Mr.エレクトの独り言 「余波ね?・・・の黙示録」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

「余波ね?・・・の黙示録」

仕事がちょっと一段落したので、これだけは記録しておこう。

昨日あの後、私はろくに寝る暇もなく自宅アパートに戻り、コインランドリーで洗濯が終わり次第、爆睡しようと計画していたのだが・・・。

ポストに入っていた、アパートの大家(正確にはそのご子息)からの手紙を読んで、私はぶったまげた!!

何せ、先週自宅に戻った時には、新しい不動産屋(←これで4回目くらいの変更)から、11月にせねばらない契約更新の通知が届いたばかりだと言うのに・・・。

何と、大家からの手紙には、異常気象や関東での大震災を危惧しアパートを建て替えたいので、11月13日の更新日を持って賃貸借契約を解約したい・・・と書かれていたのだ。

ハア~!?11月13日って、あと1ヶ月もないじゃんか!!

・・・と、寝不足頭に血が上りまくった私は、すぐさま不動産屋に電話し、この手紙の内容はそちらでアドバイスしたものか?と問うた。

そして、もしそうだとしたら、こんなん揉めるだけデスよ・・・とも。

しかるに、どうやらこれは大家サンのワンマン・プレイで、不動産屋も少々驚いていた様子。

それで、今回の不動産屋は超近所なので、コインランドリーに洗濯モノをぶち込んでいる間にそこに出向き、色々と話を聞く。

そんなこんなで少し落ち着いた私は、手紙の下の方に書いてある、「お引渡し期日や手続きの詳細につきましては後日ご相談・・・」の一文を安心材料に、とりあえず部屋に戻ったのだが・・・。

しばらくすると大家サンから電話があり、この件について話し合いたいと言うので、次に自宅に戻った時じゃ遅いと考えた私は、洗濯モノの乾燥が終り次第、その日のうちに近所の喫茶店で会見する事と相成った。

ちなみに、私が住んでいるアパートは大家サンの家(数年前に新築)が建ってる敷地内にあり、過去に、滞納した家賃を分割で支払う相談を以前担当してた不動産屋サンを通してお願いした時にも、手加減や温情の一切無い手厳しい態度で臨まれた事から、大家サンの超ドライな性格をいやと言う程思い知らされていたので、不安もなくはなかったのだが・・・。

しかしまあ、そんな無情な大家サンだとて、まさか本当に更新日きっかりに出ていけなんて言わないだろう・・・と、私は高をくくっていた。

・・・がしかし、「更新しないで解約って、まさかその日までに出て行けって事じゃないデスよね?」との私の問いに返ってきた、大家サンの言葉はと言えば・・・。

「そうデスよ。1ヶ月じゃ無理デスか?」・・・トノコト。

・・・って、無理も何も、どこの誰が1ヶ月前(と言うか既に1ヶ月を少し切ってる)に急に出て行けって言われて、「ハイそうデスか」って出て行けマスか?常識的に考えて、普通はせめて3ヶ月前には借主に伝えるべきでしょ?・・・と、私が言うと・・・。

大家サン曰く「もちろん、これが非常識だって事は重々承知の上デス」・・・と来た。

なので私が、半年前に20日間かけて行った事務所の引越しがトラウマとなり、もう引越しには辟易している事、(商売の在庫含む)部屋の中の荷物も多いし、現在事務所に泊り込みで仕事をしている状態で・・・と言うか、ここ数年そんな調子で休みも無く働いている毎日ゆえ、引越しなんかに時間を割く暇なぞないと説明。

更には、自分の希望としては死ぬまでもう引越しせずこのアパートに住み続けた方が(=動かない方が)楽だと言う事、そしてまた、だからと言って絶対出て行きマセンなんて駄々をこねたり、はたまた過剰な慰謝料をせしめようなんて魂胆も全くなく、しかしそれでも出てけと言うなら、一般的に考えられる方法・・・すなわち家賃を6ヶ月無料にするから、その間に借主はその分浮いたお金を貯めて自力で勝手に出て行くと言う方式ではどうか?と申し出た。

実際、これなら引越し出来ない借主の方に問題があるって事にもなるし、大家にとってもアパート解体の時期が遅れるのみで、どうせ壊すアパートに住まわせているだけで済むのだから、追い出しに関して無駄な出費もせずに済むはずなのだ。

ところが大家サン、荷造りは業者にすべて任すし、その代金も負担する・・・と。

・・・って言われても、そんなの当たり前だし・・・と言うかプライバシーにも関わるから自分の荷物を他人に触られたくない・・・と、私はその提案を突っぱねた。

・・・つうか、問題はそんな事じゃないっつうの!!

すると大家サン、「それじゃ、1ヶ月と1週間後ならどうデスか?」・・・とおっしゃる。

「アハハ!!何ソレ!?超ウケるんデスけど!!(^^)(^^)(^^)」

・・・なんて言いたい所だが、あいにくこの大家サン、ジョークなんて言うヒトじゃなく、大真面目に言ってるんだから話になんないよね。(TT)

プラス1週間・・・って!!

ホント、資産家のご子息だけあって、世間知らずっつうか苦労知らずっつうか・・・。(--;)

そもそもこのアパートだって老朽化って言う程酷い状態じゃないし、あの震災の時だって、心配して自宅に戻ったけど、積み上げたビデオ・テープが1~2本崩れてただけで、全然平気だったしね。

・・・もっとも、直下型が来たら解んないけど、このレベルで建て替え?・・・ちゅうか、大家の思惑が別の所にあるのは明白。

・・・と言うのも、四世帯あるこのアパートに現在住んでいるのは私だけで、しかも家賃の高い時に入ったから、他の部屋もある程度高いままでこのままじゃ借主が見つからないってんで、綺麗なアパートに建て替えて借主を大々的に募集しようってな腹積もりなんでしょ?

・・・と思ったら、私を説得するネタが尽きたのか、大家サンてば本音をもらしちゃったよ。

・・・と言うのが、詳しくは解らないけど、どうもこの先の消費税増税によって、大家サン側にはアパートの資産価値的(=金銭的)に大きなデメリットがあるらしく、だから慌ててアパートを解体して立て直す必要があるみたい。

そうか、それでそんなに慌ててるのね。

・・・つっても、それに気づくのが遅すぎたのは大家サンなんだから、その責任を借主に押し付けて、1ヶ月そこらで追い出されたりした日にゃ、こっちはたまんないよ!!

だいたい、そっちはデッカイ家に住んでアパートも経営してて生活にも全然困ってないのに、そんな人間の資産がいくら目減りするのか知らないけれど、日々の支払いや借金の返済に追われて生活にさえ困っている人間を、まるで捨て犬か捨て猫・・・否、不用品を処分するみたいに放り出そうなんて、無慈悲とかそんなレベルの問題じゃなく、心の底から残酷・冷酷・傲慢極まりないって話だよ!!

しかも、こっちは今まで約24年間もこのアパートに住み続けている訳で、これまで支払った家賃をざっと計算したら、軽く2000万円を超えてマッセ!!(←初めて計算してみて自分も驚いた・・・。)

その後も、大家サンからは「駄目デスか?」の一点張りで他の提案は一切なく、無理難題を吹っかけられてる私の方が、「大家サン、そうは言っても・・・」と、ワカラズヤでキカンボウのあちらをなだめる役目を請け負う始末・・・。

温厚な私だから良かったけど、普通だったら「1ヶ月と1週間後」の件(くだり)の部分で、テーブルぶっ叩いて喫茶店を後にしてるっつうの。

・・・だもんで、話し合いはこのまま平行線を辿るのみだと悟った私は、「出来ないと言うより、イヤです」と、自分の意思をハッキリ示し、その場はお開きと相成った次第。

いずれにせよ、期限が迫っているみたいだから、私が11月中に出て行かないとなれば、アパート建て直しの話もお流れって言うか、数年後になるんじゃないかな?

まあしかし、手前自身の能力で稼いだり築いたりした資産じゃなければ無い程、金にケチっつうか汚いっつうか・・・。

それにしても、これまで支払った家賃が2000万円以上とは、まさしく格差を感じる瞬間やね。(--;)

・・・と言う訳で、こんな貧乏暇無し自営業者にも、既に消費税増税の「余波」が押し寄せて来たよっ!!・・・てなお話デシタ。(TT)