Mr.エレクトの独り言 音楽の価値

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の価値

昔話など、する気はないのだが・・・。

・・・とは言うものの、そうさせる何かがあるのだから仕方が無い。

四半世紀前、少なくとも私にとっては、音楽とは最大の娯楽であり、生きる助けであり、唯一の救いであった。

音楽には、ともすれば人の生き方や価値観、そしてその後の人生や運命さえをも変えてしまう程の力が、確かにあった。

・・・否。今現在でも、その様な音楽はあると断言出来るし、音楽によって生き方や価値観を一変させられてしまう者も、少なからず居るであろう。

だが・・・。

あまりにも娯楽・・・と言うか、孤独や退屈を手軽に解消する事の出来る商品が溢れかえっている、この時代・・・。

相対的に、音楽の価値は下がり、その地位は揺らぎ、持ち得たはずの意義が失われてしまうのは必然。

磨り減る程に一枚のレコードを聴き続ける事だとか、隅々まで舐める様に歌詞カードや解説を読み耽ると言った事も減り、日常・・・ひいては人生においても、音楽が占める範囲や重要性は薄れていく一方。

・・・否。それはそれで構わないのかも知れない。

音楽などに救いを求める程の、飢えや貧困・・・すなわち精神的な飢餓に苦しむ人々が、それだけ減っているのであろうから。

人々は、満たされているのだ。

若者は、満ち足りているのだ。

娯楽は、満ち溢れているのだ。

音楽が担っていた役割、特別な役目など、既に終ったのである。

それは何も悲しむ事ではない・・・。

市民権を得ると言うのは、そう言う事なのだ。

この世の中で・・・この世の中から・・・そして、この世の中ってやつに、認められると言う事は・・・。


「誰に頭を撫でてもらいたいのか?」

・・・その問いかけに対する答えが、私にとっては、その音楽・・・そして更に言うなれば、その人間の価値を量る最大の基準である。

しょせん価値基準は、個人個人で異なって当然。

・・・と言うより、異なるべき・・・なのである。

だから、これで良いのだ。

これで・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。