Mr.エレクトの独り言 2012年04月07日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

「売国奴・小泉構造改革の真実」

まずは、コイズミはコイズミでも民主党の小泉俊昭議員による、小泉(純一郎)元総理と竹中平蔵が行なった構造改革に対する検証・糾弾動画をご覧下サイませ。

-----------------------------------------------------------

■1/2 「小泉・竹中政策で死屍累々」- 小泉俊明議員、国会で弾劾!

http://youtu.be/ugmZ83eJjBk

■2/2 「小泉・竹中政策で死屍累々」- 小泉俊明議員、国会で弾劾!

http://youtu.be/F7ch9Gb1W7g

<結果>
国民一人当たりのGDPは先進諸国で3位から18位に後退→税収は減少し国債発行額だけが増大→自殺者は9年間で29万人→倒産数は9年間で14万件→倒産(←破産の言い間違い)がここ8年で155万件→犯罪数も平成14年に285万件→平成13年からの8年間で1900万件→生活保護世帯も平成12年の75万件から9年で1,5倍の115万世帯→働く国民の3分の1、1700万人もの特に若い人達が明日をも知れぬ契約社員となる→実収入、可処分所得も減少を続ける→小泉改革は日本経済~特に地方経済の衰退と中小企業の疲弊と犯罪の増加と国民生活の破壊を招いた。

<原因>
小泉総理就任時に約14000あった平均株価が二年後には約半分の7607円に→不良債権の強制的処理と言う名の下に銀行の貸し渋りと貸し剥しを行なう→実体経済の血液である金融が止まる→株と土地の暴落→時価会計と減損会計の強制的な導入(資産価値評価の見直し=評価下げ)→ますます株価暴落→銀行と企業の株式(相互)保有の禁止→大量の株式が市場に放出され株価大暴落→小泉と竹中がわざとこれ(株価暴落)を行なったのではないか?

更に・・・小泉による為替介入→2年間で35兆円の米国債購入(=米国への仕送り)→3年間で16兆円、外国人によって日本の株式がバカ安値で買われる→一部上場企業のうち、第1位の東京スター銀行が83%~10位のオリックスが66%~ソニーが26位で52%~100位でも35パーセント外国人が保有→日本企業の所有権・支配権が外資に移る→巨額な利益配当が無税で外国に流れる→ルノーの全世界の利益の約50%がニッサンの利益配当で賄われている→外国人が日本の企業の所有者となった結果→経常経費を削りたい→終身雇用制の破壊と人材派遣の規制緩和→後期高齢者医療制度(外国人の利益を護るために製薬薬価を維持~それが高齢者にしわ寄せ)。

<まとめ>
小泉構造改革の真実とは、金の玉子を産むニワトリである民間企業の所有権をバカ安値で外国人に売り渡した(それも元は日本のお金で)。

郵政民営化は350兆円ものゆうちょ・かんぽ資金をアメリカの財布にするのがその本質。

-----------------------------------------------------------

そして、その植民地政策の総仕上げがTPPって事でしょうか。

グローバリズムだ自由化だと言うけど、その実態は既得権益者がもっと自由に好き勝手に金儲けと搾取の出来る状況を作りたいってだけの話。

そんなに自由化自由化って言うなら、クジラも獲り放題の食べ放題したって良いって事?

私達国民の政治への無関心さ、そしてそれを他人任せにしてきた結果が、見るも無惨なこの現状・・・。

これじゃ、「騙される方が悪い」(=「自己責任だ!!」)なんて詭弁を吐かれても、何も言い返せないデスよね。

まずは、現状を知り、理解しなければ・・・。

よって、変らなければいけないのは、自分も含め、やはり私達自身だって事なのでしょう。