Mr.エレクトの独り言 禁未来小説「ドラへもん」その9「ショック団の掟」の巻
FC2ブログ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁未来小説「ドラへもん」その9「ショック団の掟」の巻

ああ~!!今日はスネト一人だと思ったから、抵抗を試みたのに、奥の部屋にシャイアンの奴が居たとは・・・。どうしよう・・・。

すると、再び、奥の部屋から野太い声が・・・。

シャイアン「お~い、スネト~!!ショック団の掟、第5条!!」

スネト「(小声で)えっ!?第5条・・・。えっとえっと・・・、なんだっけかな・・・?」

そう、こいつらこそが、ボクが生きる上で最大の障害である、ショック団なるイジメ集団なのだ。

シャイアン「(大声で)お支払いは~!!」

スネト「あっ、そうか!!(大声で)ショック団の掟・第5条、お支払いは速やかに~!!だぞ、のひ太!!」

のひ太「・・・・・。」

ボクは、下を向いて、ただ黙りこくるのみだった。

スネト「むむっ?まだ逆らうか?こいつ~!!シャイアン!!のひ太の奴、生意気だから、ガス室送りにしちゃおうか?」

シャイアン「バカヤロ~!!シャイアンぢゃ無え、シャイアン総統と呼べって言ったろうが!!」

しめた!!ガス室なら救いがある。奴等の言うガス室とは、何の事は無い、シャイアンのおならをたっぷりヴィニール袋に詰めて、ボクに頭から被せると言うものなのだ。だけど、これが本当に臭いの何のって・・・。でも、今日はこんな事もあろうかと思って、密かに鼻の奥に詰め物をして来たからな。楽勝だよ・・・。

しかし、そんな、のひ太の予想とは裏腹の展開が待っていた。

シャイアン「スネト~!!残念な事に、今日はガス欠だ。その代り、久々にあれやっか?ショック団の人体実験をよ~!!」

スネト「アハハ!!やろうやろう!!のひ太~、ショック団に逆らった罪、とくと味わうが良いぞ!!」

すると、奥の部屋の扉の隙間から、アイマスクが投げつけられた。

シャイアン「スネト~!!これをモルモットに付けさせろや。」

(つづく)

★ああ、果たして、のひ太の運命や如何に!?そして、ショック団の人体実験とは、如何なる所業なのであろうか?待て!次回!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。