Mr.エレクトの独り言 漫画な人生

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

漫画な人生

さて、某ネット喫茶に最終巻が無くて激怒した、とある漫画も、ようやく読み終えた訳なのでありマスが・・・。

え~、その漫画のタイトルはと言いマスと・・・。

いやはや、あまりの流行遅れぶりに、あきれないで欲しいのでありマスが・・・。まあ、流行を追っかけて生きている訳でもありマセンし、そんな、ギブ・ミー・チョコレイト的「流行オクレ」物乞い症候群にはなりたくないので、そんな事で笑われようとも、別に構わないのでありマスが・・・。

うふん・・・。「バトル・ロ○イアル」(←検索防止のため、一部伏字)なんす、これが・・・。

「遅っ!!」・・・て、いいぢゃん別に!!

面白いものは、いつ読んでも面白いの!!

え~、本題に戻りマスと、原作の小説はもちろん、当然、映画も観てない訳なのでありマスが、要は、田口○之作画によるコミック版を読んだって事なのでありマスる~。

ちなみに、この人の描いた「ブ○ック・ジャック」のリメイクも面白かったッス。

いや~!!設定は荒唐無稽でありマスが、非常に考えさせられるストーリーでありマシタ。

もちろん、原作は小説家の高見○春氏によるものなのでありマスが・・・。

・・・とは言え、田口氏の描く、感情過多なまでにデフォルメされた絵柄のお陰で、登場する人物達が、駄目な奴もズルイ奴も含め、皆、実に魅力的に描かれてるんデスな、これが。

このセンセ、きっと、絵を描いてる最中、執筆中の登場人物の喜怒哀楽が、そのまま顔に出てるはず・・・。

まあ何と言うか、漫画特有の、ストーリーの非現実性と言うか矛盾点、ロマンチック過ぎる部分が無きにしもあらずんば虎子を得ずな感は否めないと言う事も事実無根ではない訳なんでありマスるが、それらを差し引いても、非常に楽しめる作品でありマシタ。

要するに、結局、伝えたい事と言うのは、漫画と言う表現方法の形式自体でも無ければ、そこに書かれている出来事や物語そのものなのではなく、あくまでも、漫画と言う形式や物語と言う手法を用いる事によって、何らかのメッセージを伝えようとする事こそが根本的な目的なのでありマスるからして、読者のこころに、新しい視点なり思想が芽生えたり、何かしらの“気づき”がもたらされれば、それで良いのデス。

笑って終り、怒って終り、泣いて終り、騒いで終り・・・ただそれだけの表現なんて、漫画に限らず、面白くも何ともないぢゃない。

いや、まあ、それも良いか。

それもひとつの人生・・・。

人間なんて、何の意味もなく、ただ生まれて、訳も解らず死んでいくだけの存在。

何も無いからこそ、何かを求める。しょせん、ただそれだけの事かもね・・・。