Mr.エレクトの独り言 「無知で良かった」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無知で良かった」

人と言うものは、自分にとって自信のある分野の知識に関しては、その真偽に関して疑いを抱きにくいもの。

私にせよ、変に「あのレコードには発売当初から帯が無い」と言う知識があると、それを決して疑わず、帯付が発見された時に恥をかく場合もある訳デス。

そう言う意味においては、政治や経済や世界情勢に関しては本当に疎く、もちろんそのお陰で最初は誘導されまくりだったけど、だんだん真相のその一欠片くらいは解る様になった気がイタシマス。

そもそも、知識とは過去の遺産であり、昨日の最新情報に過ぎないのだから、どんどん新しい情報を取り入れて、過去に得た知識を入れ替えていかなければ、大げさに言えばいつまで経っても天動説を基に物事を判断する様なもの。

また、ここで注意すべきなのは、取り入れた情報を精査するに当たり、「多人数である事」はそれ程大きな意味を持たないと言う事。

何故なら、「多人数である事」を装う事はいくらでも可能だからである。

しかるに、物事を判断する際、情報量は多ければ多い程、良い。

そしてそれは、「多人数」などではもちろんなく、「多面的」かつ「多角的」に・・・と言う意味である。

そうすれば、ある分野ではこちらが正しいと思っても、別の分野ではそれに相反する事象があると言った具合に、偽情報は必ずどこかで物事の辻褄が合わなくなり、その反対に、より真実に近い情報はその矛盾点が皆無かもしくは極めて少ない方であるとの判断を下せる様になるはずなのだ。

要は、とある野球選手の人となりを調べたい場合、阪神ファン100名に意見を聞くよりは、阪神ファンと巨人ファン、先輩選手と交配選手、更には球場の売り子や掃除のオバちゃん・・・と、多種多様な方面からの意見を分析した方が良い・・・と言う事。

・・・もっとも、ある一側面、すなわち技術であるとか能力であるとかと言った専門知識は、専門家に聞く方が手っ取り早いのかも知れない。

・・・がしかし、それでもまたなおかつ、専門家が何もかも知っていてすべてをお見通しな訳ではない。

専門家ですら、その知識とは過去の遺産であり、昨日の最新情報に過ぎないのだから、彼らもまた勉強し研究し、自身が知り得る知識すなわち過去の遺産にして昨日の最新情報を常に更新して行く必要が絶対にあるのである。

さてそこで本題・・・。

そんな、政治音痴、経済音痴、世界情勢音痴の私だからこそ、興味を持った当初は完全に騙されてた!!・・・と感じる事が、今にして思えばたくさんある!!(@@;)/

特に、○かじん系の番組には、東京のテレビ局ではなかなか言えない事を言いまくりのその内容に対し、ずいぶん溜飲を下げたものだが、中でも「○○・・・委員会」。

今にして思えば、これこそ誤誘導番組の最たるものであった。

過去を振り返ってみても、政権交代前の異常なプッシュぶり、中国漁船の一件、そして再びの与党叩き・・・と、この番組で煽ってる事柄はすべて、ある方向に日本の世論を持って行きたい人達の思惑と殆ど一致するのである。

ゆえに、あくまでも現段階の判断であるゆえ詳しくは述べないが、フロントフィールド(仮名)等、信用ならない人物が数名居るとは言え、「○党推し」の意見に、今は賛同を示す次第。


それにしても・・・。

権力者のやり方はいつでも一緒・・・って事か。

社会的弱者や疎外された者、すなわち劣等感や復讐心を持つ者にその権力の一端を与え、社会を変革したり現体制を転覆する傀儡として利用する・・・と。

世の中に影響力のある人、そして世の中を動かしている人達の出自を見れば、その仕組みは明らかであろう。


少ない情報量で物事を判断すると、自分に都合の良い方を選んでしまいがち。

だけど、自分の知識に自信が無ければ、常にそれが正しいかどうか不安になり迷い続ける・・・がゆえに、それを補強するために更に調べる。

すると必ず、現時点での自分の考えとは相反する情報にも必ず出くわす。

その時、自分の知識に自信があると、それを検証しようともせず、既に自分が正しいと思い込んでいる方を選んで満足してしまうかも知れない。

しかし、自分の知識に自信が無ければ、どちらがより正しいのか悩み、それを再度検証せざるを得なくなる。

そう言う意味においては・・・。

「無知で良かった。」

・・・と言うべきか。


もっとも・・・これまでだいぶ、騙されたけどネ。(--;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。