Mr.エレクトの独り言 オトトイのオ~タソ~リ(後編)

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

オトトイのオ~タソ~リ(後編)

「もうオトトイぢゃね~よ!!」って話ではありマスが、後編はミーハーな観点での話題なぞ・・・。

実を言うと、私はテレビ&芸能人大好きなド・ミーハー人間なのであるが、ここ数年、店内でPCに向って仕事する事が殆どな毎日を送っているため、テレビを観られる時間がホントに少なくなっていたのでありマス・・・。

しかし先日、携帯電話の機種交換(・・・と言うか某社が某社に吸収合併されたため、やむを得ず・・・)したのだが、驚いた事に、最近の携帯はテレビを観られる機能がフツーに装備されてるんだね~。

いや~!!何と言いマスか・・・科学の発達と言うか、人類の進歩と言うか、未来の国からコンニチワって感ぢでしょうか。ホンにありがたいコッテす・・・。(:。;)

・・・とまあ、下らない前置きはこの辺にしておいて、そろそろ本題へと・・・。

オ~タソ~リに限らず、色んな番組でもお見かけイタシマスが、ミヤザキのオッサン(宮●哲弥)はカッコ良いね~!!理論的な考え方に基づいた意見を解り易く噛み砕いて伝えてくれるし、道理に合わない事に対しては、時に声を荒げて怒ってくれるし。あれこそ本当の意味での頭が良い人と言うか、叡智の人とでも言うんでしょうかね~。観てて気持ち良いスわ~。

もう一人はユキナ嬢(木下優●菜)かな。ミヤザキのオッサンが理性で怒る人なら、こっちは本能的に怒るとでも言うのでしょうか?彼女が発する、「卑怯なものが許せない」とでも言わんばかりの、実に純粋かつ生理的な直感に基づく怒りや抗議に対し、私は「良くぞ言ってくれた!!」と、いつも拍手喝采しておりマス。・・・あの桜●やっくんみたいな髪型はどうかと思うが(←余計なお世話)、実写版「オモライくん」の“おこもちゃん”役は、是非この人にお願いしたい!!
P1010019TTT44.jpg

あと、在日の白髪の婆サンも好きデスよ。あの人は、いつもたいてい反対派の席に座ってるけど、自由や権利に伴う責任とか義務と言うものに関して、あえて苦言を呈すために嫌われる可能性の高い悪役を買って出てる訳で、ああ言う頑固ジジイ・・・と言うかババアも居ないとね~。ケ●ンは番組を盛り上げるための単なるディベート専用のタレントだから、どうでも良いけど・・・。

あと、賛成派反対派に関わらず、番組中に怒る人達は他にも何人か居るけど、その人達は何て言うのか、あくまでもその人自身の置かれた立場に基づく個人的な怒りって気がして、何だか白けちゃうんだよね~。

要するに結局の所、私がミヤザキのオッサンとユキナ嬢の怒りにこころを動かされるのは、彼らは自分の損得や欲とは無関係に、ある種、“私憤”ではなく“義憤”によって突き動かされて怒りの発言をしてるのだと言う点に尽きるでしょうか。

・・・とは言え、もちろん、「それが自分にとって気分が悪い事だから」・・・である事には変りはないんだけどね。

「獣の怒り」と「人間の怒り」との違いとでも言うのかな・・・。

もうたくさんなんだよ。「俺の損得」がどうだこうだとか、「俺の感情」がどうだこうだとか・・・ってのは。

(おしまい)