Mr.エレクトの独り言 「宗教戦争」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宗教戦争」

昨日のつづきとなるが・・・。

「何が本当で何が嘘か?」って事は、誰にも解らないとしても・・・。

私達は、そのいずれかを「自分で選び、自分で決定する」・・・しかない。

またそれは、「自分自身が何を信じて生きるのか?」と言う事でもあり・・・。

そして、「何が本当で何が嘘か?」が解らない状態で、それでもなお「何かを信じる」と言う行為は、言わば宗教に近いものであると、私は考える。

・・・もっとも、殆どの宗教とその信者との関係性は、信者側が自発的に「何かを信じている」のではなく、現実逃避と思考停止と他力本願の果てに、「他人に依存している(=自分の命なり運命を他人に預けている)」だけに過ぎない・・・。

しかるにまた、いずれにせよ信仰の対象すなわち「自分自身が何を信じて生きるのか?」って事は、人それぞれ異なる・・・と言うか、異なって然るべきなのであるからして・・・。

「どちらが正しいのか?」なんて事を言い始めたが最後、その先には争いしか生み出され得ないのである。

何故なら、そもそも「自分自身が何を信じて生きるのか?」と言う事は、「自分自身が何を求め、何を望むのか?」って事でもあるのだから・・・。

「正しさ」なんて言うものは、人ぞれぞれの価値観・・・否、そんなお伽噺の様な曖昧な分類が為されるべきではなく・・・。

現代社会における、その人その人の置かれた“立場”によって180度も違ってくるものなのである。

ゆえに、「何が本当で何が嘘か?」など誰にも解らぬ状態で「自分自身が信じる何か」とは、「自分が置かれた立場」における「正しさ」に過ぎぬ訳であるのだから・・・。

もしも、双方の意見が合わず対立している状況があったとしても・・・。

それは、「どちらが正しいのか?」を確認する作業などでは到底なく、ただ単にそれぞれの「自分が置かれた立場」の違いを確認し合っているに過ぎないのである。

よって、「自分自身が何かを信じる事」(=宗教)とは、「自分とは異なる立場に置かれた人間の考え(もしくは信仰)」を否定する事でしかないのだ。

・・・と言う事を誰もが自覚するならば、少しは争いも減るものと、私は考えるのである。

・・・が、さて、如何なものだろうか?

・・・と、これもまた私自身の、「自分が置かれた立場から導かれた正しさ」に過ぎぬ事は、もはや説明するまでもないだろう・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。