Mr.エレクトの独り言 ■「独占=強奪行為=人殺し」

Mr.エレクトの独り言

自主レーベル及び、日本人中古貴重盤ショップ、『エレクトレコード』オーナー、Mr.エレクトによる独舌日記!!

■「独占=強奪行為=人殺し」

■「ソーゾー君の12項目」~⑥「天下り禁止」⑦「特別会計廃止」
http://erect.blog5.fc2.com/blog-entry-2355.html

これらに関しては、必要以上に言葉を重ねる必要もないでしょうが・・・。

第二次大戦後、選挙が出来ない状態ゆえ“特別”に設けられた臨時措置が、既に必要のない今も残っていると言うのが特別会計の実態。

そして、責任は取らないが権利=権力のみを振りかざし、自らやその親族や関係者のみに好き放題その利権を拡大し、国民の富(=労働の成果)を強奪し続ける・・・。

何か事件が起これば(=起こせば?)、国民が受けた被害に対する責任は取らず(国が支払う賠償金=国民の税金)、そのくせ予算や、国民の自由な生活を制限する様な悪法、天下り先のポスト=寄生虫法人を更に増やす・・・と。

よって、その様な無責任な輩による独占・強奪を可能とする構造を変えない限り、国民の暮しが良くなるどころか、その安心・安全が保障される事など有り得ないのだ。

原発事故に伴う、行政府・司法・自民党・経団連・マスコミ・御用学者等の無責任さを見れば、それは一目瞭然でしょ?

そもそも、地球の人口増加に伴う資源・食料不足が問題と言うけれど、その前に「お前らが必要以上に独占しなければこんな事は起きない」のである。

更に突き詰めて言うなれば、通貨発行権がその国家の国民の手にないと、国外のしかもどこの国家にも属さぬ一族に、お金(=経済の潤滑油)の供給量の調整権を握られるどころか、その国家=国民は借金漬けとなり、更には利子のために現実には不可能な経済成長(=不毛な蹴落としあい=理不尽な競争)を強いられ続けるのだ。

要は、必要以上(=誰かが飢えたりそのために殺しあったり死ぬ事となる)な独占=強奪行為を制限し、富の再分配を行えば良いだけの事。

金融経済(=胴元が必ず儲かるギャンブル)に費やすだけの、あぶく銭があるんだからさ。

それらが成されていない状態で、例えば選挙が正しく行われていると考える事は、何とお人好しな考えであろうか。

そんな美味しい(=責任は取らず利益のみ強奪する)事が可能であれば、何としてでもその権利を死守しようとするのが人情。

もう既に人殺しも経験済なんだし、それに比べれば、マスコミが発表する支持率を操作して、投票所と集計所を別の場所にするなり、手前勝手な夢を叶える集計マシーンを自分達の仲間に作らせれば良いだけの事なんだから。

この世に、「悪い人」や「騙す人」が一人も存在しないってのなら解るけど・・・。

その挙句、「騙される奴が悪い」・・・んだってさ。

それを、「仕方ない」・・・で済ませるの?

しまいには、「集団的侵略権」だか何だかで、国家間の本格的な独占=強奪行為にも加担しようって訳か。

表向きには子飼いの報道機関が一斉に、どんな非道な蛮行も「桃太郎の鬼退治」の様な美談に作り変えてくれるから、安心(?)なんだろうけどね。

しかるに、そんな国のために自らの命を捧げてまで抵抗し続けたんだって事を知ったならば、誇りある先人達は何を感じるだろうか?(・・・と言うか、生きている私達がそれをどう考えるべきか?と言った方が正しいが・・・。)

独占者や抑圧者には決して逆らわないくせに、奴隷の背比べ(=苛めの連鎖)ばかりを続ける、そんな日本国民の今の姿を見て・・・ね。