Mr.エレクトの独り言 デヴィッドとジェイ(2011年7月6日追記アリ)

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

デヴィッドとジェイ(2011年7月6日追記アリ)

最近の調査(・・・と言うか徹夜仕事の合間に調べた)によると、ロスとロックの対立と言うよりは、ロック家において、デヴィッドからジェイに権力の座が明け渡される、その過渡期における対立構造がある様だ。

オザ~氏も、デヴィッド派からジェイ派に鞍替えした模様。

・・・トナルト、場合によっては、NESARAが実行される事にもなるのかしら?・・・なんて、それは妄想に過ぎないのだろうか・・・。

(完全な独り言メモゆえ、意味不明でゴメンナサイ。)

<以下は2011年7月6日追記>

NESARAは爬虫類型宇宙人やアセンション同様、誤誘導するためのデマ。

ロスとロック対立説も同様で、ロックはロスの手下でしかない。

ロックは世界統一政府樹立のために、アメリカ/ドルと共に没落するスケープ・ゴート役。

元凶はロス家、英国王室を中心とした欧州貴族、バチカン教会(イエズス会)にある。

根本にあるのは、白人エリート至上主義思想。

宗教とマスコミは人々を洗脳及び扇動するためのツール。

よって、おそらく・・・であるが、その時が来ればバチカン教会も解体されるはず。

国民総背番号制導入、及び不穏分子排除は、それ以前に行なわれる予定?

新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)とは、人口削減の後に訪れる、世界の完全ファシズム化である。