Mr.エレクトの独り言 K氏に一生を学ぶ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

K氏に一生を学ぶ

思うに、K氏の取るべき方策は、狭き道を行く事だったのだと、私は思う。

誰もが世界中の最新情報を取得する事が容易となった現代。しかも、人々の趣味嗜好は多様化し細分化しているのだ。

もはや、同時に多くの人を楽しませようなどと言った夢は捨てるべきであり、仮にそれを可能とする音楽があったとすれば、それはどんな人でも楽しめるがゆえに、おそらく相当に薄っぺらなものである事は想像に難くない。

よってK氏は、一般大衆など相手にせず、もっとマニアックに自分の趣味なり嗜好を突き詰めていくべきだったのだ。

例えば、中古レコード屋の世界に例を取ってみても、都内に多くのチェーン店を構える大手のRCファンとDUオン。あくまでも一般の音楽ユーザーをターゲットにした前者と、○○館と称した専門的なショップをいくつも作りマニアックな売り方を展開した後者。現在、どちらに分があったかは、火を見るより明らかである。

当店にせよ、レコード好きが高じて始めたこの道で、ただひたすら日本人アーティストの珍しいレコード、それもその時点での人気の有る無しなど全く無関係に仕入れを続けたおかげで、今でも売れる在庫があるからまだ良いが、人気商品だけ仕入れて人気商品ばかり売ってたら、今や売れ残りの在庫の山を前に頭を抱えていた事だろう。

私は、この仕事を続けていて、いつも思う事がある。

「本当にレコード好きな人によって、自分は救われている・・・」と。

何故なら、こんな不景気な時代にレコードを買い続けてくれるのは、不景気に左右されない仕事をしている人はもちろんであるが、やはり、不景気であろうがなんであろうがレコードを買わずにいられない、ある種、異常(マニアック)な人達だからなのである。

そう言う意味においては、K氏の様に、多くの人を喜ばせたい、多くの人の役に立ちたいと言う考え方は、現代にはそぐわなくて当然。

K氏は、もっと自分が本当に好きな音楽を追求していくべきであったし、その才能も充分にあったと私は思うのだ。

そして、そうやって自分の好きな事を本気で追求していれば、数は少なくとも必ずやそれを支持し、支援してくれる人も現れたはず。

また、当店にせよ経営が苦しくてやってらんないのが現状ではあるが、好きでもない仕事をするよりは全然楽しいのである。

しかるに・・・K氏の場合を省みるに、それが人気者の宿命ってやつなんだろうな・・・とも思えてならない。

他人から受ける賛美や褒め言葉によって生かされているのが人気者であるとするならば、それが途絶えた時には・・・。

さんざん祭り上げておきながら、用済みとなれば容赦なく叩き落すのが、我が国の国民性である。

ゆえに、自分を喜ばせる方法、自分を成り立たせる方法、自分を生かす方法、それらを自らの内に持たない限り、未来はない。

いみじくも、K氏は身をもってそれを教えてくれたのである。

こと人気商売において行われるリストラは、私達庶民が想像する以上に過酷なのだ・・・と言う事を。