Mr.エレクトの独り言 「憎しみの連鎖」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憎しみの連鎖」

twitter上でのブラマヨ吉田氏の問題発言について考察。

まず、吉田氏より、タンメンが世間からの批判にさらされている事に対し「正義が悪を挫く勧善懲悪は嫌いだ」との発言があった事に関して・・・。

これはつまり、「いくらそれが正しい事だからとは言え、非難されてる側の意見も聞かず、多勢に無勢で一方的に誰かを叩いて良いものか?」との意味であろう。

それに対して、吉田氏のフォロワーより、「カスがいきがんな。命奪われた人もおんねん」といきなりの侮蔑発言と共に、痩せこけた男性が床に突っ伏した関連画像を添付したリツイート(=他人のコメントを引用し発言する行為)があり・・・。

更に、その発言に対して吉田氏が、「このての人って、なぜこんな物言いしかできひんのやろ。でもおかげで普通の人に感謝できる。ありがとう、食物連鎖の一番下の人♪頑張れよ、食物連鎖の一番下の人!」と返答した・・・と。

それで現在、吉田パッシングが世間を騒がせていると言うのであるが・・・。

なお、その「男性が床に突っ伏した関連画像」に対して吉田氏が「食物連鎖の一番下の人」とおちょくった発言をしたとの誤解もされている節もある様だが、実際には上記の通り、いきなり乱暴な物言いをする人間に対し、吉田氏が公人と言う立場を忘れ行き過ぎた蔑視表現を含む返答をした事が、今回問題視されている発言の本質である。

要は、芸人なり芸能人と言った公人は世間の人からどんなに汚い言葉で罵られても、それに対して自身も汚い言葉で応じるべきではない・・・と言う暗黙の了解があり、その戒律を破ると、更なるパッシングを浴びる羽目になると言う事なのだ。

・・・とは言え、ここでの吉田氏は、怒りの感情を精一杯堪え、自分の芸風を忘れぬ「上手い事言う」返答をしたものと、私には感じられた。

それにしても、何でこう、議論の本質を踏まえない、下世話な論争ばかりが取りざたされるのか・・・。

・・・と言うか、そもそも昨今の芸人ブームと言うもの自体が、こう言った世間の不満のガス抜きをするための矛先(スケープ・ゴート)として仕掛けられたものであるとの考えは、行き過ぎた推理に過ぎないであろうか?

ヨシモトの売れっ子芸人にも、ルサンチマンをたくさん抱えた人が多そうだし・・・。(--;)

ともあれ、百歩譲って、各自治体毎に生保支給人数なり支給額に制限があるならともかく、生保支給を打ち切られた人が死んだその責任は、生保不正受給外国人である“タンメンの母”にではなく、きちんと調査をしなかった役所の人間の側にあるのではないか?

タンメンの母が不正受給しなければ、その人は死なずに済んだとでも言うのか?

よって、もし仮に人殺し呼ばわりをするのであれば、本来は職務怠慢な行政府の役人に対してすべきなのである。

ゆえに、生保支給の調査を厳しく行なうならば、それと同時に、公務員の職務の出来不出来や質に関しても厳しく監査する様にしなければ意味がないのだ。

あと、吉田氏の発言にはもう一つ大きな間違いがある。

それが何かと言えば、そもそも食物連鎖には上下関係などなく、それが鎖状に循環しているからそう呼ばれる訳で、いずれの立場においても、必ず誰かが誰かの役に立っていると言うのが、その構造の真の姿ゆえ、「食物連鎖の一番下」の人間など、実際には存在しないはずなのだ。

よって、正しくは「食物連鎖の輪から弾き出された人」・・・とでも言うべきであろう。

もしくは、階級構造(=理不尽な奴隷制度)は間違いなく存在するゆえ、「最下層階級の人」とでも言うべきであったろうか。

もっとも、ひねくれた吉田氏の事だから、それらをすべて認識した上で、あえてイヤミにユーモアを交えて「食物連鎖の一番下」と言う実際には存在し得ない立場を表現する言葉を用いたのかも知れないが・・・。

いずれにせよ、これら一連の騒動によって、一体誰が得をするのか?

下層階級の不満や怒りは、芸人と言う職業にその矛先を向ける事で解消出来る程度のものなのか?

何のために家族があるのか、何のために地域の共同体があるのか、何のために国家があるのか?

その集団内において、獲物や収穫を公平に分配する事、そして外敵からの侵略や寄生虫の侵入を防ぐためではないのか?

それどころか、集団の内部崩壊をもたらす真の元凶には目を向けず、下層階級における「憎しみの連鎖」による足の引っ張りあいを繰り返すとは・・・。

いつまでこんな事続けりゃ気が済むの?(@@;)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。