Mr.エレクトの独り言 2012年05月

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Bollocks」にマリア観音掲載!!

ご報告が遅れマシタが、現在発売中のPUNK ROCK ISSUE「Bollocks」No.002(2012年6月号)に、先日、新大久保アースダムにて行なわれたマリア観音のライヴ写真が、モノクロ2ページに渡って掲載されておりマス!!(撮影:菊池茂夫)
P1010001_20120531080756.jpg
ご興味のある方は、是非お買い求め下サイませ!!(^^)/

全国書店、CDショップ等で販売中デス!!(詳しくは、以下WEB SITEにて。)
■PUNK ROCK ISSUE Bollocks
http://www.bollocks-mag.com/
スポンサーサイト

「タンメン問題の本質」

件のタンメン問題であるが、私が常時巡回している各種サイトの意見を総合的に分析するに、マス・メディアでは報道されない(しない)事実が色々とある様だ。

まずは、自民党の某バ○ア議員が個人情報である生保受給者とその家族を名指しで批判した事。

そして、問題の本質は外国人に生活保護を支給していたと言う事。

更には、そもそもそれを積極的に行なって来たのは、行政府と自民党であると言う事。

よって、吊るし上げられるべきなのは、生保の不正受給者である事はもちろん、生保の不正支給者にもその批判が向けられるべきであると言う事であろうか。

記者会見にて大根役者っぷりを大いに発揮した芸人が本当に反省しているかどうかなんて、この際どうでも良い話なのである。

また、一つの意見として、これは「盗聴による身上調査を法制化するため」と言うものがあったが、そう言えば、動画サイトで数日遅れで観た先週の「TVタックル」(←たかじん系番組に次ぐ誤誘導ガス抜き番組)に元警察官僚の平沢勝栄議員(安倍元総理の小学生時代の家庭教師)が出演しており、「盗聴による捜査の正当性」をしきりに訴えてたっけか。

それにしても・・・。

手前ら(=公務員)がちゃんと仕事しない事が原因で、こんな不祥事(=生保の不正支給)が起きたってのに、それを無くすために、ますます私達のプライバシーが奪われるとは、一体どう言う事なのか!!

もちろん、不正受給者が断罪されるのは当然であるとして・・・。

それを言うなら、不透明な特別会計の廃止と、癒着のデパートである官僚の天下り禁止を先にしやがれってんだ!!

それに、むむ・・・wikipediaで調べるに、先に述べた通り平沢勝栄議員は元警察官僚で、自民党の某バ○ア議員(=K山さつき)は元大蔵(財務)官僚だと?

ふむふむほうほう・・・そう言う事ね。

ところで、現在進行中なのは、言わば日本を欧米型格差社会にする事であると言われている。

さてそこで、上に記した一連の情報を踏まえた上での、私なりの考えを述べておこう。

そもそも、真の黒幕を初めとした現在勝ち組と言われている人間達の殆どは、必ずしも本当に能力があって人々から尊敬されている訳でもなければ、何か特別な魅力があって人々から憧れられている訳でもなければ、人並み外れた技術によって人々から重宝がられていると言う訳では全然なく・・・。

ただただ、親族なり派閥から引き継いだ既得権益や、歪な階級構造によって格付けられた権威によって、その地位や権力を獲得しているに過ぎないのである。

・・・となると、そんな彼ら、砂上の楼閣に仮住まいを持つ裸の王様どもが怖れる事は何であるかと考えるに・・・。

一つには自分達の真の姿なり正体が人々に知られてしまう事であり、更には、貧困層の不満や怒りが直接自分達に向かう事であろう。

ゆえに、日本において更なる格差社会化を今後も推し進めようとするのであれば、反社会(反権力)分子の洗い出しや、その監視・管理がこれまで以上に必要となってくると言う訳なのだ。

そこで、そう・・・彼らお得意のマッチ・ポンプ作戦(=自作自演)が、ここでお目見えする訳である。

今回のタンメン問題にせよ、マス・メディアが本来為すべき事は、外国人の不正受給もそうであるが、行政府の役人の職務怠慢による不正支給をも叩くべきであるにも関わらず・・・。

結果的には、私達のプライバシーが根こそぎ奪われ、その首がどんどん絞められて行くだけなのである。

だから、私達は芸人叩きに夢中になって溜飲を下げるのではなく、無能な役人叩きをこそすべきなのであり・・・。

生保不正受給の外国人叩きをする前に、そう言った構造(=国内における人種間紛争)を意図的に作り出す事によって国民の怒りの矛先を自分達に向けさせない様に画策して来た、真の元凶(=行政府や自民党及びマス・メディア)を断罪しない事には、いつまで経ってもこんな状況が続くばかり・・・。

否、ますます悪化の一歩を辿るのみであろう。


言うなれば、「官栄えて国滅ぶ」ではないが・・・。

これは、“官吏”栄える“監視”社会の幕開け・・・と言った所だろうか。(--;)

「分類シリーズ」

人間の種類を大きく二つに分けると・・・。

「どうすればもっと寝る時間を増やせるか」って事を考える人間と・・・。

「どうすればもっと寝る時間を減らせるか」って事を考える人間の・・・。

およそ二種類に、大別出来るであろう。

「推理」(←あくまでも独り言なんで、読んでもあんま意味無いデスよ。)

店の入口の外に、捨てるには忍びないが単品で販売するのも難しい安価な品を入れた段ボール箱を何個か置いてあるのだが・・・。

さっき、ちょっと出かけた隙に、一箱盗まれてしまった。

う~む・・・またしてもKのオッサンの仕業か?

・・・しかし、そうだとすれば、まだ陽のあるうちにこのビルから箱を持ち出せば、かなり目立ってしまうと思うのだが。

・・・と言うか、何でちょっと出かけて留守にしてたのが解ったんだろうか?

もし仮に忘れ物でもして、すぐに店に戻ろうとしたなら、犯人と鉢合わせする事も充分有り得るのに・・・。

衝動的な犯行か、あるいは計画的な犯行か・・・。

いずれにせよ、そんなに遠くに住む人間の仕業ではなさそうだ。

私が自転車で出かけるのを、ビルの近くで目撃していた可能性も高いし・・・。

あと、段ボール箱をこのビルから持ち出しても、あまり怪しまれない風体である事も重要だ。

例えば、職業的には、常に大きな荷物を運ぶ仕事をしている人であるとか・・・。

ん・・・?

そう考えると、以前に同様の事があった時にも、その数時間前に同じ出来事があったよな~。

もしかすると、あ・い・つ・か?

「タンメン」(追記アリ)

最近超多忙ゆえ、ほんの少しだけ。

昔は、親が芸能人だって事がばれたら学校で虐められたものだけど・・・。

最近は、親が生活保護受給者だって事がばれたら虐められるんだな。

「お前に支給する生活保護はねえ!!」(←変顔&ポーズ付で)

・・・ってか?

<○Xクイズ>

不正受給←○

不正支給←○

芸人の不祥事←X

役人の不祥事←○

続「和風総本家」

今日も、仕事しながら「和風総本家」の過去放送分を観ておりマス。(^^)

いや~!!実に良い番組デスよ、これ!!

しかし、この番組観てると、今の世の中が如何に“本当に能力のある人”を虐げてるかが良く解りマスね。(@@)/

ところで、豆助はもう八代目で、単独番組も持ってるみたいデスな~。

そんじゃ今日も、豆助動画で締めちゃうか!!

み~んなの目線を、いただきまめすけ~!!(*^。^*)/

■「和風総本家 」八代目豆助③/Japanese Shiba Inu

http://youtu.be/hL92lbR9lzM

「“世襲”の楼閣」

以前にも述べた通り、PC画面の左右に二つのブラウザを開き、右のブラウザで動画を観ながら仕事をするのが私の日常なのでありマスが、昨日また一つ、面白い番組を発見しちゃいマシタ!!

それは「和風総本家」って番組で、wikiで調べた所、テレビ大阪制作の番組みたいね。

それで、ここ数回は日本各地の色々な職人を特集してて、それも世間で知られる表舞台の派手な人達だけではなく、裏方だったり下請けだったりと言った、日本における経済活動やものづくりの文化を下支えしている人達にスポットを当ててるんデスよ。

私はこう言った、匠の技と言うか職人と呼ばれる人達の生き方やものの考え方がとても好きなのデスが、自分の父も表具店を経営する職人だったから、やっぱ血は争えないって所なんでしょうかね。

・・・とは言え、長男であるにも関わらず家業を弟に継がせた私に、そんな偉そうな事言う資格なんかないんデスが・・・。(^^;)

何せ、もし仮に精神がいくら職人気質でも、手先が超不器用じゃあ何の役にも立たないからね。

まあそんな調子だから、そこにはやっぱ“憧れ”と言うか“敬意”ってもんがある訳デスよ。

よって、いくらその人が有名でも、いくらその人が偉くても、いくらその人がお金を持ってても、それが尊敬の対象になんかならないって訳。

ましてや、自分では何も生み出さなければ分け与えもせず、人々の成果を奪い独占しようとするだけの人間には、軽蔑以外にくれてやるものは何もないって事。

そもそも、弱肉強食なんて言う詭弁を吐くけど、今の世の中は強い者=本当に能力のある者が尊敬の対象になってる訳じゃないからね。

ただただ、過去から引き継がれた身分、すなわち“極一部の家系や集団の繁栄のためだけに、能力のない者も世襲を可能とするその構造”によってその地位を保ってるに過ぎないんだから。

ゆえに、そんな“砂上の楼閣”は、人々に知恵(=知識を正しい方向性に使う能力)がつけば、簡単に崩れ去ってしまうって事。

だけど・・・否、だからこそ、能力(=支配を正当化する原資)もないくせに、いつまでも威張っていたい人達にとっては、支配される人々が無知であった方が都合が良いって訳。

だから、現行の学校教育では、人と同じ事をより多く記憶出来る者やあらかじめ決められたルールの下での競争で成果を上げた者のみを褒め称え、その人自身が独自に開発した特殊な能力を育てる事をしないのはおろか、そんなものには何ら価値はない(=実質的な能力はない)と信じ込ませる事を、その最大の目標としているのだ。

そして、そう言った、あくまでも“権威に従順”である事を最低条件とした競争結果の良い者に管理者としての権力と報酬を与える事によって、尊敬の対象をその人が持つ真の能力ではなく、“高い身分や地位を獲得する事”であると思い込ませる事に成功しているのが、現在の似非弱肉強食的階級社会(詐欺搾取システム)だと言う事。

考えてみれば、おかしな話でしょ?

だってそれって、力のある者(=高い身分の人間)に頭を下げれば下げる程、力(=高い身分)を与えられるって事なんだから。

つまり、「世のため人(他人)のため」じゃなく、「与(権力者)のため自分のため」だけに自らの時間と労力を割いた人の方が偉い(=出世する)って訳。

また、学校教育や意図的に流布された風潮による洗脳によって、本当の意味での能力ではなく、“極一部の家系や集団の繁栄のためだけに、能力のない者も世襲を可能とするその構造”の下でしか通用しない身分や地位に憧れたり、盲目的に頭を下げる人間が大多数を占めるとなれば、もはや絶望するしか道はない。

しかるに、口には出せないだけで、「何かがおかしい」と考える人もまた、多いはず。

何故なら、人間には本能があり、「強い者への憧れ」と言う性質が必ずあるからだ。

そしてその様な人達が、“極一部の家系や集団の繁栄のためだけに、能力のない者も世襲を可能とするその構造”によってのみその権力を維持し続ける“少数の弱者”の正体に気が付いたならば・・・。

現在行なわれている、人々の無知に付け込んだ、詐欺支配構造(=怠け者による搾取強奪システム)など通用しなくなる。

それゆえに、無知を脱却する事、そして人間が持つ真の能力の価値なり魅力を伝え続ける事を、私達はあきらめる訳にはいかないのだ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

★以下は、「和風総本家」のマスコットである子犬の豆助の動画。

うっふん!!超かあいい~!!(*^。^*)

■「和風総本家 豆助っていいな。」七代目豆助①/Japanese Shiba Inu

http://youtu.be/r51nht0DRZ4

「パラノイアのパラダイス」

★以下は極めて不謹慎な内容となっておりマスので、自分の感情が不快になる事に耐えられない方はお読みにならない事をお薦めイタシマス。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

居眠り暴走事故の観光バス運転手、元気でピンピンなまま逮捕されたみたいデスが、それなら、バス会社をクビになってもカー・スタントで食って行けマスね。(^^)

思えば、秋葉原のカトー君も白いスーツに返り血一つ浴びてなかったから、傭兵か暗殺者にでもなれば、良い仕事しそうだし。

さかきばら君もね、前日には誰にも見つからなかった死体を、やっぱ誰にも見つからず発見場所に一人で運んだんだから、ヒキタテンコ~みたいなスーパー・マジシャンになれる事でしょう。

良いな~・・・みんな、神がかり的な特技を持ってて。(^^;)

さぞや、楽しく素晴らしい“仲間”なり、“真のトモダチ”が居るんでしょうね。(--;)

そう言えば、宗教団体に課税しようとしてる小沢氏が、また控訴されるんだとか。

何度無罪になっても控訴されるって事は、よっぽどその存在が邪魔・・・なんじゃなくて、おそらくものすごいワルなんだろうね。

明らかに不可思議な出来事が次々起こるのに、テレビでは何にも言わないんだから、いずれも“良くある出来事”なんでしょ、きっと。

何しろ、全体像を考えない部品にとっては、部品としての役目をまっとうする事で自分の利益や安全が確保出来ればそれで良いんだから、疑問を抱く必要なんてない訳で・・・。

学校では、出題された問いに対して早く正確に答える事こそが誉められる条件なんだから、自分で何かを考える余裕なんてないし・・・

無知が恥ずべき事であるのはもちろんの事だけど、しかしそれ以上に大切なのは「解らない事を解らないと認める勇気」であるなんて、誰も教えちゃくれないしね。

むしろ、解らなくても解るふりをしなくちゃ、みんなに馬鹿にされたりイジメの標的になっちゃうんだろうし。


・・・それにしても、おかしな話だよ。

これはやっぱ、警察や司法、そしてマス・メディアの報道に対する私の信仰心が足りないからかな・・・。

もっと頑張らなきゃ!!

あんな酷いバス事故を起こしても、運転者は無事だった。

何人もの人を刃物で殺傷しても、返り血を浴びずに済んだ。

中学生が大勢の大人に見つからず、こっそり死体を運んだ。

検察様が控訴するんだから、小沢氏はチョー悪い人。

信じるんだ・・・ただひたすらに!!

変じゃない変じゃない・・・。

おかしくないおかしくない・・・。

不思議でも何でもない・・・。

だから、インター・ネットで調べたりなんかしちゃ駄目だ!!

だって、インター・ネット上の情報は嘘ばかりなんだから!!

・・・って、どこかの偉い人が言ってたもん!!

偉い人が嘘を吐くはずがない!!

偉い人が間違えるはずがない!!

偉い人が悪い事をするはずがない!!

きっと、そんなささいな事に対していちいち疑問を抱くボクの頭の方がおかしいんだ!!

早めに病院に行って、偉いセンセイに診て貰って、良いオクスリでも出してもらわなきゃね。

そう・・・。

911で第七ビルが崩壊したのも・・・。

変じゃない変じゃない・・・。

おかしくないおかしくない・・・。

不思議でも何でもない・・・。



・・・って。





んな訳あるか!!

どれもこれもありえない話だろ!!(@@;)/

「死んだ部品=階級社会(搾取システム)維持装置」

日本におけるものづくりの、中でも特に精密部品を加工する技術はとても素晴らしい。

そしてそれは、完成品を作ると言う目的及びその成果の度合いを向上させるために、日々磨かれ現在も改良され続けているものであり、それゆえそこには、個(=部品)による全体(=完成品)への奉仕の精神と言うものが確実に存在する。

つまり、それらの技術、そしてそこに注がれる技術者の努力や労力と言うものは、“自らの進歩が社会の進歩に繋がり、自らの利益が公共の利益に結びつく事”を目標にしているとも言い換えられるのだ。

しかるにこの世には、公共へ奉仕するためにではなく、私益のためにのみ自らが社会の、それも出来るだけ高いポジションを構成する部品になる事によって、階級制度における地位や身分によって得られる特権や保障を独占しようと考える者が居る事も、また現実。

もっとも、学校教育においては、監督者から覚えろと命令された事をより多く記憶すればする程誉められるのだから、その成果の奪い合い(=ポジション争い)のみにやっきになるがゆえに、彼らには自らが何かを考えたり作り出す余裕などないのはもちろんの事、自分が為した行為が社会においてどの様な意味合いを持つのか、その全体像から自分の生き方を省みる事もなければ、より良い未来の姿を思い描く必要性すら感じないのであろう。

要するに、もっと簡単に言えば、より良い社会と言う理想像を完成させるために自分の腕を磨いたり、そうして培った技術を提供しようと言うのでもなく、既に出来上がった階級社会の出来るだけ上のポジションを獲得するためにある一定期間努力をし、その後はその地位や身分を利用して公益のために奉仕するのではなく、むしろその逆に公益を吸い上げる特権階級に居座る(=管理社会維持のための一部品となる)事のみが、人生の最終目標になってしまっていると言う事なのだ。

よって、その様な人達にとっては、“他人や公益に奉仕する事”こそが真に素晴らしい人間の条件であるなどと言った価値観が世間に広まるのは非常に困る事であるがゆえに、“他人や公益に奉仕する人”であろうがなかろうがそんな事とは無関係に、収入が少なく生活レベルの低い人には社会的な価値が無いのだと思わせておかなければ、せっかく得た地位や名誉を失う事にもなりかねないのである。

だがしかし、私達人間には、地球を破壊する事も出来る代わりに、あるいは自然や動植物も含めた生きとし生けるものが暮らしやすい星に変えて行く事も出来るはずであり、個人が持つ能力や技術と言うものは椅子取りゲームのためにではなく、公への奉仕のために用いるべき・・・否、本来は“公への奉仕”=“自分への報酬”となるのが正しい在り方なのではなかろうかと、私は考える。

すなわち、「自分だけ救われようとする事が、誰も救われない社会を作るのだ。」・・・と。

そしてまたその逆に、誰にでも住みやすい社会を作る事こそが、実は自分自身を救う事にも繋がるのである。

・・・とは言え、“自分を救えない者(=自立してない者)に他人は救えない”がゆえに、まずは最低限そこをクリアしない事には始まらないし、逆に言えば自立していない(=自らの欲求を満たしきっていない)人間が高い地位に就いている、もしくはそんな人間が親となり子育てをするからこそ、いつまで経っても負の連鎖が止む事もないのであろう。

そして更に、先にも述べたが、そもそも学校教育自体が、この階級社会を維持するために機能しており、それゆえ私達自らが優秀な部品になろうと競い合う事が、現在の身分制度を暗黙のうちに肯定する結果にもなっているのがその実状であり、問題にしなければならないのは教育の内容もそうであるが、やはりそれをコントロールしている管理者にこそ、その責任の追求が為されるべきなのだ。

そう、しょせん部品は部品に過ぎぬゆえ、本当の管理者とは、この階級社会と言う名の搾取システムを考案し運営する支配者(=受益者)層なのである。

かくて、真の意味での“能力”や“技術”が虐げられる事により公益は損なわれ、絶対的な階級支配制度の下では健全な競争も妨げられるがゆえに、そんな社会なり国が衰退して行くのは当然の事なのである。

また、別の言い方をするならば、社会の“部品になる事”自体が悪いと言う訳ではない。

人間が、(理不尽な搾取を正当化するために必要な)身分制度を維持するためだけの管理業務をこなす“死んだ部品”になるのではなく、この社会をより良く活性化させるために機能する”生きた部品”にならなければいけない・・・と言う事なのだ。

もしも本当に人間に身分と言うものがあるのであれば、“奪い取る者”ではなく、“分け与える者”こそが、偉い人なのである。

そんな事、階級社会における身分制度を維持(=理不尽な搾取を正当化)するための洗脳期間である学校では絶対に教えはしないだろうが・・・。

そもそも、“能力”と言うものは、その“量や度合い”ではなく、“使い道”によってその是非が決定されるのであり、それは学校教育なんぞに依存や期待をするものではなく、親なり親代わりの保護者が子供に教えるべき最も重要な事柄なのである。

知識があっても実行が伴わなければ成果は出せず、しかしまた実行する能力があったとしても、それが本来あるべき人間の姿や社会の在り方に対して有益でなければ、やはり意味がないのだ。

人は、その出自や身分によってではなく、自らが社会に対して為したその功績によって、評価・断罪されるべきなのである。

「ギック・リーゴの襲撃」

ある日、昼前に仕事を終え夕方に目を覚ました私は、尿意を催し、店外入口の向い側に入るトイレに入ろうと、ドアを開けて店の外に出た。

すると・・・。

うわああああああ!!

私は強烈な鈍痛を感じ、そこにうずくまったのである。

やられた~!!(@@;)

また、あいつの仕業だ・・・。

そう、これはギック・リーゴの仕業に違いない!!

あれはもう4~5年前の事だったろうか、あの日も私はギック・リーゴに襲われ、杖が無ければ歩けない状態にさせられたのであった。

考えてみれば、最近は店に篭って仕事三昧だったから運動不足で、しかもストレスで過食気味だったせいもあったからな~!!

くそ~!!まんまとやられちまったぜ!!

しかし、あの野郎・・・。

ぐぐぐ・・・痛え・・・。

今日は夕方、近所に出かける用事があると言うのに・・・。(:;)

歩くどころか、立ち上がる事さえままならぬ激痛に、私はしばし苦しめられる事となった。

・・・が、とにかく体勢を立て直さなければ、と言う事で、痛みの酷い部分をもみほぐしたりしてみる・・・。

そして、何とか店内に戻り、インター・ネットでギック・リーゴに襲われた際の応急処置の方法を調べてみた。

がががが~!!

何と、ギック・リーゴに襲われた場合、痛む場所をマッサージすると逆効果なのだとか!!

もうだいぶ揉んじゃったよ~!!

記述を読むに、効くのは指と指の間の付け根辺りにあるツボを2分間くらい強く押す事だと言う。

むぐぐぐ・・・。

私は、藁にもすがる思いで、必死に指と指の間を押し続けた。

すると、まあまあ何とか立てる様にはなったものの・・・。

歩くとやはり、まだまだかなり痛むのである。

それで、腹が空いたのでビルの5階から下界のコンビニに飯を買いに行ったのだが、同店内でも何度も棚や壁に手をついて苦しみに喘ぐ醜態を見せる有様・・・。

結果的にその日は、無事に目的の場所へ用事を済ませに行く事も出来たとは言うものの・・・。

ぐぐぐぐ・・・。

ギック・リーゴの奴め~!!(--;)

あっ!!いかん!!いくら憎い敵とは言え、呼び捨てはいかんな。

ほんじゃ、やり直し。

ぐぐぐぐ・・・。

私は、あいつが憎くてたまらない・・・。

いきなり、こんな酷い目に遭わせやがって!!

そう、みんなあいつのせいだ!!

そう・・・。

ギック・リーゴ氏め~!!(TT)


<ギック・リーゴ氏>
急性腰痛症の俗称。地方によっては「びっくり腰」とも呼ばれ、欧米ではその病態から「魔女の一撃」(独: Hexenschuss)とも呼ばれている。(wikipediaより引用)

■木幡東介(マリア観音)ソロ・ライヴ情報

★以下掲載個展の最終日、5月5日(土)のイベント時(17:00~)に、木幡東介がギター弾き語りソロで出演イタシマス。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

■常世(現代美術家4名の連続個展)

tokoyo_pamph_p1p4_02270001.jpg

4月8日(日)~14日(土)相原康宏
4月16日(月)~21日(土)稲葉有美
4月23日(月)~28日(土)上畠益雄
4月30日(月)~5月5日(土) 後藤元洋
13:00~20:00(土曜日はイベントのため展示は17:00まで)
(4/30は17:30会場)
小金井アートスポット シャトー2F
東京都小金井市本町6-5-3シャトー小金井2F
http://chateau2f.blogspot.jp/
入場無料(ただしイベント時は有料[¥1.000/1ドリンク付き])

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

★皆様のお越しを、こころよりお待ちしておりマス。m(_)m

協賛告知■第六回『東京ノ出口』山本無我 祝・生誕50年記念ライブ公演

★元ライカ・スパイダー、山本無我氏の生誕50年を記念したライヴが行なわれマス。同バンド、及び山本無我氏に興味のある方は、この機会に是非足をお運び下サイませ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

■第六回『東京ノ出口』山本無我 祝・生誕50年記念ライブ公演

tokyonodeguchi6-1.png

出演 山本無我
& more ... ?????
日時 2012年 5月 6日 (日曜日)
開場  18:30
開演  19:30
料金 前売り \2,500-
当日  \3,000-
※当日券には限りがあります
お早めにお買い求め下さい
会場 APIA 40
http://www.apia-net.com/
東京都目黒区碑文谷5-6-9 サンワホームズB1
03-3715-4010
主催 OPEN ROAD PRODUCTION
http://open-road.org/
問い open-road@hotmail.co.jp

■「山本無我 霧」

http://youtu.be/1fxfsRr13Lg

「ネット上の世論誘導」

ところで、マス・メディアだけではなく、インター・ネット上にも世論を誘導するための情報は蔓延している訳デスが・・・。

どうやら最近では、憲法9条の廃止もしくは改憲がそれに当たる様デス。

そして、その理由の一つに、「これはアメリカに押し付けられた占領憲法だ」と言うものがありマシタ・・・。

この現状、すなわち既にアメリカから侵略支配されている日本において、憲法だけ自主独立させて一体どうしようと言うのでしょうか?

それって言い換えれば、「戦争出来ない子分(もしくは奴隷)」から、「戦争出来る子分(もしくは奴隷)」になれよっ・・・て話でしょ?

要するに、これは「非暴力非服従」ならぬ・・・。

「好暴力要服従」な国になれ・・・と言う事。

もしも、軍備拡張して強くなったら自由になれる、戦争出来る国になったら独立出来るなんて考えてるとしたら、それは何と大甘な考えでしょうか。

欧米から独立するって事は、欧米に理不尽な搾取や指図をさせないって事。

でも、実際にそんな事しようとしたらどうなるか?

テロ国家だの何だのと難癖付けられて、経済制裁を受けるか、国際平和の名の下に武力行使されるのが関の山・・・。

だから、日本が真に独立するためには、まずは欧米以外の国々とも手を結ぶ事が必要。

そして更に、奴らに武力行使の大義名分を与えないためにも、憲法9条は絶対に尊守しなければならない。

いくらマス・メディアが捏造や偏向報道をすると言っても、憲法9条を守り続ける日本を悪の枢軸国に仕立て上げるなんて、あまりにも無理があり過ぎるでしょ。

ホントにあいつらときたら、手前らはいつでも正義面したままで、そのくせ世界のあちこちでいつまでも理不尽な搾取や蛮行を繰り返してやがるんだからな!!

その真の元凶は、通貨発行権と信用創造による詐欺で世界の冨を刈り取る金貸し財閥ロスチャイルド家(=国際金融マフィア=欧州の銀行家)と、その親族の欧州貴族・王族から成る三百人委員会のコントロール下にある、金融資本身分制度によるものである!!

怠け者が滅び死に絶えるのは自然の摂理であろうが、働き者のたくさん居る日本が貨幣の流通量のせいで貧しくなるなどとは狂気の沙汰!!

グローバル化とは、奴らの金権奴隷支配に逆らう者を絶対的な支配下に取り込むための、地球ファシズム化に他ならない!!

格差社会を“自己責任”や“能力や努力の差”などと詭弁を弄し言いくるめようとする、怠け者の太鼓持ち(=金権奴隷もしくは売国奴)の欺瞞に騙されるな!!

「何も産み出さない者が偉い」世界なぞ、ろくなもんになるはずがねえ!!

とりあえずは、国内から寄生虫(=売国奴)を追放する事なくして、日本が真に独立する日など絶対に訪れはしないのだ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。