Mr.エレクトの独り言 いやな夢

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

いやな夢

悪夢の途中、思わず叫びそうになって、目が覚めてしまう事はないだろうか?

しかも、例えば、「助けて!!」だとか、「やめろ~!!」と、叫び出す直前に目が覚めてしまったものだから、ホントに口から声が出てしまい、しかし起きた瞬間だから身体が思うように動かず、変な発音で、しかし勢いがついているため、「たふけて~・・・」と、その台詞を最後まで言い切ってしまう事って・・・。

先日の事である。私は夢を見た。

そこには、私の姉と弟、そして映像としての出演はなかったが、おそらく両親も居たのだろうか?

・・・詳しい内容は説明すまい。思い出すのがいやで、2~3年前に記憶が蘇えるまで、無意識に封印していた出来事(←と言うか、時期)が主題となっている夢だったのだから・・・。

私にとって、実家を出て上京した理由は、親の元・・・と言うか、親のそばを離れるためでもあった。

もっと正直に言えば、親の監視下、・・・否、支配下から逃れるためであろうか。

元凶は、間違いなく、そこにあった。

・・・とは言え、一般的に見れば、おそらく良い親の部類に入るだろうが。

話を元に戻そう・・・。

夢の途中で、私は激昂のあまり、目を覚ました。

そして、起き抜けの、ろれつの回らぬ口調で、こう叫んだ。


「おえがあのほき、ほれだへふらかったか、わかってんろかよ!!」・・・と。


(訳:「オレがあの時、どれだけつらかったか、わかってんのかよ!!」)


もう30年近くも前の事なのに・・・。

未だに根に持っているとは・・・。