Mr.エレクトの独り言 THE SLUDGE「EARLY WORKS 1981→1985」入荷!!

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE SLUDGE「EARLY WORKS 1981→1985」入荷!!

★THE SLUDGE「EARLY WORKS 1981→1985」(CD-R)¥1500
SLUDGE EARLY WORKS
<収録内容/解説>
■demo [1981 studio, previously unreleased]
 vo,g:菅原/b:芝岡/ds:日比谷
 01 赤いルールブック
 02 夜光少年
 03 I Can Tell You
01~03は初めてライヴハウスに出演するために録ったデモ・テープとの事で、01の曲調には某伝説の大物バンドからの、そして03の歌詞には当時の某最強トリオ・バンドからの影響が明らかであるが、これらを包み隠さず収録した事により、スラッヂと言うバンドが当初どの様な立ち位置におり、その後どの様に自らの音楽的アイデンティティを獲得して行ったのかが追体験出来ると言う意味において、本作は後追いのスラッヂ・ファンにとって非常にありがたいリリース作品であると言えるだろう。事実、01からはスラッヂが時折醸し出すサイケデリックな浮遊感の源泉を見て取れるし、03からは言葉遊びの妙や語呂合わせによってライヴ中にアドリブで歌詞を紡ぐ菅原氏の即興詩人としての原点を見る事も出来よう。しかし実は、それらを差し置いて最も重要なのは、何といっても02「夜光少年」の存在であり、この時点で既にこれほどまでの陶酔感とロマンチシズムに満ち溢れたダイヤの原石の様な作品を書き下ろしていた菅原氏のソング・ライティング能力こそが、スラッヂの魅力を時代の変化と共に風化させる事なく現代にも通用させ得ている所以ではないかと私は考える。
■箱男 [7"EP 1984.2.4 released]
 vo,g:菅原/g:片岡/b:芝岡/ds:日比谷/kbd:村田/vo:ハルミ
 04 箱男
 05 夜光少年
 06 恋するギャルソン
 07 工事現場で見つかった死体
ギターに片岡理氏参加~ライヴ・カセットを自主リリースした後に発表されたスラッヂの1stEPであり、前年(’83)のライヴ録音をレコード化したもの。この時期はキーボーディストが在籍していたりゲスト・ヴォーカルに当時女子高生の島田春美嬢が参加していたりと、後年CD化された活動後期ライヴ編集盤で聴く事の出来る同バンドに比べ、ニュー・ウェイヴ調のデコレーションやトッピングがやや過剰に施されており、多少戸惑わされなくもないが、これもまたスラッヂと言う多面性を持つバンドの異なる一側面を垣間見る事が出来る作品であると言えよう。そして更に言うなれば、菅原氏がファンキーでトッポいパフォーマーとしての資質をここで開花させた反面、片岡氏がギタリストとしての本領をまだまだ発揮し切れていないのではないかと言った印象も受けた。
■after the sludge [7"EP 1984.5.31 released]
 vo,g:菅原/g,b:片岡/ds:日比谷
 08 工事現場でまた見つかった死体!
 09 窓辺のアルルカン
 10 La Vie~生
前作から間髪おかず製作された2ndEPにして、スラッヂ初のスタジオ録音によるリリース作品。メンバーも大幅にチェンジし、録音時は片岡氏がベースを兼任。前作のリベンジ?とでも呼ぶべき菅原氏の即興詩人ぶりが最も顕著に現された08はもちろん、先にも記述したスラッヂ復活の呼び水ともなった活動後期ライヴCDの1曲目でもあり約20年の時を経て私達の前に再び姿を現したスラッヂの記念すべき第一声でもある極めて印象的なギターのカッティングから始まる09、そして片岡氏作曲の10(※注釈:文末に記載)と、いずれの楽曲においても、時には怪鳥が咆哮するかの如くヒステリックに鳴き喚き、時には静かなる暗殺者の如くソリッドで抑制された音色を紡ぎ出す片岡氏の脳内破壊ドリル・ギターが遂に炸裂、全編を通して披露されまくっており、ベースに片山氏が加入する直前とは言えど、この時点で後期スラッヂのサウンド・スタイルは、ほぼ確立されていると言って間違いないだろう。
■studio take [1985.8 studio, previously unreleased]
 vo:菅原/g:片岡/b:片山/ds:日比谷
 11 The Brain Kept A Rollin'
 12 Red Cross
いずれも片岡氏作曲による活動後期の代表曲にして至極の名曲であり、全盛期のメンバー4名が揃っての未発表スタジオ録音2曲。もはや解説は無用。3年前のCDリリースから始まった“スラッヂの逆襲”の、言わば隠し玉とでも言うのだろうか。私達に出来るのは、これらの埋もれた財宝の様な音源が掘り起こされ陽の目を見た事実に対し、ただただ感謝の意を表明する事のみであろう。この至福と恍惚の一時、是非とも堪能されたし!!
(※注釈:01~09はすべて菅原氏作曲、10~12は片岡氏作曲。)

<ザ・スラッヂ関連取扱商品紹介一覧>
★THE SLUDGE/AFTER THE SLUDGE
①記事
②「The Brain Kept A Rollin’」(CD)¥2800
③記事
④記事
⑤記事
⑥「20years After the Sludge」(DVD)¥2000
⑦「THE WARRIOR HEART OF THE VELVET UNDERGROUND」(2枚組CD)¥3000
⑧コンピレーション「DO THE INDEPENDENCE!!」(DVD-music)¥3150
★FSM(フリー・セックス・マニア)~ザ・スラッヂ:菅原氏のニュー・バンド
①FSM(Free Sex Mania)/1stDEMO(CD-R)¥1000
②「1st free sex party at Shinjuku URGA 24th April’08」(DVD-R)¥1500
~③「AnaNeko.EP」(CD-R)¥1000


★上記はすべて、当店にて通販受付中!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。