Mr.エレクトの独り言 マリア観音/木幡東介「アーカイブ/1995年」②

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

マリア観音/木幡東介「アーカイブ/1995年」②

マリア観音1995年2月23日@渋谷ラママ①「木の葉やもり」~木幡東介


★アルバム「共喰いの村」収録曲。同アルバム収録ヴァージョンは、録音にギタリストや女性コーラスが参加している事から、幾分華やかで軽やかな手触りの作風となっているが、本映像で観られるヴァージョンでは、歌詞に「溶け合う一つの色に向かって二人は必死に色を変える・・・」とある通り、まさしくバンドが一体化を目指すかの様な演奏を堪能する事が出来よう。また本作は、「薄羽蜉蝣」等と同様に、虫や動物の生態を描く事によって、人間が本来持ち得ているはずの美しい本能や本質を顕在化させようとの試みが存分に生かされた作品ともなっているのだ。

■1995年2月23日@渋谷ラママ
「背徳の扉VOL.21」(共演:友川かずき)より①

<演奏曲目>
二つ目小僧
蠍に貰った拳
木の葉やもり
淀みの部屋
髑髏
地獄に堕とす
静かな夜
犬死に
~アンコール~
病床

<メンバー>
木幡東介(Vo,EG,Tp,etc)
平野勇(Dr,Vo)
宮脇慎吾(B)
小森雅彰(Key,Vo)

★手動カメラ撮影版


マリア観音1995年2月23日@渋谷ラママ②「犬死に」(前半~)~木幡東介


マリア観音1995年2月23日@渋谷ラママ③「犬死に」(~後半)~木幡東介

★アルバム「共喰いの村」「髑髏」収録曲。松居・後藤在籍時の代表曲であるが、宮脇・小森加入後、インスト・パートを増やし15分に及ぶ大作(「髑髏」収録ヴァージョン)に生まれ変わった。ライヴでは主にラストに演奏される、あまりに濃く、あまりにも重い作品。然るに、歌詞には「囚われた男には ひとひらの花弁も 一筋の日の光さえ 有るか無きの如し・・・」と、救いの無い陰惨かつ絶望的な状況が描かれつつも、「躑躅(つつじ)の群れ咲く赤い路・・・」と、どこか幼少時の郷愁にも似た言葉が顔を出す所が、実に木幡らしい作風であると言えようか。

■1995年2月23日@渋谷ラママ
「背徳の扉VOL.21」(共演:友川かずき)より②~③

<演奏曲目>
<メンバー>
同上

★固定カメラ撮影版