Mr.エレクトの独り言 ■「食の支配」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「食の支配」

■「ソーゾー君の12項目」~③「農家・林業・漁業の戸別補償制度」
http://erect.blog5.fc2.com/blog-entry-2345.html

だからこそ、小沢氏や民主党は、ただやみくもにTPPに反対するのではなく、農家個別保障制度等の対策を講じた訳で・・・。

そもそも、食料の自給率ってのは、その国にとっての軍事・防衛の観点からも非常に重要な問題ゆえ、農業を疎かにして食料を他国からの輸入に依存するしかない国は、その国や世界情勢に左右され、いとも簡単に窮地に立たされてしまうのである。

また、一口に食料自給率と言っても、家畜の肥料や農薬、トラクターを動かしたり食品を運搬する石油にまで話を遡れば、実際の数値は限りなくゼロに近づいて行くのだ。(原発も石油がなければ動かせない。)

・・・にも関わらず、選挙後に手のひら返しでTPP推進を決めた自民党は、自民農林族の反対に遭ってはいるものの、農協を解体し、民間企業参入=外資株主等の国外勢力による私物化を進めようとしているのである。

そもそも、貨幣の流通・供給量もそうであるが、それ以前に食料や水等、ライフラインに関わる事業は、営利優先主義で行うべきではなく、しかもそれが国外(ましてやどこの国家にも属さぬ輩)の手に委ねられるとなれば、まさしく国民のライフライン=生命の安全・安心・安定に関わる一大事なのだ。

それらはまさしく、キッシンジャー曰く、「食を支配するものは人民を支配する、金融を制するものは国家を制する、エネルギーを支配するものは世界を制する」・・・の言葉通りに。

よって、食料自給率をアップするためには、「米一極依存をやめ、ロシア・ベネズエラ・ミャンマー・イラン等の産油国と直接取引を行う必要がある」と、ソーゾー君氏は主張している。

思い返してみれば、古くは日中国交正常化を果たした田中角栄氏は嵌められ、そしてロシアとの外交を進めて石油や天然ガスを輸入するルート作りをしていた鈴木宗男氏も、小沢氏同様に国策捜査で酷い目に遭ったよね。

更には、テレビをひねれば(ネット上も)、ロシアのプーチン氏への悪評や、中国や北朝鮮の脅威を煽るニュースばかり・・・。

だけど、リビアやシリアで起きた内戦の真実を知ってる人にとっては、報道機関のスポンサー(=欧州の銀行家)の目的が「分断統治」である事は、言わずもがなだよね。(--;)

なので、やっぱコレも。↓

■「ソーゾー君の12項目」~①「企業広告禁止=マスコミ=テレビ、新聞有料化」
http://erect.blog5.fc2.com/blog-entry-2342.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。