¥2000(ドリンク別)
いぬん堂 TICKET 予約フォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=455491

2012年3月15日マリア観音DVD「ライヴ1995」発売記念公演告知動画

2012年3月15日マリア観音DVD「ライヴ1995」発売記念公演告知動画

http://youtu.be/U35069WAnG4

■DVD「ライヴ1995」発売記念公演~約10年振りにバンド編成でライヴ開催!!
2012年3月15日(木)@新大久保アースダム
フライヤー現在
出演:マリア観音(木幡東介:Vo、広本晋:G、清水玲:B、平野勇:Ds)
img137.jpg
開場:19:30/開演20:00
前売:3000円/当日:3500円(いずれも+1ドリンク)

共演:例のK
reino-K2012.jpg

主催:エレクトレコード

<前売チケット販売>
EARTHDOM 店頭
NAT RECORDS 店頭

★皆様のご来場、こころよりお待ちしておりマス。m(_)m

<予約受付中!!>マリア観音「ライヴ1995」DVD~初回特典CD-R付2枚組仕様版

■マリア観音「ライヴ1995」(EDV-001)~DVD¥3000(税抜)
DVDジャケ見本

1987年結成。1994年、アルバム「義眼」レコーディング終了後、再び四人編成となる。
本作は、1996年初頭に発表されたバンドの代表作とも呼べるアルバム「犬死に」レコーディ
ング・メンバーによる、1995年度に行なわれたライヴ・パフォーマンスの集大成的映像作品。
どこまでも激しく、あくまでも美しい、“酷使の美学”が此処に在る。

■収録曲目
1.漆黒界
2.二つ目小僧
3.蠍に貰った拳
4.木の葉やもり
5.淀みの部屋
6.静かな夜
7.羽衣蝶の詩
8.地獄に堕とす
9.青天白日
10.犬死に
11.病床
収録時間:約120分

■撮影日時@場所
19950223@渋谷La.mama (4.5.6.11.)※2カメ編集版
19950418@吉祥寺MANDA-LA2   (2.3.)
19950823@吉祥寺MANDA-LA2   (7.8.)
19951021@渋谷La.mama    (1.9.10.)

■マリア観音(第6期)
木幡東介 (Vo,Gt,Tp,Ds,etc)
宮脇慎吾 (B)
小森雅彰 (Key,Cho)
平野勇  (Ds,Vo)

映像編集:久保偽札犯
ジャケット制作:吉澤裕史
監修:エレクトレコード

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

★初回特典CD-R付2枚組仕様版★予約受付中!!
特典盤面


■収録曲目
1.静かな夜
2.地獄に堕とす
3.木の葉やもり
(1994年9月24日録音。第6期メンバー演奏によるスタジオ・リハーサル・デモ音源。)
4.髑髏
5.蠍に貰った拳
(同時期にレコーディングされた、木幡東介アコースティック・ギター弾き語りソロ音源。)
収録時間:約35分

※確実に入手されたい方は事前に予約購入される事をお薦めイタシマス。

商品の受け渡しはライヴ当日・会場にて、通販の場合はライヴ終了後の発送となりマス。(普通郵便送料無料)

なお、予約販売はキャンセル不可につき事前のお支払いをお願いしておりマス。

ご注文及びお問い合わせは以下アドレスまで、ヨロシクお願いイタシマス。(締め切り3月12日頃)

erectrecord★joy.ocn.ne.jp(←★を@に変えて)

★いぬん堂ネット・ショップでも通販予約受付中!!
マリア観音(ま行)
http://inundow.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=42292&csid=10

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

★バンドTシャツの予約販売も受付中デス!!
http://erect.blog5.fc2.com/blog-entry-2137.html

<予約販売のお知らせ>マリア観音Tシャツ3種発売!!

3月15日当日はライヴ会場において、マリア観音のバンドTシャツを発売予定!!

以下、3種の商品イメージ図となりマス。(クリックで拡大可能)

デザイン1:日の丸(インク・ジェット印刷)→シルク・スクリーンに変更
日の丸Tシャツ日の丸新ロゴ








デザイン2:新ロゴ(シルク・スクリーン)
新ロゴTシャツ新ロゴTデザイン








デザイン3:日本狼(シルク・スクリーン)
日本狼Tシャツピンク狼完成予想図








-------------------------------------------------------------------------------------------------------

<予約販売のお知らせ>

価格:各3000円

Tシャツは綿100%、洗濯後の型崩れがしにくく永く着られる6,2オンスのものを使用。(各画像は商品イメージにつき、完成品とは若干異なる場合もありマス。)

Tシャツの基本色は黒デスが、他のカラーも可能デス。ただし、1は赤系以外、2と3は白&ピンク系以外の色でないと、デザインが生かされマセン。

いずれのデザインも極少数ロットのみ、サイズはM・Lをメインに製作を予定しておりマスので、確実にご希望のデザイン/サイズを入手されたい方、及びM・L以外のサイズをご希望される場合は、事前に予約購入される事をお薦めイタシマス。
サイズ表







商品の受け渡しはライヴ当日・会場にて、通販の場合はライヴ終了後の発送となりマス。(普通郵便送料無料)

なお、予約販売はキャンセル不可につき事前のお支払いをお願いしておりマス。

ご注文及びお問い合わせは以下アドレスまで、ヨロシクお願いイタシマス。(締め切り3月1日)

erectrecord★joy.ocn.ne.jp(←★を@に変えて)

ザ・ドキュメント「DIY精神」!!

西新宿の雑居ビル街にて、謎のTシャツ工場を発見!!

P1010001_20120315031030.jpg

実を言うと、今回販売するマリア観音のバンドTシャツは、日の丸Tシャツのみ業者に発注し、新ロゴTシャツと日本狼Tシャツは手刷りにする事にしたのデシタ!!

日の丸Tシャツ
新ロゴTシャツ
日本狼Tシャツ

いや~!!それにしても、シルク・スクリーン印刷を自分でやろうとすると大変なんだね~!!更には、二色刷りのデザインなんかにしちゃったもんだから、作業工程が二倍かかってしまうと言う・・・。(--;)

P1010003_20120315031059.jpg

・・・とは言え、一昨日の夜、道具一式を貸してくれる友人宅で色々細かく教わったお陰で、まあまあ失敗も少なくて済みマシタ。(^^;)

だけど、シルク・スクリーンの版って3枚刷ったら目詰まりしちゃうんで、いちいち洗って乾かさなきゃならなくて、結局、印刷作業は昨日の昼過ぎから陽が暮れるまでかかりマシタよ。

いや~!!こんなんだったら仕事して金作る方が早かったかしら・・・。(TT)

うんにゃ!!何でも人の手を借りるのは良くない!!・・・と私は負け惜しみをつぶやきつつ、DIY精神で頑張り抜きマシタ!!

P1010004_20120315031122.jpg

そして、しばらく休憩した後、深夜に作業を再開。

つい今しがた、プリントを定着させるために行なう、呪いを込め・・・じゃなくて愛情を込めたアイロンがけを完了した所デス!!

見渡せば、ハキハキした子も居れば、影の薄い子も居たり、ひねくれた子も居たり・・・と、色々ではありマスが、やっぱ自分の手で作ったTシャツは可愛いもんデスな。

売るのやめようかな。(:;)

・・・って、んなアホな!!

あと、日本狼のMサイズのうち1着のみ、ちょっとフロントの文字がイマイチだったから、オマケで背中に新ロゴをしょわせときマシタよ!!

P1010002_20120315031201.jpg
P1010003_20120315031221.jpg

綺麗な子から売れちゃうと思うので、明日はお早めにお越しの上、実際に手に取ってお選び下サイませ~!!(^^)/

皆様のご来場、及びお買い上げ、こころよりお待ちしておりマス。m(_)m

マリア観音DVD「ライヴ1995」完成!!

昨日、パーツがすべて届きマシタ!!後はケースを買ってきてセッティングするのみとなっておりマス!!

色々と反省すべき点、悔いが残った点、改善すべき点も多々ありマスが、それは今後の宿題と言う事で・・・。(--;)

P1010001_20120314082657.jpg

P1010002_20120314082800.jpg

本日は丸一日、Tシャツのプリント作業に追われそうデス。(^^;)

ではでは当日、会場でお待ちしておりマス。m(_)m

「“歯医者”復活戦」

ぐえ~ん!!(TT)

インフルエンザが治ったと思ったら、今度は歯が痛くなってきて、また歯医者に通院する羽目になりマシタ。

前回は、元々ぐらぐらだった歯が崩壊し、その神経の根っこが炎症を起こしてたんだけど、今回は、大昔に差し歯にした別の歯の神経の根っこが炎症を起こしたみたいデス。

しかも、これって本当に痛くて、寝る事も出来なけりゃ仕事も出来ないんで、ただただ横になってうんうん唸るしかないんだよね~。

まったくもう・・・この大事な時期に・・・。

・・・とは言え、ライヴに向けての色々な作業は、とても順調とは言えないけれど、着々と進んでおりマス。

・・・つっても、予算も期間もぎりぎりな上に、張り切って色々やる事増やしちゃったもんで、あれこれてんやわんや状態デスよ。

資金繰りのため、2回に渡って某チェーン店にレコード売りに行ったりもして・・・。

まあでも、これ以上トラブルが起きなければ、何とか間に合いそうデス。


それでは皆様、3月15日@アースダムでお待ちしておりマス!!(^^)/


こちらもある意味、「敗者復活戦」って事になるのかな?(^^;)