Mr.エレクトの独り言 「詐欺支配(芝居)の舞台裏」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

「詐欺支配(芝居)の舞台裏」

支配に必要なものは、資本(もしくは資源)や権利の独占(もしくは寡占)と、力の行使(もしくは誇示)。

そして何より、情報のコントロールである。

それゆえ、現支配体制を維持せんとする者は、マスコミを利用して真実を偏向・捏造して伝え、教育機関を使って従順さの度合いこそが社会における価値であるかの様に教え込むのだ。

考えてみれば解る事・・・。

植民地支配や奴隷制度が正当化されていた時代じゃあるまいし、リビアやシリアで本当は何が起きているのか、それが全世界に知らされたなら、欧米諸国の蛮行は世界中から非難を浴びるに決まってるじゃないか。

原発にせよ、その安全性の問題や利権の構造、更には核廃棄物の費用どころかその処分方法さえ決まってない事が全国民に知らされていたならば、誰がこんな危なっかしいものを日本中におっ建てる事に賛成などするものか!!

すべては、「本当の事を知らせない(教えない)」事によって成り立つ、詐欺行為以外の何物でもないのだ。

また、身近な所で言えば「オレオレ詐欺」にせよ、その手法が周知されてしまえば、(もちろんそれでも騙される人は少なからず居るであろうが)通用などしなくなるのである。

そう、知られてしまえばそれまで・・・。

だからこそ、人々を盲目の羊にしておきたい飼い主は、自らが報道機関を経営するなり最大のスポンサーになるなどして、真実の情報を自分達の都合の良い方向に捻じ曲げたり、時には隠蔽するのである。

更には教育に関しても、出された問題を誰より早く多く確実に解答する事の出来る者が高得点を得られる訳だから、優秀なだけでなく“利己心”に徹する事が出来る者ほど出世し、そんな人間が官僚等、国家の重要なポジションを担うのだから、それがどんな結果をもたらすかは、推して知るべし。

・・・であるが、念のため説明すると、権限を拡大し国民の冨を収奪する事が目的であるかの様な現在の行政府の構造は、そこに配属された人間がそれぞれ自身の利益と保身を図ろうとする事によって成り立つカルテル・・・否、なまじ優秀なだけに更にタチの悪い○○集団の如き存在となっているのがその実態。

もっとも、明治維新(クーデター)によって国内の権力構造が作り変えられ、敗戦後はこれまた傀儡蛮行国家に過ぎぬ米国による間接支配下に置かれ、コイズミ改革によって欧州の国際金融寄生虫財閥への上納金(株主配当金)が更に増額され、国民生活が破壊され尽くすその一歩手前な今、無理な原発稼動や増税なんぞを強行すれば、今後も“知る者”は倍増すると思われるゆえ、いつまでもこんな状況が続く訳がない。

・・・がしかし、それゆえにまた、既にあちらもマス・メディアのコントロールだけでなく、インター・ネット上においても、情報統制と監視体制の強化を図ろうとしているのだ。

よって、ともすればわずかに残された今のうちに“知る権利”を最大限に行使し、無知の暗闇から抜け出さないと、近い将来、一人一人に番号付けられて管理される様になるのも時間の問題なのである。

私達が動物を飼う時、問答無用でカゴに入れるか、首輪と鎖で繋ぐ、もしくは庭に柵を作るでしょ?それと全く同じ理由。

だけど、どんな悪事も、計画の時点でそれを知られたらおしまいって事。

知らなければ騙されるかもしれないけど、一旦手口が知られてしまえば、もう騙されないか、もしくは騙されにくくなるからね。

ゆえに、監視するのが権力者の仕事なら、建前上とは言えども民主主義国家である日本において、それは主権者たる私達国民の責務なのだ。

それに、自分が無知なせいで自分が死ぬのは仕方がないけど、自分が無知なせいで誰かが死ぬのは耐えられない・・・でしょ?