Mr.エレクトの独り言 ★「ジュン上久保(上久保純)⑥」(2008年2月3日追記)

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★「ジュン上久保(上久保純)⑥」(2008年2月3日追記)

P1010062jun57.jpg

ところで、私が、このアルバムを大好きであると言う事は紛れのない事実ではあるのだが、忘れてはならない点を、ひとつ書き加えておこう。

そもそも、上久保氏にとっては、ロックは英語で歌われるものと言う考えが強くあった様で、本アルバムに関しても、セールスを考慮したメーカー側から、「日本語の詩で」と言う条件が提示されたそうである。

よって、(どこまで原曲の詩の内容が生かされているのかは不明だが、)本作に関しては、ある意味、上久保氏と作詞家である千家和也氏のコラボレーション作品であるとするのが正しいのかも知れない。

ちなみに、現在の上久保氏は、某ジュリーに楽曲を提供したり、広島にて音楽プロデューサー業をしながら、今でも時々演奏活動を行っている様だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。