Mr.エレクトの独り言 臭●君

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臭●君

そう言えば、初期“うるさい象”の2ndシングル「ふわふわ」には、こんな歌詞があって・・・。

「衣服は着るものと決められて 裸で歩けば怒られる 逮捕される この世の決まりはみんな正しいと信じられて 身動きひとつ取れない」

上記は記憶を頼りに書いているので漢字の当て方などに間違いがあるかも知れないが、まあそんな内容なのだ・・・。

そして、やはり臭●君も日頃は余程自分を抑圧してたと言うか、周囲の期待に応えるために自分を偽り続けており、今回の一件はその反動だったのであろうか。

・・・となると、これは非常に人間らしい失態であったとは言えよう。

・・・とは言え、普通の会社員より、そして更にリアルに言うならば、エキストラの役者に比べドラマやCMの出演料が破格に高額なのだから、それはやはりプライベートさえも売り渡して初めて成立するものであろうと考えると、やはり今回の暴走は同情すべき事ではないのだろう。

しかしながら、このお陰でテレビの“血で字”放送開始が延期にでもなれば、それに越した事はない。

何せ、貧乏人にとっては最大にして唯一の娯楽であるテレビが、ある日突然、対応型テレビ(約10万~)あるいはチューナー(約2万~)を買わなければ継続して観れなくなるってんだから・・・。

臭●君の仕事は、我々庶民に娯楽を与える事であって、奪う事ではないでしょ?

これぢゃ、せっかく定額給付金もらっても足りないし意味ないよ!!

ともあれ、酒を飲み過ぎると我を忘れてしまう人間に対して、「いくら酔っ払ってても、やって良い事と悪い事がある」なんて説教した所で、馬の耳に念仏な訳で・・・。

これはもう、酒を断つしかないだろう。

あるいは、飲酒も許可制にして免許証でも発行するか・・・。

それにしても、もっと高級なおクスリに手を出さなかった言う事は、臭●君本人がその誘惑に耐えたか、それだけ事務所の管理が厳しいって事なのだろうか。

芸能界に人間は要らない。

・・・否。これは、“人間らしさ”なるものを徹底的に排除、もしくは超越した所にしか“プロフェッショナル”など存在しないのだ・・・と言う教えなのだろうか。

・・・だろうな。

以上、趣味で芸能界ご意見番をやっている私の勝手な意見であるが、更に余計なお世話を承知で言うなれば・・・。

臭●君は、自分の名前がパソコン上でいちいち「●(なぎは弓へんに剪)」と注釈つけなくても良い様に、この機会に改名でもしたらどうかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。