Mr.エレクトの独り言 実録「レコード・コレクター地獄変」⑤「亡者の述懐(前編)」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

実録「レコード・コレクター地獄変」⑤「亡者の述懐(前編)」

今にして思う・・・。

本連載のタイトルは、レコード・コレクターうんぬんではなく、レコード・ジャンキー、あるいは「レコード亡者地獄変」にすべきであったと・・・。

ジョニー氏。そう、彼の脳は既に、レコード収集欲・・・否、物欲を満たす事によってのみでしか自己の存在を確認出来ない程に、焼き焦げ燃やし尽くされているのだ。

そもそも、彼の収集対象はシングル盤オンリー。今でこそ落ちぶれてはいるが、全盛期はシングル盤2万枚のコレクションに対し、LPレコードは14枚しか持ってないと言う、異常な偏りを見せていた。

更に、彼が主にコレクションしていたのは女性歌手のシングル盤であり、それも5万~10万クラスの超レア盤から’80年代アイドル、女性ニュー・ミュージック・シンガー、果てはマイナー歌手・・・それもどっかの田舎のホステスやら金持ちのマダム(=くそババア)が自主制作で出した様なレコード・・・と、それこそ「ゆりかごから墓場まで」とでも言わんばかりの無節操にして際限の無い、まさしく無明の地獄道を行くかの如し有様だったのである。

しかも、せいぜいアニメ番組の主題歌シングルのみならまだしも、表紙(←彼はレコード・ジャケットの事をそう呼ぶ)の絵柄が好きだからと言う理由だけで、民謡のレコードからレクリエーション用(フォーク・ダンスの伴奏等)のレコード、しまいには効果音のレコードにまで手を出す始末・・・。

まあ、そんな無謀な集め方をしているくらいだから、ジョニー氏の日常は、寝ても覚めても常にレコードの事で頭の中がいっぱいなのであった。

彼と初めて出会った日の事。・・・それを私は今でもハッキリと記憶している。だがしかし、その話はおいおい語るとしよう。何故なら、ジョニー氏は現在も生きて生活しており、今もなおホット過ぎるネタを私に提供し続けてくれているのだから・・・。

そんなジョニー氏の、今回はノートの話。

現役時代・・・とあえて言うが、先に述べた様なレコードの集め方をしていつつそれでもなお彼のノートは、ミミズの這った様な文字のWANTリスト(=入手希望レコードのリスト)が、鉛筆でびっしり書き込まれていたのであるが、驚くなかれ、その数何と400点以上・・・。

なお、そのリストの内訳は、過去にレコード屋で見たけど買わず後悔してるもの、オークション・リストに掲載されていたものや落札出来なかったもの、雑誌や書籍で紹介されていたレコード等・・・と、情報源は各種様々なのであるが、ただそれだけで400点もの未所有レコードのリストを作れようはずがない。

しかるに、その種明かしをしてしまえば、何と彼はわざわざ国会図書館にまで出向き、情報の少ない’70年代前半以前に発売された女性歌手のレコードをしらみつぶしに調べ上げ、そこでWANTリストを作成していたのであった・・・。

それはまさにレコード気○い・・・あるいは、レコードと心中する覚悟でなければ出来ぬ、まさしく地獄への片道切符を手に入れんとする自己破壊的行為であったとしか言えまい。

そして現在もなおジョニー氏は、自らの欲望が生み出した呪縛がもたらす悪夢から未だに目を醒ましてはいない様子なのであった・・・。

(中編につづく)