Mr.エレクトの独り言 「広島パンク~ハードコアの歴史」(番外編)~「C.O.P(CORRUPTION OF PEACE)」②

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「広島パンク~ハードコアの歴史」(番外編)~「C.O.P(CORRUPTION OF PEACE)」②

さて、それでは、C.O.Pの唯一のアルバム「CONFUSION」を聴きながら、彼らの音楽性について解説してみよう。
COP2.jpg

まず初めに、本作には基本となる二つの特色と、更に特筆すべき二つの最重要な特色があるのだが、まずは前者から・・・。

このアルバムは、作詞担当のKEVIN氏以外の全員が作曲に参加している事から楽曲のヴァリエーションが豊富で、明らかにハードコア・パンクと呼べる作品の他に、後藤氏がアルバム用に書き下ろし歌唱も本人が担当した「HOT TIME」の様なファンキーな曲や、ライヴでも披露されていた村田氏作「GIMME SOME MORE」の様なロックン・ロール的なノリの良い曲、更には、やはりアルバム用に書き下ろしたと思われるラスト2曲のうちの特に「RIGOR MORTIS」の様な、山上氏の強力な持ち味(←詳しくは後にも記すが・・・)の一つでもある浮遊感溢れるサイケデリックなギターを最大限に生かしたユニークかつ実験的な曲等、それらが効果的に挿入されている事によって、本作は一本調子になりがちなハードコア・パンクのアルバムであるにも関わらず、飽きる事なく最後まで聴き終える事が出来るのだ。

また、そう言った意味においては、C.O.Pは純然たるハードコア・パンク・バンドではなく、広い意味でのパンク・・・否、ロック・バンドと呼ぶべきなのかも知れない。しかし、どこかのロック・バンドがちょいとハードコア・パンク風な曲を演ってみたと言う訳では決してなく、あくまでもハードコア・パンクを基本としつつ幅広い音楽性を柔軟に、しかも極めて自然に取り入れているという点、そしてその基本となるハードコア・パンク的な楽曲が非常にカッコ良いと言うか、ハードコア・パンクの美意識にそぐわぬ内容であるため、これらはやはり、ハードコア・パンクの理想的な進化形態の一つと呼ぶべきであろう。

それでは、そのハードコア・パンク的楽曲に関してであるが、基本的には短いフレーズを組み合わせた複雑なリフを猛スピードで反復するスタイルのものが主で、激しく畳み掛けるようなハードな演奏とも相まって、これが非常にカッコ良過ぎる訳なのであるが、その主たる理由としては、彼らの、骨格のしっかりした楽曲を作る作曲能力と、輪郭のハッキリとしたサウンドを明確に提示し得る演奏の力量にあると言えよう。

そして、上記のスタイルを基本とするならば、本作には当時としては珍しかった日本におけるUSスタイルによるハードコア・パンクの元祖と呼ぶに相応しい楽曲がいくつも収録されているのだが、その前に、UKハードコアとUSハードコアの違いを簡単に説明するならば・・・。

ただし、これはあくまでも私の個人的印象であるが、UKが陰ならUSは陽、UKが暗ならUSは明、UKが硬ならUSは柔・・・と、国も違えば発生した状況や動機も大幅に異なるとは言え、それらは明らかに相反する性質を持っており、最大の特徴としては、楽曲や演奏において派手なリズムや装飾的なメロディを極限まで削ぎ落とし、音楽と言うよりは音としての攻撃性を極端に突き詰めたストイックなUKハードコアに比べ、USハードコアはもっと自由で開放されたイメージがあり、音楽性の面から見ても、UKハードコアでは意識的に排除されたロックン・ロールの基本である弾むようなビート等が、USハードコアでは極自然に用いられていると言う点が大きな相違点であろうか。よって、これらを踏まえて考えると・・・。

C.O.Pが日本におけるUSスタイルによるハードコア・パンクの元祖と呼ばれる所以は、メンバー・・・それもヴォーカリストが米国人であるとか、カラフルでカジュアルなファッション・センス等の要因もあるが、やはりノリの良いロックン・ロール調の弾むビートを初めとした多様なリズム・パターンが用いられている点や、構造的にAメロと比較してサビの部分の音程が著しく上がる事によってスカッとした開放感を得られるタイプの楽曲がいくつか収録されている事、そして本文冒頭でも述べたが、ハードコア・パンクに拘らず多種多彩な音楽性が自然にブレンドされている点が、その理由として挙げられるだろう。

次回は、各メンバーそれぞれの持ち味に迫りつつ、更に特筆すべき二つの最重要な特色について解説しよう・・・。

(つづく)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。