Mr.エレクトの独り言 核保有のススメ
fc2ブログ

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

核保有のススメ

人はそれぞれ、こころの中に“核”を保有すべきである。

“核”、すなわち確たる信念であり、価値観、価値基準の事を指す。

また、独裁者を許す要因のひとつとして、個人が独自に固有の核を持つ事を、悪とする風潮があると言う点が挙げられる。

他人と違うと不安、他人と違うと困る、他人と違うと仲間外れにされる・・・。

こころに核を持たぬ者とは、すなわち自分を持たぬ者。

持ちつ持たれつと言えば聞こえは良いが、核を持たぬ者同志が大勢集まった所で、一体何が出来る?

核を持たぬ者の集団には、指導者が必要なのだ。

そこで、指導者足り得る者、すなわち核を持つ者は、核を持たぬ人々を統治するため、不平等極まり無い搾取契約や安全条約を結び、民衆を囲い込む事によって、完全なる支配体制を確立させるのである。

とは言え、それは仕方の無い事でもある。核を持たぬ者とは、すなわち一人では生きられぬ者の事を指すのであるから。事実、搾取もされる代りに、外部の敵、すなわち他所の独裁者からは身を守ってもらえるのだから、実に有り難い待遇なのである。まるで、牧場の牛や羊の様に・・・。

そして、“核”とは“格”でもある。

核を持つ者の多くは、核を持たぬ者のみならず、自分と異なる核を持つ者を配下に置き、更に己の格(核)を確たるものにしようとする。

しかし、これもまた、いた仕方の無い事である。それこそが人間の、生き物の本能なのある。そうやって、弱い者は滅ぼされ、強い者が更に力を増す事によって、結果的には強い者、及び強い者を指導者や支配者に擁する種族だけが生き残り、人類を更に繁栄発展させるのだから。

だが、私は、あえて、そこにロマンを持ち込みたい。誰もが核を持つ事が重要なのは当然として、更に、互いが互いの核(個人差)を認め合い、誰かが誰かを支配したりされたりする事の無い世の中、すなわち、すべての人間が独立した核を持つ事、外部から侵略、及び征服される事の無い、強固な核を保有する事、すべての人間が独裁者となるこそが、真に人類が目指すべき成熟した状態なのでは無いかと・・・。

・・・て、そんな事、有り得ないってのも、薄々・・・、否、思いっきり解っているし、その思想を他人に押し付けようとも思わない。だってそれは、単に私個人の価値観であり、ファシズム打倒と言う、ファシズムだからである。

よって、私は、自分自身が核を持つ事、そしてその核を磨き鍛える事、すなわち、この人類社会において、自己の存在意義の検証及び、支配者も奴隷も必要としない、完全なる自主独立を確立させる事をのみを目標とし、このブログ上においても、それを殊更に主張しているのである。

ゆえに、このブログを継続する事自体が、私にとっては、自己の存在意義の存亡を賭けた、核(書く)戦争なのだとも言えよう・・・。