Mr.エレクトの独り言 健康ファシズム

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

健康ファシズム

4月の売上げがあまりにも悪かったため、今月はたまに風呂に入る目的で自宅に戻る他は、一日一回コンビニに行くのみで、どこにも出かけず店内で仕事仕事の日々でありマス・・・。

それもこれも、色々な支払い(借金や滞納した家賃)が多いから仕方ない事なのだが、これをマゾと呼ぶなら、子育てをする親の殆どはマゾであろう。

ところで、私は幼少期、自己主張する事や自分の正直な感情を伝える事が酷く苦手な子供で、それは私にとって非常にストレスの溜まる事であった。

しかし、このブログなり、それ以前にやっていた(多くの人の目に触れるものではなかったが)文筆活動のおかげで、もちろん自分なりにではあるが、少しは自分の素直な気持ちや考えを発信する事が出来るようにはなったと思う。

ただ、誤解される事を嫌うあまり、一つの発言に対して三つも四つも解説や補足を書き加えるものだから、最近は文章がどんどん長くなってしまってしょうがない。

ともあれ、私は基本的には「かまってちゃん」ではなく、むしろ「かまわないでちゃん」なので、この世にたった一人でも自分の考えを理解してくれている人間の存在を感じる事が出来ればそれで充分と言う、非常に安上がりな人間なのである。

ゆえに、巷におられる「かまってちゃん」及び、そんな「かまってちゃん」を批判してはいるが実はその本人自身が「かまってちゃん」以外の何物でもない人達の様な、「一体どれだけ多くの人からの賞賛を受ければ貴方は満足するのか?」と思わず問いかけたくなる様な傲慢かつ強欲な人間とは、その精神構造なりその発生由来に対し多大な理解を寄せこそすれ、とても私とは相容れるものではない。

・・・そう言う訳で、今はブログより仕事優先の毎日を過しているだけなので、どうぞご安心を。

それにしても、相容れないと言えば、最近つとに感じざるを得ないのは子供の頃から健康だった人間との価値観の相違・・・であろうか。

実際、これまで生きてきてみて、自分と近い価値観を持つ人には幼少期に健康に自信を持てなかった人が多かった様な気がする。

もちろん、その中には、私の様な怠け者とは違い、それを自分自身の努力で克服して来た人も多いが・・・。

こればかりは・・・否、どれもそれも、味わってみなければ解るまい。

生まれてこの方、一度も味わった事のない感情は、自ら想像する事によって歩み寄る・・・すなわち理解しようと務めなければ解ろうはずなどない。

毎日毎日、目を醒ます度に悲壮な決意で身体を起こし一日を過す、そんな人間の気持ちなど。

・・・とまあ、そんな、解る人にしか解らない事を貴重な時間を割いてまで説明する気は、少なくとも今はないのでどうでも良いが・・・。

何故だろう?雨が降ると身体がだるくてしょうがない。

湿気のせいだろうか?

昨日も一昨日も、少し仕事しては横になり、目を醒ましては仕事をし、またすぐ横になり・・・の繰り返しであった。

そんな私であるからこそつくづく思うのだが、人間にとっては健康が第一である。

健康でありさえすれば、大抵困らない。

思うに、年に数回のみ訪れる心身ともに絶好調な朝と言うものは、健康に自信のない言わば雨降り続きの人間にとっては、滅多に味わえない快晴日和の様なもの。

正直に言うなれば、もしも毎日、こんな気分で過せたならば・・・と願う瞬間も少なくはない。

しかるに、繰り返しになるが・・・。

理解者、もしくは共感者は、この世に一人居ればそれで充分。

そしてまた、その人間とは直接会わなくとも、実際に会話などせずとも構わない。

「確かに居る」と言う実感さえ得られれば、それで良い。

何故なら、私にとっては、「人数集めこそがファシズム発生の最大の元凶である」・・・と、思えてならないからなのだ。

要するに、自分はつくづく、「人気商売」には向いてないって事。(TT)