Mr.エレクトの独り言 「バレンタイン・デイ」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

「バレンタイン・デイ」

ウフフ・・・もらいマシタよ!!(ハート)

ただし・・・。


インフルエンザ・ウィルスをね!!

しかも、今回は特にキツかったッスよ!!(@@;)/

もう、喉は痛いわ・・・頭が痛くて寝れないわ・・・身体の節々は痛いわ・・・気分は悪いは・・・とにかくだるいわ・・・お金は無いわで!!

・・・とまあ、最後の一つは余計だが、実際丸三日間仕事出来なかったから、やっぱ人のエネルギーやら時間やらお金を奪う、とんでもない奴デッセ、あいつは!!

普通の風邪ならにんにく摂取して暖かくしてりゃすぐに治るけど、今回は食欲すら無いし、なかなか寝付けない上にせっかく寝て汗をかいてもかいても全然スッキリしないし、もう散々デスわ!!(TT)

・・・たくもう、頭に来ちゃうわ!!プンプン!!(@@;)/


それで、かねてから気になってた案件を詳しく調べてみた訳である。

・・・と言うか、自分に被害が及ばなければ真面目に調べないんだから、我ながら情け無いと言うか何と言うか・・。

つっても、結局人って、困らないと気づかないし、困らないと知ろうとも思わないし、困らないと興味も持たないからね~。

だけど、まあアレですよ、私の場合、その対象が憎ければ憎いほど、根絶したい気持ちが鬼の様にあればある程、そこから目を背けずむしろ相手の弱点を知ろうと徹底的に調べ上げるタイプだから、今回も憎っきインフル退治のために、重い腰を上げたって訳デス。


そこで本題、インフルエンザの予防摂取(ワクチン)ってあるでしょ?

そもそもインフルエンザってなあ人から人に移る度に変異を繰り返すから、ワクチンが完成した頃には、もう効き目が無くなってるんだってさ。

・・・否、むしろ副作用の方が危険だから、1994年には学校での集団接種も中止されており、WHO(世界保健機関)や厚労省でも、「インフルのワクチンが有効であると言うデータは無い」と認めてるそうな。

それなのに何で野放しになっているかと言えば、どうやら世界中で毎年売れる大ヒット商品らしいのデスよ、これが。

ちょ!!それってまるで企業の策にまんまと嵌るって意味では、インフルエンザ・シーズンってのは、バレンタイン商戦と同じって事!?

更に、インフルエンザの予防接種自体がインフル流行の元だと言う説もあるし、そもそもインフルエンザ・ウィルスは人工的に作られたって説さえあるみたいで・・・。

マスコミはパンデミックの危機を煽るだけ煽り、製薬会社とそれを認可する権限を持つ役人の懐(もしくは天下り先の確保)のみが潤い、結局の所、いつも私達国民だけが被害に遭う・・・と。

そのくせ、何か問題が起きても認可した役人は自腹で責任を取るどころか、ちゃっかり天下りまで果たしやがるし、仮に国が訴訟されて負けても支払われる賠償金は元々私達の税金な訳で・・・。

それって殆ど、原子力村の構造と一緒じゃん!!

製薬会社か東電か、税金で賄うか電気料金の値上げで賄うかの違いだけで。

手前の目先の利益のために、国民の安心や安全が蝕まれようが知ったこっちゃなく、しかも誰も責任を取らない構造。

殺す気か!!

もし仮に原発が無くなった所で・・・もちろんそれだけでも良い事なのかも知れないが、欲望に目の眩んだ無責任な人間に権力を持たせる構造が無くならない限り、今後もこの様な危険な事柄は無くならない!!


今こそ、これから給料減らされるらしい下っ端公務員は決起すべきではないのか?

「俺らの給料減らすより、特別会計を廃止し、おまえら高級官僚の天下りを根絶するのが先だろ!?」・・・と。

それを成し遂げた暁には、公務員の株も再び上がり、国民からの信頼も、今よりちったあ回復する事であろう。


それにしても・・・。

予防接種で儲け、インフル発症でまたまた儲けるとは・・・。

それってまるで、バレンタインとホワイト・デイじゃねえかよ!!(@@;)/