Mr.エレクトの独り言 「某ライヴハウスでの出来事」③

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

「某ライヴハウスでの出来事」③

<第三部>

ところで、この店に来た事のある方はご存知だと思われるが、演奏フロア内の構図を簡単に説明すると、ステージの前方に観客フロア、後方がミキサー卓等のスペース、その脇にトイレへの入り口、そしてドリンク・カウンターとなっている。

また、細かく言えば、実際には観客フロアの右方に、ステージを斜めから観る形で丸テーブル席フロアがあり、そこからバー・フロアへ移動する際の入り口付近に、たくさんのコイン・ロッカーが立ち並ぶスペースが。

更に、ステージ前方の観客フロアは、左端の壁側にソファーやら何やらがあり、全体的には後方に向かうに従い、後の方からでもステージが観られる様、段々になっており、前方フロアと中段フロアの境に鉄の柵、中段フロアに丸テーブル二つ(満員の時には置いてないはず)、そして最後にもう一段上がって後段フロア・・・となっている。

私は、その中段フロアと後段フロアとの段差を椅子代わりにして腰掛け、またもやビールを飲みつつ、入店時にもらった同店広報用マガジンやフライヤー類などをパラパラと眺めていた。

しかし、ビールも切れ、今演奏しているバンドも、あまり好みでは無いため、目の前にある丸テーブルにマガジン及び同誌に挟んだフライヤーの束を置き、ドリンク・カウンターにコップを戻すと、ちょいとトイレへ。(←トイレばっか行ってるが、ビールを飲むと、超近くなっちゃうの!!)

ちなみに、ここで使われているドリンクのコップ(プラスチック・カップ)は、大入り満員の混雑時や終演近く(←飲みながら持ち帰られるのを防ぐため?)を除き、リサイクル使用されているゆえ、飲んだらカウンターに戻して欲しいと、そばに設置してあるポップだか何かに書いてあるのだ。

地球の資源を大事にする店。・・・でも、実は店側にとっても、使い捨てのプラ・コップや紙コップより、リサイクルした方が、経済的に得なんだよね~・・・などとイヤミを呟きつつ、トイレに入り、小便器前に立ち、ズボンのチャックを下ろした、その時!!

(つづく)