Mr.エレクトの独り言 「悪夢のエネルギー」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

「悪夢のエネルギー」

いつぞやも書いたが、思えばチェルノブイリ以降、反原発を訴える地道な活動をしていた人々の事を、私は横目で眺めて無視し続けてきた。

それが、昨年の事故以来、原発問題は私達日本に住む人間・・・否、地球に住む人々すべてにとって、切っては切れない問題となったのである。

つくづく思うが、人は自分もしくは自身の身内や知人に危害や被害が及ぶ可能性が芽生えなければ、危機感はおろか興味すら抱かない生き物なのだな・・・と。

まあそれは良しとして、何かをなくしたいならば、それが生まれる元凶となる要素を根絶しなければそれは叶わず、そしてまた何か願い事をするならば、それは出来るだけ力のある者に対してするべきである・・・と言う事は基本中の基本。

ゆえに、事故が起きた際のリスクが大き過ぎる上に、未だに廃棄物の処理方法すら定まってない、存在自体が不安定な原発がなくなる事は私にとっても望むべき結果であるが、その発生原因・・・すなわち国民のみに負担や不安を与える何がしかの方策を用いて、利益だけを貪った挙句に責任も取らず後始末もしないその元凶たる原発村=既得権益構造を温存しておいたままでは、例え原発がなくなっても、いずれまた何がしかの金の成る木によって、私達の健康や安全が脅かされる事態が起こされるのではないだろうか。

また、いくら建前上の決定権があるとは言え、首の挿げ替えが可能な総理大臣なり政治家にそれを要求した所で、その後ろで睨みを効かせる既得権益構造の黒幕はその後も安泰な訳だから、もし何か事故が起きたとしても、責任を取らされるのはスケープ・ゴートのみであり、結局の所、その被害や後始末を押し付けられるのは、やはり私達国民なのである。

よって、脱原発を訴えるならば、罰せられる事もなければ責任を取らされる事もないどころか、相も変らず原発で利益を貪る官僚及び天下り官僚OBを対象の筆頭として行なうべきであり、更に言えば、電気の様な国民生活や経済活動に必要不可欠な商品に対して「総括原価方式」を今後用いさせない事が最も重要であろう。

何せ、この「総括原価方式」のお陰で電力会社は、官僚、読売・中曽根・自民党、マスコミ、御用学者、その他に対して、言わば「口止め料」なり「報酬の山分け」を利用者(=国民)からまるまる徴収出来るのだから、極一部の既得権益者にとって原発は、まさしく夢のエネルギーなのである。

ところで、フクシマでの原発事故による健康への影響であるが・・・。

私の考えとしては、根拠なく不安に陥る事はもちろんであるが、根拠なく安心だと楽観する事もすべきではないと考える。

そもそも、放射能の被害と言うものは、その実態が正確に解らないからこそ恐ろしいのであり、それがいつ頃から、どの様な形で、どの程度現れるのか、そしてまたそれも人それぞれにその生活環境や個体差によって異なるであろうから、非常に判断が難しいのだ。

しかるに、全く悪影響が無い・・・などと言う事も絶対に在り得ない。

・・・もちろん、生活に支障を来たす事のない程度で済む場合もあるであろうから、むやみに脅すつもりもないのだが、あれ程の事故が起きて、もしも何ら問題が発生しないのであれば、それこそ原発は安全で安心出来る、夢のエネルギーだって事になってしまうではないか。

あとはもう・・・これは、その人自身の生き方の問題となるでしょうか。

要は、不安であれば納得するまで調べるしかないし、その反対に他人を説得する事が出来る程の根拠がない現実逃避の楽観論を他人に押し付けるべきではない・・・と。

例えば、酒の飲みすぎや煙草の吸い過ぎ、偏食や暴飲暴食等、いずれも健康には良くないと解っていても、“時間の長さ”に重きを置くのではなく、“時間の密度”に重きを置くのであれば、それを誰かが無理に矯正しようとするのは野暮としか言いようがない訳で・・・。

しかしまたその逆に、誰かの勝手な都合で私達の安全な暮らしや生きる希望、ましてや命さえも奪われるとしたら、そんなのたまったもんじゃないし・・・。

いずれにせよ、行政府の役人による権限拡大と冨の収奪と言う目的のためだけに、国民の生活だけでなく命までもが脅かされているのと言うが、今の現状。

害悪を発生させる力の源泉・・・すなわち権限のある者及び利益を得る者に責任を負わせる事の出来る、至極真っ当な構造を確立しない限り、原発がすべて止まった所で、根本的な解決には至らない。

だから、規制庁を作るならば、原子力発電に対してではなく、原子力村に巣食う寄生虫を、その対象とすべきなのである。