Mr.エレクトの独り言 オトトイのオ~タソ~リ(前編)

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

オトトイのオ~タソ~リ(前編)

国民投票がどうのこうのって、やってマシタね。いっぺんやって見るのも良いのでは?別に毎回そうしろって訳ぢゃないし。それに、そうすりゃ国会と民意とのギャップがハッキリ露呈するんぢゃないの?

だいたい、「そのために選挙があるんだから国民投票なんてする必要ない」って言うけど、選挙なんて少数意見を殺して殺して殺しぬくためにある様なもんで、当選した立候補者に投票した人の考えや意見は、ある程度反映されるかも知れないけど、落選した立候補者に投票した人の考えや意見は殆ど生かされない訳で、そうやって、各選挙区毎に少数意見を排除した上で、更に、各選挙区において大多数の人間の支持を得た議員のみが集まって、またもや少数意見を排除していくってんだから、実際には、選挙権を持っていながら生かされない票の総数って、全国で集計してみれば、かなりの人数になるのではないだろうか?

よって、政治家が国民のために働くなんて考える事自体がそもそもの間違いで、彼らは投票してくれた人達の意見を汲む・・・あるいは、自分の考えに賛同してくれた人達のためにのみ働くだけであって、投票してくれなかった人の意見なんて聞く必要など、どこにも無いのだ。

更に、もっと言えば、彼らにとっては我々一般人の事なんかよりも、自分を選挙に勝たせて(出させて)くれるスポンサーたる一部の人間が既得権益を守るため、そして更に利益を得るために都合の良い意見を通す事の方が優先すべき最大の目的なのだから、本当に国民のために働く人間を選ぼうとするのであれば、出来るだけそう言った関係や癒着の少ない人間を選ぶべきであろう。

・・・とまあ、そんなに政治の勉強してる訳ではないので、あくまでも素人レベルの意見ではありマスが・・・。


ちなみに、車を運転しない私ではありマスが、ガソリンの値段は輸送コストに上乗せされ、それゆえガソリンが値上げされれば食品の値段も上がったりするそうで、便乗値上げを目論む輩を除いては、基本的に値上がりして嬉しい人なんていないはずだから、国民投票したところで結果は見えてるって言うか、値下げを望む意見が大半なのではなかろうか?

ゆえに、本来、政治家が為すべき仕事とは、「ガソリンを値上げしなくてもやっていける方法を、知恵を絞って必死に考える」事であり、「どうしてもガソリンを値上げしなければやっていけないのであれば、それを国民にきちんと理解してもらえる様に努める」事なのではないかと私は思うのだが、如何でやんしょ?

・・・と、難しい話をするには知識が足りないので、ボロが出ないうちに、この辺でやめにして・・・。

(後編につづく・・・)