Mr.エレクトの独り言 マリア観音ライヴ評「2012年3月15日@新大久保アースダム」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア観音ライヴ評「2012年3月15日@新大久保アースダム」

先日のマリア観音のライヴに関しては、機材やアンプの性能によって増幅(水増し)された“実力”などではなく、その人間自身が本来持ち得る“迫力”なり“能力”なり“魅力”と言うものを伝える事が出来たのではないかと、手前味噌ながら私は実感しておりマス。

大音量の出るアンプの高性能さをアピールする事だけが、ミュージシャンや舞台表現者の仕事ではないはずデスので。

そしてまた、今回はTwitter上における掟ポルシェ氏による論評が非常に的を得ていると感じた次第ゆえ、ご本人の許可の下、以下に転載させて頂く事にイタシマシタ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

(掟ポルシェ氏談)

マリア観音@アースダム終了。最高だった。狂ってた。怖かった。近寄りがたかった。神々しくて禍々しくて研ぎ澄まされてて、アップデートまでされていた。万人の鼻っ面に金玉をグイグイ押し付けるが如き独善の極みは、今日も芸術の域であった。見といてよかった。

木幡さんのルックスがアースウィンド&ファイヤーと右翼が合体したような、絶対に話しかけちゃいけない身なり。体つきは黒豹の如く殺傷能力を感じさせていた。時計の針を人力でひん曲げたような時代無関係っぷりも見事であった。ちゃんと音楽で人を殺せる風体。

本気と全力しか知らない。手加減という概念がないステージング。バックの演奏も1ミリも気が抜けることなく、箔付けに次ぐ箔付け、間合いに次ぐ間合い。緊張だらけで弛緩なし。客も曲が終わって拍手していいかすらわからない恐い雰囲気。やっぱりこうでなきゃいかん。

(転載終了)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

掟氏も上記文中で「アップデートまでされていた」と発言している通り、楽曲のアレンジや構成等は、しっかりとバンド編成時代の再後期(アルバムで言えば「開き盲目」)からの進化形になっていたと言う事を、私も感じマシタ。

「時計の針を人力でひん曲げたような時代無関係っぷり」・・・これも、まさしくその通り。

ただし、今回は急なメンバー・チェンジによるリハ不足のため、演奏時間も1時間程度となってしまい、音楽的にもキーボード不在の編成であったため、いずれは万全を期す形でリベンジしたいとも考えておりマス。

いずれにせよ、「前例無き(=未だ世間に認知されていない)価値観の提示」を受け入れて下さるどころか喜んで下さった、「前例無き価値観の提示」を良しとする「勇気のある方々」が大勢居るのだと言う事実は、間違いなくバンドのメンバーにも力を与えてくれたものであると、私としても感謝しきりデス。

また今回、私が何故、掟ポルシェ氏の論評を取り上げたかと申しマスに、もちろんそれは最初に述べた通り、その指摘内容が的確であったと感じたからでありマスが、その信用の根拠となっているのは、彼自身による自らの立ち位置に対する実直な姿勢にあると私は考えマス。

要するに、掟ポルシェ氏は彼自身のその凡庸(=真っ当)さを直視し認識した上で、自分をむやみやたらと高く見せようともしない代わり殊更卑下する事もせず、その様に何ら特別な存在などではない自分自身を強烈に自覚しているがために自らの立ち位置(=座標軸)も常に安定しており、それゆえに彼が「何それがどこそこにある」と述べた場合、多くの人がその位置関係からその対象物が如何なる意味合いを持ったものであるのかを正確に把握する事も可能となる訳なのデス。

そしてなおかつ、そんなノーマルな自分自身を素直に受け入れているからこそ、斜に構えたものの見方をする事もなく、自身が考える「特別な存在」に対し、彼は素直に敬意を抱く事も出来るのでありましょう。

・・・もっとも、その立ち位置こそは凡庸であったとしても、彼自身が自ら好きであると認めた対象物に注ぐ愛情は人並以上・・・否、異常なまでに深いがゆえに、悪く言えば素人の延長線上にあるとも言えるその芸風にも関わらず、彼はプロフェッショナルな世界で飯を食べ続ける事が出来ているのであろうとも、私は考えマス。

「服は着ていなければ脱げない。」

おそらく、そんな当たり前な事を、彼は身をもって証明しようとしているのではないでしょうか?・・・多分。(^^;)

何にせよ、真っ当な人間、もしくは真っ当なものの見方の出来る人間であれば、好き嫌いの違いこそあれど、マリア観音の様な真っ当な表現者の在り方、そしてその良し悪しを素直に評価して頂けるのではないか・・・とも。

よって、もしも次の機会が実現出来マシタならば、是非とも「前例無き価値観の提示を良しとする勇気のある方々」のお越しを、当方、こころよりお待ちする次第でありマス。m(_)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。