Mr.エレクトの独り言 えむわん2

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えむわん2

実はあの後、直感的に強烈な嫌悪感を覚えたとは言え、あまりにもPBBの事を悪く言い過ぎちゃったかなと、少し反省イタシマシタ。

そこで私は、改めてPBBの映像を繰り返し何度も見てみたのでありマス。

・・・思わず笑いマシタ。(←ええっ~!?)

確かに上手いし、面白い・・・。

しかし、むしろ見れば見るほど、当初感じた嫌悪感の正体が明確になってきたのも事実。

何と言うか・・・。

これって、模範解答集・・・?

要するに、テストで良い点を取るためのテクニックやノウハウばかり満載されてる・・・みたいな。

えむわん攻略の優等生・・・?

構成や進行が完璧だから確かに面白いんだけど、既知のパターンや予想され得る切り返しが多くて、何だかあざといと言うか、あまりにも定石通り過ぎると言うか・・・。

それはそれでお笑いの定番ではあるんだけど・・・。

「んなアホな~!!」って程のとんでもなくぶっとんだ天然性も、超異次元的な発想に基づく天才性もなく・・・。

すごく面白いけど、ものすごく面白くはない・・・ってトコ?

だ・け・ど・・・。

それで良いんだよね?

こう言う、当たり外れの少ないネタで手堅く安定した仕事をこなせる勤勉な芸人の方が・・・。

何せ、そもそもえむわん自体が、日本で一番面白い漫才師を選ぶコンテストなんかじゃないんだし。

人気が爆発しない中堅や素質のある新人に冠を被せて、高額のギャラを稼げるタレントを一組でも増やすのが最大の目的なんだから。

Wメシは既に65点選手なんだし、それを88点や95点にするより、今は10点や20点しか取れない選手を持ち上げて80点選手に仕立て上げる方が得策だって事だよね。

ところで、話変って・・・。

ことお笑いに限って言えば、今この場で面白くなければまるで意味がない訳で、そう言う意味では一発屋だろうが何だろうがどうでも良く・・・。

つまり、「どうせ来年には消えてる」と言う批判の仕方って当たってないと言うか・・・。

ただ単純に、今現在自分にとって面白くないなら今現在自分にとっては面白くないと言えば良いだけの話で、世間で大人気だろうが大流行してようが、それをあえて未来予想図を持ち出してまで否定する必要はないのではなかろうか?・・・と。

お笑いって言うか、何を面白がるかって事は、やっぱ個人個人の感性の問題だと思うしね。

完成度よりも、感性度・・・みたいな?

おあとがよろしいようで・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。