Mr.エレクトの独り言 タノシイジンセイ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

タノシイジンセイ

個人的には・・・。

音楽を演る人は、余計な事を考えず、自由に勝手にやりたい様に、しかし真剣にやって欲しいと、私は考えておりマス。

よって、音楽でお金を儲けようが、別に構わないのでありマスが・・・。

お金が続かなければ、音楽活動を続けられないと言う現実が、面白くないのでありマス。

その理由としては、音楽を演るために、他の仕事に時間や労力や情熱を費やさねばならないと言う事が、まずひとつ。

そして、人気や評価がある基準に達しないものは、存在を許されない訳でありマスが、その基準の大半を占めるのが、集客力や集金力であると言う現状。

・・・とは言え、確かに、誰からも評価され得ないものが、その存在を許されないとしても、それはそれで理に適っているのではありマスが・・・。

もう少し、他の基準はないものか?・・・と。

ただし、これらの考えは、少数派である私のエゴである・・・とも言える事も否めない事実。

しかし、だからと言って、口をつぐむ訳にも、無抵抗に殺される訳にも行かない訳でありマスからして・・・。

しょせん、この世は、生存権を賭けたサバイバル・ゲームであり・・・。

少数派の私が、殺されまいと、やっきになった所で、しょせん、血と汗を吸われる側の存在である事に変りなく・・・。

きっと、このまま死んでいく・・・。

そう考えると、牢獄の中での限られた自由を疑問も持たず享受し、享楽的に生きれば良いだけの事なのかも知れない。

楽しければ、それで良い。

楽しければ・・・だ。


そう。それで本当に楽しければ、それでも良いの・・・だが・・・。