Mr.エレクトの独り言 2012年04月23日

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

「廃盤バカ一代」(一部訂正済)

先日、山崎照朝氏の事なんか調べちゃったせいで、昨日は仕事しながらYouTubeでアニメの「空手バカ一代」をずっと観ておりマシタ。(途中までしかアップされてなかったけど・・・。)

それで、その流れから大山倍達館長が関西ローカルのTV番組に出演してる映像なんかも観たんだけど、様々な質問に対して必要以上に赤裸々に答える館長が、若い頃の自身の気持ちを指して、「私以上に強い人間が居る事は許せなかった」・・・とおっしゃっていた。

実は、かく言う私もそれと似た様な事を考えていた時期があったのだが、それは、「(日本人のレコードで)自分がそれまで見た事ないものは許せない」・・・と言うものである。

・・・とは言えもちろん、私など館長の足元どころか地下13階にも及ばないレベルでしかないのだが・・・。

要するに、何が言いたいかと言えば、今は店内に缶詰になって徹夜で仕事漬けとなっている私ではあるが、当時は未発掘なレコードを発見するために一枚でも多くのレコードに触れようと、他の娯楽には脇目も振らず、日々あちこちの店を巡る事に時間と労力を異常に費やしていたと言う事なのである。

(しかるに、その頃はかなり頑張ってた気にこそなってた私であったが、未だにヤフオクなんかでは、それまで存在を知らなかったレコードを見させられる事も多いのだから、まだまだ全然修行が足りなかった様だ。)

もっとも、私に限らず、私の先輩に当たる人達やライバル諸氏、中でも特に、その後に趣味が高じてマニア向けの中古レコード屋を開業する様な人達は、定職に就かずフリーター生活を選ぶ事で、中古レコード屋廻りの出来る時間を自らで作り出しているのが当然であった。

そして私もまた、当初は好きなライヴを観に行くために勤務日に融通の利くコンビニの深夜のバイトをやりながら、’90年前後からは中古レコード屋で行なわれる廃盤セールなどにも朝早くから並ぶ事になるのであるが・・・。

当時・・・すなわち今の様にネット・オークションもなく廃盤レコードがバブルだった頃は、事前に人気商品が売りに出されると予告されているセール、もしくは貴重なレコードが格安で放出されるセールなどには、早朝どころか前日から徹夜する人も多く居たものであった。

何故なら、希少なアイテムは一点ものであったり数が限られているため、目当ての商品をゲット出来るのは早い者勝ちであり、強いて言えばどの餌箱に飛び込むかによって多少は運にも左右されはするものの、それにせよ基本的には先に並んでいる順に選択権があるゆえ、出来るだけ早く行って前の方に並ぶに越した事はないのである。

何せ、廃盤セールが大盛況であった頃は、ギャラを支払って代理のバイトを並ばせようとする輩まで出てくる程であったのだ。(--;)

・・・と、そんなブームの最中、洋楽専門店ゆえ私には無関係であったが、某中古レコード屋における廃盤セールで、驚くべき事態が起きた。

何と、「就職せずフリーターなんぞやってる人間は徹夜もしくは早朝から並べるから良いけど、自分達(就職してる人間)は朝早くから並べないから不公平だ」・・・と文句を言い出す人が居たらしいのである。

しかも、「自由な時間がある人は良いけど、これじゃあそのレコードを本当に好きな人が買えない」・・・とまで。

そこで、店側としてはその一部の人達の気持ちを汲んで、「早く並んだ順」をやめて「定時に抽選して並ぶ順番を決める」事にしたのだとか・・・。

廃盤セールにおけるレコードの販売方法に関しては、その店に決定権があるゆえ、それ自体に関して文句を言うつもりはさらさらないが・・・。

その話を聞いて、私は本当に驚いたのだ。

ええ!?徴兵制か何かでお国のために戦場にでも送られているのであればともかく、徹夜なり早朝から並べない理由は、その人自身が望んでその会社に就職したからなんじゃないの?

それに、そもそも徹夜したり早朝から並んでる人は、好きなレコードを買うために「会社に就職する事で得られる安定した収入や生活」を放棄して、何ら保障の無いフリーター生活をしている訳であって・・・。

そんな、「レコードのために自分の人生を犠牲にしている人」に比べて、「レコード以外のものを後生大事にかかえたままの人」の方が「レコードを本当に好きな人」であるはずなんか絶対に無いじゃない。

そう言えば、コンビニのバイトにも居たな・・・。

「自分は昼間学校行ってるからちゃんと仕事が出来なくても仕方ない」・・・なんて言う奴が。

ええ~!?コンビニでの仕事の一環として学校に行かされてるのであればともかく、それは君が自分(もしくは君の親)の意志で、君自身の将来のために勝手に行ってるだけじゃない?

それを何で、コンビニでの深夜バイトをきちんとこなすために遊びたいのを我慢して昼間に睡眠の時間を割いているボクが、君の分まで仕事を負担しなきゃなんない訳?

・・・みたいな・・・ネ。

再びレコードの話に戻るが、否、レコードに限らず・・・。

「好き」って何よ?

ましてや、「本当に好き」ってどう言う事よ?

あれもこれも欲しいのは解るし、あれもこれも手に入れようとする事自体はその人の勝手だけど・・・。

「好きだ好きだ」と言う割には、何も削らないし、何もつぎ込まないし、何も注がないし、何も捧げないよね?

もう一度聞くけどさ・・・。

あんたの言う、「好き」って何!?

それを、私は問いたい。